基礎編・理論編

キャリアコンサルタント養成講座 43 | テクノファ

投稿日:

テクノファで行っているキャリアコンサルタント養成講座は、民間教育訓練機関におけるサービスの質の向上のガイドラインである「ISO29990(非公式教育・訓練のための学習サービス- サービス事業者向け基本的要求事項)」のベースとなっているISO9001に沿って行われています。厚労省はISO29990を踏まえ、民間教育訓練機関が職業訓練サービスの質の向上を図るために取り組むべき事項を具体的に提示したガイドラインを発表しています。

以下、厚労省「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン(以下ガイドライン)」を紹介していきます。
(つづき)
3.3 職業訓練サービス(キャリアコンサルタント養成講座)の実施
3.3.1 情報提供等
【指針】
民間教育訓練機関は、職業訓練サービスの提供前に、職業訓練サービスの利用が見込まれる受講者及び受講者が所属する事業所等に対して、受講者が誤解なく適切に職業訓練を受講できるよう、以下の情報について通知又は提供を行う。
また、必要に応じて、通知又は提供した情報について理解していることを、申込み手続きあるいは契約手続き等の際に確認する。
1.職業訓練サービス(キャリアコンサルタント養成講座)の内容に関する情報
受講者及び受講者が所属する事業所等の義務と責任に関する情報
受講者に対する民間教育訓練機関の義務と責任に関する情報

  • 職業訓練を実施する環境(施設、設備及び機器、教材等)に関する情報

【指針の補足説明】

以下の例を参考にして、受講者及び受講者が所属する事業所等に対して情報の通知又は提供を行います。また、必要に応じて提供した情報に関する同意を書面で確認します。
なお、3.1.1 ニーズ等の把握」の【指針の補足説明】の(4)で整理した情報に基づき、訓練機関の施設や設備及びその他の対応状況等についても受講者が理解し、誤解なく適切に職業訓練を受講することが可能となるように必要な情報を提供します。

2.職業訓練サービスの内容に関する情報
(情報の例)
① 職業訓練サービス(キャリアコンサルタント養成講座)の目的、受講要件、前提とする職業能力等、定員、受講料、訓練計画、年間スケジュール、申込期間等
② カリキュラム(訓練方法、訓練内容)や評価方法及び評価基準等
③ 受講形態(通学制、通信制、両者の組合せ)
④ 修了時に発行される修了証又は受講証明書とその持つ意味
⑤ 相談窓口(コースの選択、訓練内容、キャリア形成、就職支援、苦情の申し出手順等

3.受講者及び受講者が所属する事業所等の義務と責任に関する情報
(情報の例)
① 修了要件(出席率、修了試験の有無等)
② 受講料や教材購入費等の支払いや予約取消の方法
③ 講義内容の撮影及び録音の禁止、
④教材の貸与、複写、転売等の禁止             等

4.に対する民間教育訓練機関の義務と責任に関する情報
(情報の例)
① 安全衛生管理
② 個人情報管理
③ 提供する職業訓練サービス(キャリアコンサルタント養成講座)に関する損害賠償責任の有無とその範囲

5.職業訓練を実施する環境(施設、設備及び機器、教材等)に関する情報
(情報の例)
① 図書室、資料室、ロビー、休憩所、災害時における訓練施設からの避難経路
② パソコン及びインターネットの利用環境
③ 職業訓練で使用する設備及び機器、それらの利用方法、利用可能時間、受講者当たりの台数等
④ 相談窓口やホットライン、カウンセリングサービス、メンタリングサービス等
※ 災害の発生等を想定して受講者や関係者に避難経路を含めた対応を事前に伝えるようにしてください。
【公的職業訓練等受託等に向けた質保証の取組例】

  • 訓練を提供する際に、訓練によって習得可能な専門知識並びに技能及び技術等、訓練カリキュラムを予め利用者に分かりやすく伝えるとともに、職業訓練サービス(キャリアコンサルタント養成講座)の提供開始時にオリエンテーションを実施し、受講者に説明を行うこと。その際、訓練内容を書面により通知することが望ましいこと
  • 訓練の受講者が提供する訓練内容に不満や不安がある場合に相談ができる体制を整備し、問い合わせ先を伝えておくこと
  • 訓練受講中に受講者が利用できる訓練施設、就職支援について予め説明を行うこと
  • 受講者に対し、訓練の受講による効果の把握及び測定の方法、訓練の修了基準並びに修了を認定する時期及びその方法について通知すること
  • 当該職業訓練を受講するための要件を明示すること
  • 訓練の受講料及び教材の実費負担等を明示すること

3.3.2 人的及び物的資源の準備
【指針】
民間教育訓練機関は、職業訓練サービス(キャリアコンサルタント養成講座)を提供する際に必要な人的及び物的資源の準備に当たり、以下の項目に留意して確実に活用できるよう準備する。
・職業訓練サービスの提供に当たり必要となる人的及び物的資源の整備
・講師及びスタッフの人的及び物的資源の活用スキル

【指針の補足説明】
1.職業訓練サービス(キャリアコンサルタント養成講座)の提供に当たり必要となる人的及び物的資源の整備
職業訓練サービスの提供に当たり必要となる人的及び物的資源を、安全性を確保した上で、民間教育訓練機関の利用時間等の規程の範囲内において、受講者がいつでも利用できるように準備します。
(人的及び物的資源の例)
① 講師、スタッフ、協力者等
② スタッフとの連絡手段(郵送、FAX、電子メール、インターネット等)
③ 教室、実習室、プロジェクター、パソコン、その他実習のための機器、ホワイトボード、空調、照明等
④ 教材(テキスト、レジュメ、補助資料、テスト等)、実習用の素材及びモデル等
※    アクセスすることが可能な Web 上に準備した教材等も含みます。

2.講師及びスタッフの人的及び物的資源の活用スキル
職業訓練の実施に支障がないよう、上記(1)で利用可能な人的資源を活用するとともに、物的資源についても、講師及びスタッフが直ちに活用できるよう以下の例を参考にして準備します。
なお、必要に応じて、人的及び物的資源を活用するのに必要なスキルを講師及びスタッフ等に付与するための訓練等を実施します。
(準備の例)
① 訓練期間中の講師及びスタッフ等の運営体制の整備
② 講師及びスタッフ(必要に応じて協力者)の担当する訓練分野の専門的知識並びに技能及び技術等の向上
③ 職業訓練のために準備した物的資源の利用方法に関するマニュアル等の整備と実習等
④ 受講者数に見合った人的資源の充足、物的資源の数量の確保とその整備
⑤ 不慮の災害又は事故等による人的資源の不足、物的資源の不良(故障)時の対応方法等

【公的職業訓練等受託等に向けた質保証の取組例】
カリキュラムに定められている訓練のための適切な施設や設備等を確保し、受講者が利用できる環境を整備すること
職業訓練の運営全般に係る責任者(1 名)を配置すること
訓練の講師は、担当する科目に応じて効果的に指導できる専門知識、能力及び経験を有する者とすること
(例)職業訓練指導員免許を有する者
講師については、受講者の人数に応じて適切な数を配置すること
(例)実技:受講者 15 人に講師 1 人以上
学科:受講者 30 人に講師 1 人以上
・職業訓練の受講者に対する訓練期間中及び訓練修了後における就職支援を実施するための体制を整備すること
(例)就職支援を行う担当者を常時配置(ジョブ・カード講習を修了した登録キャ リアコンサルタント)

(つづく)平林

-基礎編・理論編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント養成講座 91 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に16年もの間先生の思想に基づいたキャリコンサルタント養成講座を開催し続けさせていただきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のため …

キャリアコンサルタント養成講座 46 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜16 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座をご指導いただいた立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に14年もの間横山哲夫先生の思想に基づいた養成講座を開催し続けさせてきました。 キャリコンサルタント養成講座をご指導いただいた横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでな …

キャリアコンサルタント養成講座10 I テクノファ

- アサーションとチェンジ・エージェント - テクノファでは、キャリアコンサルタント養成講座のカリキュラムに「カウンセリング演習」を入れています。「カウンセリング演習」では、初日と2日目に聴き方についての演習を行いますが、その内1日はキャリア・カウンセリングにおける聞き方のロールプレイを行っています。さらに、アサーション※については、理論、自己チェック、 演習などから構成されています。この期間で、カウンセリングの基本的な技法である傾聴、及びアサーションについて、その理論的根拠を理解し、スキルを習得していただきます。 ※「アサーション」(assertion)は1950年代にアメリカで、自己主張を …

キャリコンサルタント養成講座 33 |   テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜10 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に14年もの間先生の思想に基づいたキャリコンサルタント養成講座を開催し続けさせてきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のための …

キャリアコンサルタント養成講座 77 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであるという鋭い分析のもと数多くの研究成果を出されてきております。 今回はその中からキャリコンサルタントが知っていると良いと思われる「組織文化とリーダーシップ」を紹介します。 本記事はエトガー・H・シャインの著作「組織文化とリーダーシップ」を横山先生が …

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031