基礎編・理論編

キャリアコンサルタント養成講座5 I テクノファ

投稿日:2020年3月9日 更新日:

テクノファがキャリアコンサルタント養成講座の展開を模索していた10数年前、既にキャリアコンサルタント養成講座は12機関もありました。しかし、当社の担当事務局に調べてもらうと必ずしもチャレンジできないことはない、まだ参入のチャンスはありそうだということでした。そうは言っても先行する各社さんが種々築いているノウハウは我々には窺い知れないものでしたので、社会に貢献できるのか正直戸惑いもありました。しかし、組織のマネジメントシステムの中心にいるのは人であり、その組織の多くの人は世の中の激しい変化に対応できずにいる現状をなんとかしたいとの「思い」は強いものでした。

テクノファはISOマネジメントシステムを中心に研修をやってきましたので、どちらかというと、人事労務範囲や管理系の部分には弱いものですから、まず講座を運営するには、専門家の力が絶対必要だと思いました。そしていろいろな人的チャンネルの中から元モービル石油人事部長であり、その後キャリアカウンセラー分野で功績のあった横山さんに巡り合いました。

しかし、当時、横山さんは厚生労働省のキャリアコンサルタント能力評価試験の判定委員をされており、利害相反の関係から協力はしていただけませんでした。しかし、ありがたいことに、まさしく「求めれば与えられる」を地に行ったかのように、今野さんという当時のキャリアカウンセラーの世界での新進気鋭の講師に巡り合えることができました。その頃、我々は新規コース(ISOマネジメントシステム)の開発を半年くらいで行っていましたので、今回も「半年で何とかならないでしょうか」と単刀直入に申し上げたところ、今野さんから「半年では無理。最低限1年はかかります」ということで、その後、今野さんにはテクノファの顧問になっていただきご協力いただくことになりました。 それから、毎月1回、今野顧問に参画いただいて、コース開発と能力評価試験の準備を行っていきましたが、厚生労働大臣認定キャリアコンサルタント養成講座実施機関の認定を受けるまでには、今野さんがおっしゃたようにちょうど1年かかりました。

ここからはテクノファの厚生労働大臣認定キャリアコンサルタント養成講座の考え方、特徴を述べていきたいと思います。

 

1.キャリアコンサルタントは、人のキャリアに関わるプロフェッショナルとして、「キャリア」とは何か、「カウンセリング」とは何かについての正しい認識と十分な専門知識を併せ持った人材でなければ、相談にくるクライアントの真のニーズに応えることはできないと考えます。

2.キャリアコンサルタントには非常に高いカウンセリングの専門性と適性、そして経験が求められますが、その第1歩としてのキャリアカウンセリングの技能を学んでいただきます。

3.テクノファのミッションは、「キャリア」と「カウンセリング」に関する正しい認識と十分な専門知識を併せ持ち、クライアントが能力開発と自立的意思決定ができるように支援する能力を有する「キャリアコンサルタント」を一人でも多く輩出することにあります。

4.コースの特徴は「内的キャリア※」に重点を置いている点です。肩書社会である日本におけるキャリア開発に必要な内的キャリアについての理解を深める講義、演習を特徴としています。

5.養成コースはインタラクティブ(双方向)な講義、ケーススタディー(事例研究)、ワークショップ(演習)といったアクティブ(参加型)なコースを通じて内的キャリア認識を深めるように設計されています。

6.養成コースの中で合宿形式のCDW(キャリア開発ワークショップ)を実施しています。CDWそのものがカウンセリングプロセスになっており、このプログラムの中で受講者には自己理解を深めていくプロセスを体験していただくことになっています。このプロセスを通じて自分を理解することが出来て、初めて他の人たちはどう考えているのだろうか、クライアントの心中はどのようなものかを客観視することができるようになります。

 

  • 内的キャリアは人の心にある「やりがいなどの仕事の価値観」を意味する言葉、それに対して外的キャリアとは学歴、肩書、社会的地位などをいう。(平林良人)

(続く)

-基礎編・理論編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント養成講座 21  I テクノファ

キャリアコンサルタントが知っているべき知識の一つとして、労働市場に関することを取り上げます。これからの日本の労働市場や若年者の意識の変化について解説します。 1.産業界における大きな3つのうねりとは 日本の労働市場を管理するための制度やメカニズムは、第二次世界大戦直後の戦後復興期のものがほとんどそのまま続いてきています。戦後における労働市場管理の命題は欧米に追いつくことであり、その前提は少ない雇用機会と弱い立場の労働者でした。そのために行政主導による労働市場管理となり、量的拡大と質的向上を国の命題として掲げ、集団主義に基づく護送船団方式によって発展してきたといえます。 日本の産業界は、好むと好 …

キャリアコンサルタント養成講座 107 | テクノファ

横山さんを偲んで 今年は横山先生がお亡くなりなってから3年になります。7月16日(金)に皆でお墓参りに行ってまいりました。 日吉からタクシーで10分くらいの高台にあるお墓でした。夏の日差しの強い午後でしたので、セミの音が閑静な住宅街に響き渡って強烈に心にインパクトを与える一日でした。 ご一緒した小沢先生が3年前横山さんに贈られた弔辞を再度ご紹介して、横山さんを偲びたいと思います。 横山さんへの弔辞 6月25日、横山さんの葬儀がしめやかに執り行われました。その際に弔辞を述べさせていただきました。 私たちを導いてくださった横山さんへ感謝を申し上げるとともに、追悼文として掲載しご冥福をお祈りいたしま …

キャリアコンサルタント養成講座 214 | テクノファ

私は横山先生と2004年に初めてお目にかかりました。当時テクノファはISOマネジメントシステムの研修機関として、JAB(一般公益法人日本適合性認定機関)の認定を日本で最初に受けた第三者審査員養成講座を開設しておりました。当時、ISOマネジメントシステム規格には心が入っていないと感じていた私は、その時に横山先生にキャリアコンサルタント養成講座立ち上げのご指導をお願いしました。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであるとキャリアコンサルタント養成講座の中で強調されていました。そして数多くの著書を …

キャリアコンサルタント熟練レベルを目指して 2I テクノファ

熟練キャリアコンサルタントを目指すにあたって、近道はありません。実践経験を積みながら、日々研鑽を重ねることが何より重要です。 ■「自ら成長したい」という強い思いが不可欠 熟練キャリアコンサルタントになるために、近道や特効薬はありません。継続した学習と実践を積むしかありません。そのうえで、ケースにおける失敗経験を反省し、自身の力量を自覚するとともに、成功経験をその後の活動に効果的に反映させるべく、活動に対する先輩や指導者からのフィードバックを求め、自分の資質の向上に努めることなどで、はじめて熟練キャリアコンサルタントに近づいていきます。つまり、熟練キャリアコンサルタントを目指すには、受け身の姿勢 …

キャリアコンサルタント養成講座 48 | テクノファ

テクノファで行っているキャリアコンサルタント養成講座は、民間教育訓練機関におけるサービスの質の向上のガイドラインである「ISO29990(非公式教育・訓練のための学習サービス- サービス事業者向け基本的要求事項)」のベースとなっているISO9001に沿って行われています。厚労省はISO29990を踏まえ、民間教育訓練機関が職業訓練サービスの質の向上を図るために取り組むべき事項を具体的に提示したガイドラインを発表しています。 以下、厚労省「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン(以下ガイドライン)」を紹介していきます。 (つづき) 3.5 職業訓練サービス(キャリアコンサルタント養 …