基礎編・理論編

キャリアコンサルタント養成講座 56 | テクノファ 

投稿日:2021年4月21日 更新日:

横山哲夫先生の思想の系譜

横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリアコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に15年もの間先生の思想に基づいた養成講座を開催し続けさせてきました。

横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。

横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがありはずであるという鋭い分析のもと数多くの研究成果を出されてきております。
先生には多くの著者がありますが、今回は「硬直人事を打破するために-人事管理自由化論」の中で、管理なき人事へ(人間の自由化)を掲載させていただきます。

(2.つづき)
これは”一流の人材には一流の待遇を”という考えに基づくものであるが、同時にまた、給与を含めて労働条件的な所遇は本質的に、人間の生きがい、従業員の働きがいとなりうるものではなく、単に待遇上の不平不満の種となることを防ぐに役立つにすぎないことを知っているつもりである。不満の種を少なくすることは大事なことにはちがいないが、ほんとうにたいせつなことは、仕事そのもののなかに真の満足、働きがいが得られるように、従業員の自由な意思と主体性を尊重した配慮を行なうことである。

3 日本人の集団主義
人間のもう一つの低次元欲求に集団欲がある(低次元とは賎しいという意味ではない。それが強烈な原始本能である集団維持本能に根ざしているという意味である)。
日本人の集団形成の特異さについての記述が識者によってなされることが多くなった。
「日本人には独自の肌のあたたまるような連帯感がある。」
「他のいかなる国もまねしえない独得の連帯行動をとりうる国民である。」
「日本人はそもそも集団と個人という西欧流の分類による意識、感覚をもたないのだ。」
「集団内において日本人の形成する人間関係はきわめて独自で、きわめて変わりにくいものである。」
「日本的集団の力は個人の行動のみならず私的な思想、考え方にまで浸透してくる。そして個人はこの徹底した仲間意識に安定感をもつ。」等々。

このように日本人の集団意識、集団行動の特異さが指摘され、その文化的、社会的要因の分析が識者によってなされることが多くなった。このこと自体はたいへんに結構なことであるが、これがセンチメンタル・ナショナリズムと共鳴して、日本人の集団主義の再認識 → 再強化の方向に動きそうな気配が感じられることには大きな危倶を感ずる。日本と日本人がいまや、国際場裡において、ビジネス、政治外交、文化、技術研究などあらゆる面で諸外国と密接なかかわりをもつ立場になりつつある現在、日本人のなかでしか通用しない非論理性、例外性を国際社会にまでもちこもうとする危険に同調するような動きは警戒すべきである。

日本文化と日本社会の単一性から生まれた独自の価値観を認め、これを日本人のなかで保存することにはそれなりの意義があるが、これに脚光を浴びせ、外国の追従や賞讃を期待するかのごとき動きは、日本人の国際感覚の甘さと独善を物語るものといわざるをえない。

素朴で原始的な人間の本能が単一文化、単一民族、そして単一社会の土壌で育くまれ、いささか特異な味わいのある集団を形成した、というだけのこと(もちろんそのこと自体は日本人としては大きな問題であるが)ではないのだろうか。

日本に固有のものをそのまま押し通そうとする独善は、国際化の潮流のなかでの人間の自由化を妨げこそすれプラスに働くものではないと思う。

GNP世界二位ということと、日本人がいまのままで国際社会に通用するか、ということは別問題である。日本と日本人はいま史上最大の転機にさしかかっている。ここで誤った自信を抱くことは破滅への道であり、謙虚に国際的日本人への脱皮成長を考えることこそ、さらに大きな繁栄につながる道だと信ずる者の一人である。

後進国であるうちは問題にされなかったわれわれの行動様式、価値観が、彼らと肩を並べ、あるいは追い越そうとするような地位にのしあがると、にわかに、問題にされ、批判され、攻撃される。われわれに対する誤解を正すのみならず、われわれ日本(人)が文字通り世界のリーダーとしての役割を果たしうるためには伝統的日本人ではだめで、日本人の伝統をふまえ、一つの大きな脱皮を行なった新しいタイプの国際的日本人でなくてはならない。人間(日本人)の自由化は国際化につながるものでなくてはならないと信ずるのである。

(つづく)平林良人

 

-基礎編・理論編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント養成講座 84 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリアコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に16年もの間先生の思想に基づいたキャリアコンサルタント養成講座を開催し続けさせていただきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現の …

キャリアコンサルタント国家資格2 I テクノファ

厚生労働省のキャリアコンサルティング実施のために必要な能力要件の説明をしています。前回は、「Ⅰキャリアコンサルティングの社会的意義」~「Ⅱキャリアコンサルティングを行うために必要な知識、3.職業能力開発(リカレント教育含む)の知識」まで説明しました。今回は、「Ⅱキャリアコンサルティングを行うために必要な知識、4.企業におけるキャリア形成支援の知識」から説明を続けます。 4.企業におけるキャリア形成支援の知識 ・企業における雇用管理の仕組みについて理解していること。 -代表的な人事労務施策・制度の動向及び課題 -セルフ・キャリアドックをはじめとした企業内のキャリア形成に係る支援制度・ 能力評価基 …

キャリアコンサルタント養成講座 49 | テクノファ

テクノファで行っているキャリアコンサルタント養成講座は、民間教育訓練機関におけるサービスの質の向上のガイドラインである「ISO29990(非公式教育・訓練のための学習サービス- サービス事業者向け基本的要求事項)」のベースとなっているISO9001に沿って行われています。厚労省はISO29990を踏まえ、民間教育訓練機関が職業訓練サービスの質の向上を図るために取り組むべき事項を具体的に提示したガイドラインを発表しています。 以下、厚労省「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン(以下ガイドライン)」を紹介していきます。 (つづき) 第4章 民間教育訓練機関のマネジメント 本章では、 …

キャリアコンサルタント養成講座 191 | テクノファ

横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであるとキャリアコンサルタント養成講座の中で強調されていました。そして数多くの著書を世の中に送り出しています。 今回はその中からキャリアコンサルタントが知っていると良いと思われる「組織文化とリーダーシップ」を紹介します。 本記事はエトガー・H・シャインの著作「組織文化とリーダーシップ」を横山先生が翻訳されたものです。横山先生の思想の系譜をたどるときには、エドガー・シャインにかならず突き当たるので今回から横山先生の翻訳を紹介しながら彼の思想の系譜を探索したいと …

キャリアコンサルタント養成講座 2I テクノファ

スポンサーリンク 皆様こんにちは 私は、第28期テクノファ・キャリアコンサルタント養成講座を卒業し、現在経営コンサルタント兼企業領域キャリアコンサルタントをしております。 それでは、つれづれなるままに、「私の思うキャリアコンサルタント」についてお伝えいたします。   私は、経営コンサルをする中で、従業員は企業にとっては「財産」であり、「人材」ではなく「人財」という認識を持っております。人財を働きやすい環境の中で大きく育てることは、企業の成長にも寄与するはずとの考えから、「経営のみならず人に関わることにも関与し、従業員が生きがいを感じつつ楽しく仕事に向き合えるようなお手伝いができれば良 …

2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930