実践編・応用編

キャリアコンサルタント養成講座9 I テクノファ

投稿日:2020年4月13日 更新日:

昨年世間を騒がせた「年金以外に2千万円必要」という話題から、高齢者の就業について考えてみたいと思います。日々の相談を受ける中で、高齢者の就業相談が以前と比べて増加してきました。そうした方の中で、「年金だけでは生活が厳しいから、何か出来ることがあるかと思って来ました」また「年金満額受給まで仕事をしないと困るから」と年金受給額と生活費のギャップを口にする方もいます。

最近シルバー人材センターのTVコマーシャルを目にした時、皆さん、現在の時代背景を読んでいるなあと驚きました。相談ではシルバー人材センターの案内もさせていただく中で、お仲間が既に入会しているような方や、活動を見て請け負っている仕事に関心のあるような方は前向きに検討されます。しかし、個々に事情がそれなりにあったり、仲間との交流に苦手意識を持っている方も少なからずいます。

終身雇用が当たり前と考えられていた時代は過去のものとなり、長年誇りをもって勤め上げてきた人であっても、生き方の再構築を迫られている現状があります。こうした転換期を迎えたとき、思考力に柔軟性があるかないかが判断結果に大きく作用する事実を目の当たりにすることがあります。長年の経験から習得して来た知識や能力を潜在的に蓄えている方、多様なコミュニケーション力を持っている方からは、ご本人の言葉以上に気持ちが伝わることを感じます。円熟味とでも言いましょうか、自己を理解し受け入れているので、過去の条件にこだわることなく、人生における場面転換を受け入れていきます。

当初は硬直的な思考で、なかなか方向転換が困難な方も多くいますが、諦めずにお話を続けていきますと不調から徐々に脱却し、現状を受け入れていきます。表情が柔和になり「頑張ってみるか、やってみないと分からないからね」と向っていく姿に「身体に気を付けて」と応援できるのはキャリアコンサルタントとして大変うれしいことです。

求人に関して、最近「60歳以上の方も歓迎します」といった文言が記載されていたり、定年70歳という求人も目につき始めました。シニア対象の面接会も催されるようになってきました。面談していますと、60歳以上の方を高齢者と一括りにすることはとても出来ません。個人差が大きく、環境や時間的条件などが整っていれば培ってきた技能を活かして、貢献したい、まだまだ働きたいと希望している求職者は多くいます。正規雇用ではありませんが熟練者が来てくれたと事業者側も喜んで頂いています。

事務職は若年の女性というイメージも覆される様相が見られます。並み居る若年女性の応募者の中から、60歳の女性を採用して頂いた事業所さんから「お客様の対応を安心してお任せ出来ます」とうれしいコメントを頂きました。一方、会得した知識や技能は既にやりつくした、これからはもっと社会や人と関わることができる仕事がしたいと考えている方もいます。体力に見合った就労時間であれば、学童クラブや、保育園のおじいちゃん先生など、就労先で若い指導者により広い視点を持ってもらえるような良い影響を与えておられる方もいます。

子供が独立し、あるいは高齢の親を見送った後に、早朝や遅番のあるシフト対応が可能になったと、高齢者施設の調理補助に就いた例もあります。求職者側だけでなく、事業所側も若年層に標準を絞っていては業務工数の確保が難しくなりつつあります。人口減少に伴い5年ほど前から若年層の相談が減少傾向にあります。また、転職希望の若年求職者は、待遇条件を優先する傾向にあり、その待遇条件の期待に沿っていない企業には応募者が少なくなる傾向があり、そのような企業は今後それなりに改善策が求められている状況になってきています。

人生における仕事の位置づけは(仕事人生)は、収入を得るために働くのだと考えることが普遍ですが、収入に換算出来ない仕事における喜びもあり、働く人と雇用する側の持ちつ持たれつ関係で日常業務が運営されているものだと思います。周囲の評価を得ることにモチベーションを持つこともあるでしょうし、蓄積してきた経験や知識を発揮することで社会に貢献できる自分をうれしく思うことで、自分で決めて納得して仕事人生を送ることができるでしょう。

年金は働く年数が限られた高齢者にとって、頼りにしたい大切な収入には違いありませんが、もし足りずに補完したいと思えば、新たな仕事を探すことになります。疲れるけれど仕事に行くのが楽しい、まだ頑張りたいという求職者のお役に立ちたいと高齢者の私も日々頑張っています。 M.H

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 106 | テクノファ

キャリアコンサルティングの社会的意義 キャリアコンサルティングを学ぶ前提 キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解 …

キャリアコンサルタント実践の要領3 I テクノファ

私たちキャリアコンサルタント(日本人全員)は、今夢のような世界にいると言っていいでしょう。戦後75年未曾有の栄華と豊かさの中にいると言っていいと思います。エコノミック・アニマルと言われたり、お金を貯めることだけを人生や社会の唯一の目的にしている、と笑われたりしても、戦後多くの人は歯を食いしばって生活をしてきました。戦前の貧しさや戦争中の飢えを知る者にとっては、窮乏は恐怖です。そして、そんな経験を持つ祖父母や親に育てられたのが、団塊の世代でしたから、モノとカネにしがみつき、すべてを金銭で評価する精神が染みついたと言っていいと思います。 しかし、バルブが弾けて時代は変わりました。 貧乏から解放され …

キャリアコンサルタント実践の要領 152 | テクノファ

このコーナーは、活躍しているキャリアコンサルタントからの近況や情報などを発信しております。今回はキャリアコンサルタントのS.Sさんからです。 今回は「グリーフケア」について、あれこれ考えてみた。 「グリーフ」とは、悲嘆・・深い悲しみなどを意味する言葉であり、たとえば肉親や大切な友人など、「自分にとってかけがえのない存在を失った際に生じる喪失感」を指す言葉として解釈されているようだ。 そこには、手放したくない想い 残念な気持ち 離別による大きな悲しみ、そして心にポッカリと穴が空いてしまったかに感じられる空虚感などがあり、場合によっては生きていく気力を失ってしまうことさえある。 その対象は、特に人 …

キャリアコンサルタント実践の要領 155 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 2.最低賃金制度について …

キャリアコンサルタント実践の要領 52 | テクノファ

今回はキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書に関して述べます。平成28年にスタートしたキャリアコンサルタント国家試験制度は今年令和3年には約5万人の人が資格保有者となり、キャリアコンサルタント国家資格制度は10万人保有者登録に向けて順調に進んでいると評価できると思います。一方で、数が増えると質が落ちるというすべての世界に共通の現象がキャリアコンサルタント国家資格制度にも忍び寄っているのではないかと危惧します。前回に続きキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、既存のスーパーバイザー養 …

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031