実践編・応用編

キャリコンサルタント実践の要領 78 | テクノファ 

投稿日:

前回に続き、キャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、組織視点を組み込んだキャリアコンサルティングの役割拡大に対応するスーパービジョン補章を説明します。

第四節では、さらにその個人視点と組織視点の調整統合の活動をとりあげまとめている。具体的には(1)個の自律の個性化支援が組織からの期待や要請に対応することの必要性をとりあげ、これを個人視点対応と組織視点対応の調整支援という視点でまとめている。次に(2)新たなパフオーマンス開発としてのMBO-Sを組織視点対応支援としてまとめている。さらに(3)セルフ・キャリアドックとその他の援助を組織視点対応支援とし、それをエンプロイメンタビリティという概念を用いて説明している。最後に(4)では、(3)でまとめているセルフ・キャリアドックで記載されている「その他の援助」に関する解説を行っている。セルフ・キャリアドックではその他の援助として6項目の活動をあげているが、それに加えて、その他の援助とは多様な活動が存在し、それがキャリアコンサルタントと人事が協業できる活動という視点を提起している。

第五節では、これからのキャリアコンサルタントのマインド、心得の重要性をまとめている。組織の視点への対応、クライアントー人ひとりのキャリア開発や形成を通した成長実感やキャリア充実の拡大、生涯に渡るキャリアコンサルタント自身の研鑽の実践など、これからの新たなスーパービジョンによってキャリアコンサルタントの研鑽対象領域がカバーされることが重要というまとめを行っている。

1.  キャリアコンサルタントの活動・役割の拡大の背景とポイント

キャリアコンサルティングが果たす役割と活動内容は時代とともに変化し拡大している中で、キャリアコンサルタントが学ぶべき内容、実践すべき活動に対応するスーパービジョンも変化しつつある。具体的には、キャリアコンサルティングの基本であるカウンセリング型「面談」中心のスーパービジョンをベースとしながらも、新たな領域の学びと活動を組み込んだスーパービジョンの構築が求められている。キャリアコンサルタント登録制度等検討会の2017年度の報告書は、キャリアコンサルタントの新たな役割と活動に対応した能力要件の見直しを提起し、2018年度の同検討会の報告書は、能力要件の拡大に対する継続的な学びの促進とそのための新たな組織領域への対応を内包したスーパービジョンを提起している。

(1)第10次(2016年)職業能力開発基本計画:戦略的人材育成と生産性の重要性

キャリアコンサルタントの役割り拡大に影響を与えてきた背景には職業能力開発基本計画がある。この職業能力開発基本計画は5年ごとに公表され、報告年以降の5年間の能力開発・人材育成・能力開発支援の方向性を明示している。そもそもキャリア支援の重要性が社会的に認知され、その必要能力の確定や、キャリア支援の手法やキャリアコンサルタントの育成計画が動き始めたのは2002年からであるが、この動きを促したのが2001年の第7次職業能力開発基本計画であった。その後、キャリアコンサルタントの活動では、職業生活と関連をもつライフキャリア領域への支援を行うという活動内容の拡大が、第8次職業能力開発基本計画(2006年)がきっかけとなり、職業生活や生産活動に対する理解の増進が、第9次職業能力開発基本計画(2011年)、そして職場や上司の人間関係への調整・介入、教育研修場面への参加、組織のインフラ作りや運営への活動枠の拡大などの動きは第10次職業能力開発基本計画(2016年)がきっかけとなり、様々な活動の拡大が促されてきた。キャリアコンサルタントの組織領域の能力拡大と、その学びの重要性を提起した2017年度、2018年度の登録キャリアコンサルタント等検討会の報告書は、「戦略的人材育成と生産性の重要性」という副題のついた第10次職業能力開発基本計画がその背景にあるといえる。

(2)キャリアコンサルタント登録制度等検討会2017年度報告書:能力要件の見直しと拡大

2017年度報告書は、多様な能力要件の見直しを提起している。とりわけ、変化する仕事に対応するためのキャリア開発やキャリア形成、職業生涯の長期化、それに伴う組織の中での役割変化といったクライアントや相談場面の長期化を踏まえた、キャリアコンサルティングの基本スキルの充実を図るための知識及び技能に伴う能力要件の拡大。2017年度に厚生労働省から公表された、キャリアコンサルティングの内容を明示した「セルフ・キャリアドック」 をはじめとした企業におけるキャリア支援に関する知識や技能に伴う能力要件の拡大。変化する経済、技術、組織、 仕事等々に直面する個々人の生涯にわたる主体的な学び直しと、これに伴うキャリア充実に関する支援に対応した能力要件の拡大。雇用の多様化や流動化などの支援に関する知識や技能に対応した能力要件の拡大。そして従来のワークライフバランスに加えて、社会の成熟化に伴う仕事と治療の両立支援や、仕事と子育て、また介護との両立支援に係る能力要件の拡大等の理解と支援といった広範囲にわたる多様な能力が新たに必要となってきていることを提起した。
(つづく)A.K

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 54 | テクノファ

このコーナーは、テクノファキャリアコンサルタント養成講座を卒業され、現在日本全国各地で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報などを発信しています。今回はM.Iさんからの発信です。 「フィードバックの効果」 私は様々な講座で「自分のことを話してみる」グループワークを実施しています。 一番の機会は、就職活動中の方々対象の「就活セミナー」です。私は就職活動で結果を出すためのポイントは「自己理解の質」にあると思っていますし、採用面接やグループディスカッションでも、キャリアコンサルタントの方はきちんと自分のことを言葉にしていく必要があります。 最近では、経営者や管理職、総務人事関係の方々 …

キャリコンサルタント実践の要領 60 | テクノファ

このコーナーは、テクノファキャリアコンサルタント養成講座を卒業され、現在日本全国各地で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報などを発信しています。今回はM.Iさんからの発信です。 企業からのキャリアコンサルタントへの相談案件の一つである【評価】を巡るものが増加傾向にあります。 主な相談内容は *評価結果がマンネリ化している *評価に対する納得感が得られない *それぞれの評価にバラつきが見られる といったことがあります。 いずれにしても、する側も、される側も、評価そのものの必要性は感じているものの、どのようにすればいいのかについて不安や迷いを感じている方が多いようです。 先日ある …

キャリアコンサルタント実践の要領 120 | テクノファ

キャリアコンサルティングの社会的意義 キャリアコンサルティングを学ぶ前提 キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解 …

キャリコンサルタント実践の要領 87 | テクノファ

キャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、組織視点を組み込んだキャリアコンサルティングの役割り拡大に対応するスーパービジョンを説明します。 4.組織視点と新しい個の視点の調整 新たな個のキャリア開発と形成に向けたキャリアコンサルタントが対象とする、個人支援の対象領域の解説を行った。従来型のカウンセリングがカバーしていたコンテンツに加えて、個の自律の視点からみたキャリア開発と形成に向けた支援領域を検討した。次にこの個人視点に加えて、組織視点と個の視点の新たな調整を解説する。 (1) 何故組織の視点と新しい個の視点の調整か:個の自律・個性化を …

キャリアコンサルタント実践の要領 94 | テクノファ

これまで説明してきた、多様で柔軟な働き方を推進する制度・施策、サポート環境の整備に伴い、人々の働き方、生活はいままでにも増して多様化し、キャリアコンサルタントの活動の場が広がると同時に、多様化する課題に対する実践力等の資質向上が求められています。 厚生労働省では、令和3年6月に「働く環境の変化に対応できるキャリアコンサルタントに関する報告書」を公表し、キャリアコンサルティングの普及促進とそれを支えるキャリアコンサルタントの実践力等の資質向上などについて提言を行っています。その内容を構成労働省資料から説明します。 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_19202. …

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930