実践編・応用編

キャリコンサルタント実践の要領 79 | テクノファ

投稿日:

前回に続き、キャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、組織視点を組み込んだキャリアコンサルティングの役割り拡大に対応するスーパービジョン補章を説明します。

(3)キャリアコンサルタント登録制度等検討会2018年度報告書:継続的な学びの促進とスーパービジョンの整備
2017年度報告書を受け、2018年度報告書は、これらの能力要件の拡大を踏まえ、キャリアコンサルタント資格の取得後の継続的な学びの機会として、資格取得後の継続学習、そしてスーパービジョンの重要性を提起している。従来キャリアコンサルタントに求められていた、個別面談スキル、倫理、法令・制度などの学びに加え、新たな能力要件の拡大に対応したツールの活用方法、多様な働き方などに関連するクライアントの特性理解、そして新たに強調された能力として多職種連携に関する知識や組織への働きかけ等が重点的に学ぶ必要のある領域として提起された。

2018年度報告書は、継続的な学びの一環として、キャリアコンサルタントの力量を客観的に診断できる機会としてスーパービジョン、事例検討会、研修会、経験交流会への参加等の整備の必要性をあげているが、キャリア支援におけるスーパービジョンではクライアントに対する効果的なキャリア形成支援・それを通じた組織活性化への貢献につながるものが重要とし、スーパービジョンの対応として、従来型のカウンセリング内容に加えて、キャリア形成支援の具体的な対応や組織活性化への貢献につながる支援もスーパービジョンの対象とすべきとされるに至った。

(4)組織の視点として重要なセルフ・キャリアドック
この組織の視点を明確にキャリアコンサルタントの役割りの中に組み込むことを提起したのは、2017年に公表されたセルフ・キャリアドックである。「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うものとすることと、改正職業能力開発促進法に規定されている。「相談」「助言」そして「指導」を規定では具体化していないが、これを具体化、明示したものがセルフ・キャリアドックである。キャリアコンサルタント登録制度等検討会2017年度報告書では、キャリアコンサルタントの能力要件の拡大で、このセルフ・キャリアドックの学びと実践を重要な新能力要件として提起した。そしてこのセルフ・キャリアドックでは相談、助言、指導という領域で組織への介入、提案、組織の仕組みの理解や人事との協業につながる活動などが提起された。それ故、新たなスーパービジョンでは組織の視点を学ぶことが必要と補章の第一節で述べたところである。それではこの組織の視点とは何をカバーすることであろうか。それは面談を中心とした個支援からの役割り拡大であり、キャリア支援の総合的な取り組みと仕組みの構築であり、組織に対して個の視点からのキャリア開発構築や、多様性をもった個の力の発揮を支援するための提言を行う全体報告の作成などである。

セルフ・キャリアドックは個の視点に立ったキャリア開発・形成支援を、組織が実践する改正職業能力開発促進法の理念に基づき、従業員のキャリア開発・形成支援を組織の方針の中に組み込み、就業規則の中にそれを書き込むことを個々の企業に求めている。セルフ・キャリアドックでは組織に、従業員一人ひとりのキャリア形成支援の必要性と責任を求め、そのためにキャリアコンサルタントが組織に対する介入、提案、人事との情報交換や協業を求めてもおり、キャリア支援が面談では終わらない状況を強調して求められている。セルフ・キャリアドックでは、キャリアコンサルティングを面談のみに限定せず、例えば多様な教育研修の実践とそのフオローアップとしての面談、そして、またキャリアコンサルティングを面談の提供という活動に限定せず、個々人のキャリア開発と形成を支援する総合的な取り組みとそのための企業の仕組みと位置付けている。

まとめると、キャリアコンサルタントには、面談のスキルや対応力に限定されることなく、この総合的な取り組みと仕組みを構築できるスキルの獲得とそれを実践できる能力である。従業員一人一人のキャリア形成支援が経営問題であるとの認識のもとに、人事と対応して経営問題としての問題解決に努める仕組みをスーパービジョンにおいて学ぶ必要性が登場してきている。面談の基礎的なスキル、対応力に加えて、一連の組織視点を組み込んだキャリア支援の総合的な仕組みづくりの構築力と実践力、従来人事部門が活用していた様々な個への対応サービスを「その他の援助」としてとらえ直し、さらにキャリア開発・形成支援という視点から見直しをし、新たな活用法をスーパービジョンで検討することが求められているのである。これらの組織視点への役割り拡大は、スーパービジョンにおいてキャリアコンサルタントがしっかりとその内容を理解することが肝要であろう。

(5)新たな組織視点としてのキャリア自律とエンプロイメンタビリティ
言うまでもなく、変化の時代、組織主導のキャリア指導モデルから、個性化を活かしたキャリア自律開発・形成モデルに教育開発のパラダイムが変化し、それに向けたキャリア支援が重要となってきている。このキャリア自律の支援を組織が行う力を、筆者はエンプロイメンタビリティと呼んでいる。従来の組織視点をベースにおく個人のキャリア支援は、モチベーション管理の仕組みの中での従業員支援であった。昇進・昇格、昇給・報酬管理、任用・異動、教育訓練の提供といった人事のメカニズムを通したモチベーション管理の仕組みが構築されており、それに対して、納得できない、不安を感じている、どうしたらいいか対応ができない従業員に対する面談中心型の心のケアがキャリアコンサルタント/カウンセラーの重要な役割であった。
(つづく)A.K

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント養成講座12 I テクノファ

生活保護受給者および生活困窮者への「就労支援」について 今回は「地方自治体やハローワーク」で行われている「生活保護受給者むけ就労支援」と「生活困窮者むけ就労支援」ついてご紹介したい、と思います。現在、我が国では様々な理由から生活保護を受けている人が200万人以上いるといわれ、その年代も60歳台が最も多く、次いで70歳台、50歳台が多くなっていて単身者が非常に多いのも特徴とされています。同様に、生活保護受給に至る前の段階の生活困窮者の数ははるかに多く具体的数は把握が困難の為か推定であっても公表されていないようです。こうした生活保護受給者、生活困窮者にはそれぞれに自立に向けた支援法が制定され、就労 …

キャリアコンサルタントの活動領域5―地域領域 マザーズ I テクノファ

5 地域領域(地域職業相談室、マザーズコーナー) キャリアコンサルタントの活動の領域4つめは、地域領域です。代表的なものは、公共職業安定所が設置されていない市町村数百か所に設置されているふるさとハローワーク(地域職業相談室)です。ふるさとハローワークは国と市町村が共同で運営しており、職業相談、職業紹介等を行っています。利用料等一切無料です。「マザーズコーナー」として活動している女性の支援についてお話しします。 【地域職業相談室、マザーズコーナー】 日本では、女性は結婚などにより30代で労働力としては減少しますが、子育てが終わってからの再就職の意欲は強いと言われています。特に、出産前に行っていた …

キャリアコンサルタント実践の要領 122 | テクノファ

キャリアコンサルティングの社会的意義 キャリアコンサルティングを学ぶ前提 キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解 …

キャリアコンサルタント実践の要領 92 | テクノファ

これまで回を重ねて説明してきた働きかた改革に関する諸議題の説明の中で何度か触れましたが、少子高齢化に伴う人口減少と労働力不足への対応、人生100年時代が見据えられる中で、個人の職業生活の長期化が予想されることへの対応などが求められており、働く人へのキャリア形成支援が緊急を要する課題となっていますが、キャリアコンサルタントのノウハウは十分に確立しているとはいえません。この問題に対処してキャリアコンサルタント、キャリアコンサルティングの質向上を図るために、厚生労働省委託事業として、特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会は、キャリアコンサルタントのノウハウ開発などを行い、「平成29年度 厚 …

キャリコンサルタント実践の要領 64 | テクノファ

前回に続きキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、スーパービジョンのモデル実施及びアンケート・実施報告書の分析の部分の、アンケート結果を用いたスーパービジョン事例報告から記述します。 ④アンケート結果を用いたスーパービジョン事例報告 スーパービジョンに関する理解を深めるために、スーパービジョンに関係する三者 (相談者とキャリアコンサルタントとスーパーバイザー)のアンケート・報告書の結果を用い、 継続的な対応が行われた事例を一件報告する。 事例作成に際し、まずキャリアコンサルティングが2回行われたケースを抽出し、キャリアコンサルティングの …