国家試験

キャリアコンサルタント国家試験合格 83 | テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りがある、働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたを可能にする制度・施策の一つとして、育児・介護休業法で規定している子の看護休暇、介護休暇の制度についてキャリアコンサルタントのために説明します。
前回の続きの主なポイントを次の厚生労働省の資料から説明します。
https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000355354.pdf

制度の詳細
(1) 介護休暇とは、要介護状態にある対象家族の介護や世話を行う労働者に対し与えられる休暇であり、労働基準法の規定による年次有給休暇とは別に与える必要があります。要介護状態にある家族の介護や世話のための休暇を取得しやすくし、介護をしながら働き続けることができるようにするための権利として介護休暇が位置づけられています。

(2) 「要介護状態」「対象家族」の定義は、介護休業の場合と同様です。

(3) 介護休暇は、あらかじめ制度が導入され、就業規則などに記載されるべきものであることに留意してください。

(4) 法令で定められている時間単位での取得は、始業の時刻から連続し、又は終業の時刻まで連続するものです。就業時間の途中から休暇を取得して就業時間の途中に戻る、いわゆる「中抜け」を認めることまでは求めていません。

(5) 時間単位で取得する場合の「時間」は、1日の所定労働時間数に満たない範囲とします。休暇を取得する日の所定労働時間数と同じ時間数を取得する場合は、1日単位での取得として取り扱います。日によって所定労働時間数が異なる場合、この1日の労働時間数とは、介護休暇を取得しようとする日の所定労働時間数のことをいいます。また、「時間」とは、1時間の整数倍の時間をいい、労働者からの申出に応じ、労働者の希望する時間数で取得できるようにする必要があります。

(6) 時間単位で取得する介護休暇1日の時間数は、1日の所定労働時間数とし、1時間に満たない端数がある場合は、端数を切り上げます。例えば、1日の所定労働時間数が7時間 30分の場合、8時間分の休暇で1日分となります。
日によって所定労働時間数が異なる場合の1日の所定労働時間数の定め方は、1年間における1日の平均所定労働時間数(1年間における総所定労働時間数が決まっていない場合には、所定労働時間数が決まっている期間における1日平均所定労働時間数とする)とします。

(7) 1年度の途中で所定労働時間数の変更があった場合、介護休暇の残りを時間単位で保有している部分については、所定労働時間の変更に比例して時間数が変更になります。
例:介護休暇が3日と3時間残っている労働者について、1日の所定労働時間数が8時間から5時間に変更⇒時間単位で取得可能な介護休暇の日数・時間数は次のように変更される。
【変更前】3日(8時間で「1日分」)と3時間
【変更後】3日(5時間で「1日分」)と2時間
※3時間に5/8日を乗じて比例変更すると、1.875 時間となるが、1時間未満の端数は切り上げて2時間とする。
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家試験合格 15-2  I テクノファ

国家試験機関である「キャリアコンサルティング協議会」は、平成30年3月の「キャリアコンサルタントの能力要件の見直し等に関する報告書」に合わせて「キャリアコンサルタント試験の出題範囲」を改定しました。 新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」の適用は2020(令和2)年度からの試験となっています。 前回に続き「試験科目及びその範囲の細目」その4を説明します。 Ⅳ キャリアコンサルタントの倫理と行動 1 キャリア形成及びキャリアコンサルティングに関する教育並びに普及活動 次に掲げる事項を適切に実施するために、キャリア形成及びキャリ …

キャリアコンサルタント国家試験合格 170 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、前回までは労働政策及び労働関係法令並びに社会保障制度の知識について説明してきました。今回から学校教育制度とキャリア教育に関連する知識、資料などについて説明します。 <教育制度> 内閣府のホームページのリンク先資料 https://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/h19-2/html/4_1_6.html より引用説明します。 ■教育制度の仕組み わが国の教育制度は、下記の⑴学校教育と⑵社会教育に大別される。 (1)学校教育制度 教育制度は、わが国においては学校教育と社会教育に大 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 161 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は労働者の雇用、労働契約に関連する知識、資料などについて、前回の続きから説明します。 ■人を雇うときのルール 厚生労働省のホームページ https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudouseisaku/chushoukigyou/koyou_rule.html より引用説明します。 1 労働契約の締結 (1)労働条件の明示 労働契約を結ぶときには、使用者が労働者に労働条件を明示することが必要です。さらに、 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 33 | テクノファ

今回は、キャリアコンサルタントを目指す方に知っておいていただきたい、2級キャリアコンサルタント技能検定の概要について、受検資格や、その手続きについて説明します。 ■受検には、一定の資格が必要になる 「2級キャリアコンサルタント技能士」 に求められるのは、個人の相談に対し相談者の問題・課題などを見立てることができて、1 対1の相談支援が的確にできるレベルで、この技能検定試験は、その技能と知識を問うものになります。 したがって、誰でも受検できるというものではなく、一定の受検資格を有するものに限られます。 ■2級の受検資格 (複数の資格に該当する場合は、いずれか1つを満たせば受検できます) 受 検 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 29 | テクノファ

国家試験機関「キャリアコンサルティング協議会」は、平成30年3月の厚生労働省の見直しに合わせて「キャリアコンサルタント試験の出題範囲」を改定しました。新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」の適用は、2020年度(令和2)からの試験となっています。 過去問ではいろいろな法律の理解が問われます。キャリアコンサルタントを目指す方は法律を理解するに、まず(目的)第1条又はそれに準じる条文を読んでおくことが必要です。併せて、第2条以下の概要を把握しておきましょう。 【問 く】 学校教育法が定める高等学校教育の目標として、最も適切なもの …

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930