国家試験

キャリアコンサルタント国家試験合格 88 | テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りがある、働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたを可能にする制度・施策を説明してきました。前回は様々な事情を抱えて、多様で柔軟な働きかたを必要としている、これまで説明してきた制度・施策の対象者である働く人たち、その人たちを具体的に支援する立場にある支援者やキャリアコンサルタントなどに対して必要な情報を提供している厚生労働省のサイトのひとつ「治療と仕事の両立支援ナビ」について説明し、そのサイト内の「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」について厚生労働省資料
https://chiryoutoshigoto.mhlw.go.jp/dl/guideline.pdfに沿って説明しました。

今回はその続きから説明します。
(3)事業場等における現状と課題
健康診断に基づき健康確保に向けた取組が行われてきた。近年では、労働者の健康確保や疾病・障害を抱える労働者の活用に関する取組が推進されているが、支援方法や産業保健スタッフ・医療機関との連携について悩む担当者も少なくないことから、労働者の治療と仕事の両立支援に取り組む企業に対する支援や医療機関等における両立支援対策の強化も必要な状況にある。

2 治療と仕事の両立支援の位置づけと意義
(1)事業者による両立支援の取組の位置づけ
労働安全衛生法の労働者の健康確保対策に関する規定の具体的措置としての健康診断の実施及び医師の意見を勘案し、その必要があると認めるときは就業上の措置の実施を義務付けるとともに、日常生活面での指導、受診勧奨等を行うよう努める。これは、労働者が、業務に従事することによって、疾病を発症したり、疾病が増悪したりすることを防止するための措置などを事業者に求めているものである。

労働安全衛生法では、事業者は「心臓、腎臓、肺等の疾病で労働のため病勢が著しく増悪するおそれのあるものにかかった者」については、就業を禁止するとあるが産業医等の意見を勘案して必要な措置を講ずることによって、就業の機会を失わせないように慎重に判断する。

同法では、中高年齢者等の特に配慮を必要とする者については、適正な配置を行うように努めなければならないとされている。
事業者が疾病を抱える労働者を就労させると判断した場合は、業務により疾病が増悪しないよう、治療と仕事の両立のために必要となる一定の就業上の措置や治療に対する配慮を行うことは、労働者の健康確保対策等として位置づけられる。

(2)事業者による両立支援の意義
事業者による取組は、労働者の健康確保という意義とともに、継続的な人材の確保、労働者の安心感やモチベーションの向上による人材の定着・生産性の向上、健康経営の実現、多様な人材の活用による組織や事業の活性化、組織としての社会的責任の実現、労働者のワーク・ライフ・バランスの実現といった意義をキャリアコンサルタントは知っているとよい。
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家試験合格 167 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は労働者の雇用、労働契約に関連する知識、資料などについて、前回の続きから説明します。 ■労働契約を結ぶ場合には 〇 労働者と使用者が、「労働すること」「賃金を支払うこと」について合意すると、労働契約が成立します。(第6条) 〇 労働者と使用者が労働契約を結ぶ場合に、使用者が ① 合理的な内容の就業規則を ② 労働者に周知させていた(労働者がいつでも見られる状態にしていた)場合には、就業規則で定める労働条件が、労働者の労働条件になります。(第7条本文) 〇 労働者と使用者が、就業規則 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 36-2 I テクノファ

国家試験機関「キャリアコンサルティング協議会」は、平成30年3月の厚生労働省の見直しに合わせて「キャリアコンサルタント試験の出題範囲」を改定しました。新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」の適用は、2020年度(令和2)からの試験となっています。 ここでは、新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」に焦点を合わせて、分野ごとに過去問を中心に勉強をしていきたいと思います。 労働法規関係については「キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目6」 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 34 | テクノファ

前回に続きキャリアコンサルタントに向けて2級キャリアコンサルティング技能検定の概要について、受検資格や、その手続きについて説明します。 ■実技・学科いずれかの受検も可 キャリアコンサルタントを目指す方は学科試験、実技試験どちらか一方の受検は可能ですが、学科試験、 実技試験にそれぞれ合格したときのみ2級キャリアコンサルティング技能士と称することができます。 実技試験は論述試験と面接試験両方受検し、いずれとも合格点(60点)に達しなければなりません。合格点(60点)にどちらかが達したとしても、もう一方が未達の場合は、次回もう一度、両方を受検しなければなりません。 検定試験は、年度内2回(春と秋)行 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 81 | テクノファ

前回までは、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りがある、働き方改革を推進する多様で柔軟な働き方を推進する制度・施策について、育児・介護休業法で規定している、短時間勤務制度(所定労働時間の短縮措置)、休業制度(育児、介護)について説明しましたが、今回は同法で規定する、子の看護休暇、介護休暇の制度について説明します。 育児・介護休業法は少子化対策として育児支援の充実、介護対策として介護をしながらでも働ける柔軟な制度の充実を推進し、子育てや介護など家庭の状況から時間的制約を抱えている働く人たちの仕事と家庭の両立支援を進めることにより雇用の安定を目指すための法律です。 子の看 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 134 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は、これまで説明してきたキャリア形成支援に関連して、厚生労働省のキャリア形成支援の施策の一つ、「人材開発支援助成金」について説明します。 厚生労働省のキャリア形成支援のサイト https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/career_formation/index.html とそのリンク先の厚生労働省資料より説明します。 〇人材開発支援助成金は、労働者の職業生活設計の …

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031