実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 91 | テクノファ

投稿日:2021年7月27日 更新日:

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りがある、働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたを可能にする制度・施策の説明と、制度・施策の周知を図ると同時に制度・施策に基づいて実際に支援を行うために必要な情報を提供している厚生労働省の情報提供サイトについて説明してきましたが、厚生労働省では働きかた改革を身近なものとして衆知してもらうためシンボルマークなどを作成しています。

先に説明した中で、働きかた改革に積極的に取り組む企業に対して、各種の認定制度を設けて認定することにより企業のイメージアップ、働きやすい会社として周囲の人に衆知され人材獲得面で有利になるなどの支援を行っていることを以前説明しましたが(くるみん、プラチナくるみん、えるぼし、ユースエールについて説明しました)、治療と仕事の両立支援、仕事と介護の両立支援については制度・施策の周知を図るためにシンボルマークを作成しています。

厚生労働省ホームページでは、キャリアコンサルタントが知っていてよいシンボルマークについて、キャラクター作成の意図などについて次のように説明しています。

・「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進のためのシンボルマーク(愛称:トモニン)
親や家族などの介護のために、やむを得ず仕事を辞める介護離職が増加しています。介護に直面する労働者は、企業において中核的な人材として活躍している場合も少なくありません。仕事と介護を両立できる職場環境の整備を図り、こうした人材の離職を防止することは、企業の持続的な発展にとって重要な課題となっています。
このような状況下で、厚生労働省は、企業が介護離職を未然に防止するため、仕事と介護を両立できる職場環境の整備促進に取り組むことを示すシンボルマークを作成し、仕事と介護を両立しやすい職場環境の取組への関心及び認知度を高め、介護離職を防止するための取組に向けた社会的気運の醸成を図っていきます。

シンボルマークの使い方について、キャリアコンサルタントが知っているとよいこととして、仕事と介護を両立できる職場環境の整備促進に取り組んでいる企業は、「両立支援のひろば」というサイトに取組内容を登録することにより、募集要項、会社案内、ホームページなどにトモニンを掲載し、仕事と介護の両立に取り組んでいる企業であることをアピールすることができます。また商品、名刺などにトモニンを掲載し、企業のイメージアップを図ることができます。

・「ちりょうさ」 「治療と仕事の両立支援」のキャラクター
厚生労働省では、「治療と仕事の両立支援」について、キャリアコンサルタントなど社会に広く知ってもらうことを目的としたイメージキャラクターを作成しています。
最近では、がん等の病気になっても、治療をしながら働き続ける方が増えています。キャリアコンサルタントは、このような働き方を可能とするためには、職場や病院をはじめとした社会の理解と支援をすることが大切になります。こうした状況を受けて、治療と仕事の両立支援の認知度を高め、社会の機運を盛り上げることを目的に、誰でも自由に使用できるイメージキャラクターを作成しています。

キャラクターをホームページやリーフレット等で活用するなどして、「治療と仕事の両立支援」の周知を進めると同時に、両立支援に取り組む事業者や医療機関などでの活用を促していく。
(つづく)A.K

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

我が国の合計特殊出生率 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。 ● 現下の政策課題への対応 〇 子どもを産み育てやすい環境づくり ■ 少子社会の現状 我が国の合計特殊出生率は、2005(平成17)年に1.26となり、その後、緩やかな上昇傾向にありましたが、ここ数年微減傾向となっており、2020(令和2)年も1.34と依然として低い水準にあり、長期的な少子化の傾向が継続しています。 (人口ピラミッ …

キャリアコンサルタントの活動領域3―教育領域他 I テクノファ

3 教育領域(学校における学生のキャリア開発・形成および就職相談) 「キャリアコンサルティング研究会」では、教育領域として大学と専門学校のヒアリング調査をしています。大学では、キャリア教育部会におけるヒアリング時に併せて行っており、キャリアコンサルタント活用側として 8 大学を対象とし、 その8大学で活躍するキャリアコンサルタント 20 名に調査を実施しています。専門学校では、 キャリアコンサルタント活用側として 1つの専門学校を対象とし、キャリアコンサルタント2 名を対象としています。期待される「役割」、必要な「能力」、「育成策、キャリア・パス」等について、アンケートを取っています。対象とな …

「グリーフケア」についてあれこれ考えた | テクノファ

このコーナーは、活躍しているキャリアコンサルタントからの近況や情報などを発信しております。今回はキャリアコンサルタントのS.Sさんからです。 今回は「グリーフケア」について、あれこれ考えてみた。 「グリーフ」とは、悲嘆・・深い悲しみなどを意味する言葉であり、たとえば肉親や大切な友人など、「自分にとってかけがえのない存在を失った際に生じる喪失感」を指す言葉として解釈されているようだ。 そこには、手放したくない想い 残念な気持ち 離別による大きな悲しみ、そして心にポッカリと穴が空いてしまったかに感じられる空虚感などがあり、場合によっては生きていく気力を失ってしまうことさえある。 その対象は、特に人 …

キャリアコンサルタント実践の要領 42 | テクノファ

今回はキャリコンサルタントとして活躍している粂井さんの「一方的な力」と「相互的な力」をお伝えします。 皆さんは「力」と聞くと、どのようなイメージが浮かびあがるでしょうか。 たとえば、相手に何度もお願いしていることがいつまでたっても出来上がってこないときに、しびれを切らして使うような、強制的な力でしょうか? それとも、リーダーが目標に向かってどんどんチームの生産性を上げて引っ張っていく統率力のようなものでしょうか? 私たちキャリコンサルタントはしばしば、「力」という響きには、ある目標などへ向け、探求や内省などは伴わず、欲するものを手に入れるための一方向的なはたらきかけである、といった印象をもつこ …

キャリアコンサルタント実践の要領 72 | テクノファ

キャリアコンサルタント実践の要領 71に続きキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、現段階でのスーパービジョンの基盤整理の、スーパーバイザーの養成プログラムの考え方を説明します。 4.スーパーバイザーの養成プログラムの考え方 本事業で把握した既存のスーパーバイザー養成プログラムは、それぞれの養成機関の考え方の特徴が反映されたものであった。今後、キャリアコンサルタントのスーパービジョンを普及拡大していくためには、汎用的なスーパービジョンの在り方、汎用的なスーパーバイザー養成の考え方を示していく必要がある。 そのためには、既存のスーパーバイ …