実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 95 | テクノファ

投稿日:

このコーナーは、テクノファのキャリコンサルタント養成講座を卒業しキャリコンサルタントとして活躍している「キャリコンサルタント」からの近況や情報などを発信いたします。今回はS.Sさんからの発信です。

「人生の午後」~ 再構築に向けて ~
今年も半分が過ぎてしまった。なんというか・・時間の感覚がおかしい。

「あはは、もう50歳になってしまったねえ・・どうすんだよ」と同年齢の友人と笑っていたのが昨日のことのようだが、いつの間に10年近い歳月が流れてしまっている。なんと早いことか・・どうやら、年齢を重ねるほどに時間感覚がどんどん短くなってゆくものらしい。

小学校の6年間は、とっても長かった。

中学の3年間も、それなりに長く感じた。

高校時代は、たった3年間の時間の中にたくさんの思い出が詰まっている。

大学時代も変化に富んだエキサイティングな毎日だった。

バカなことばかりしていたが、けっこう時間に余裕があったように思う。

しかし、三十路を過ぎ、なんとなく「ああ、もう若くないんだ・・」と感じ始めてからというもの、時間の経過に対する感覚のズレは歳を追うごとに大きくなっていくようだ。きっと、定年を迎える頃には頭髪が薄くなり、頬が垂れ下がり、近くのものが見えにくくなることだろう。

そして、その頃から近所の子どもたちには「おじいちゃん」と呼ばれ始める。三十路に入った頃は、「おじさん」と呼ばれることにさえ抵抗があったのだが、いつの間にかそれを受け入れ、目の前に子どもがいれば、自分から「そうだなあ・・おじさんはねえ・・」などと話すようになっている。

「おじさん」と「おじいさん」の境界線がいつ頃なのかは判らないが、

いずれは年齢を弁え、相応の自己イメージへと書き換えていくことになるのだろう。

体力がなくなるに連れて何をするにも億劫になり、流行にも全く興味が湧かなくなる。

さらに、健康面でも徐々に自信が持てなくなっていく。

この僕も、ここ2年の間に糖尿病を発症したり、昨年末は尿管結石で七転八倒の苦しみを味わう羽目になった。夕方になれば、なんとなく目がショボショボするし、駅の階段を駆け上がれば、動悸や息切れがいつまでも収まらない。

これらは、あきらかに加齢によるものだ。受け入れたくはないが、仕方のない事実なのである。歳をとるということは、一般的に以上のようなものであろう。となれば、年齢を重ねるということは、これまでの自分をひとつずつ諦め、問題なく出来ていたことを手放していくことなのだろうか・・

そう思うと、心がどんどん重くなっていく。だが、先日おもしろい言葉と出会った。それは、たしか以下のような内容だったと思う。

「歳をとったから遊ばなくなったのではない。逆である。遊ばないから歳をとってしまうのだ。」

なるほど・・そうかもしれないと思った。

さらに、もうひとつ。何をしてもつまらないと感じるのは、おそらく自分自身が、つまらない人間になってしまったからである。

これまた、座布団3枚である。生涯発達という言葉は、単なる慰めのためにあるのではない。人は、年齢と伴に際限なく成長し続けることができるのである。しかし、そうならず、生きることによる充実感や生き甲斐を失っていく人というのは、成長することをやめたために、そこで打ち止めになったということなのだろう。

アルメニアの神秘思想家であったG・I・グルジェフは、「人間は何かを為すために存在している」という。さらに、「人間の定義として、これ以上に的確な表現はない」とまで言い切るのである。つまり、敢えて意志的にでも「為すこと」を続けるかぎり成長は続くのであり、この成長し続けるプロセスに伴う実感こそが「生きている証」ということなのだろう。

黄昏れている場合ではない。定年が近い方々に告ぐ。いよいよこれから人生の本番を迎えるのである。

(つづく)K.I

 

 

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 186 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。 イ 医療提供体制、検査体制など対策別の取組み 【医療提供体制の整備】 (診療体制) 新型コロナウイルス感染症の医療体制については、住民の方々の不安を軽減し、また、 患者を診療体制等の整った医療機関に確実につなぎ、医療機関を発端とした感染症のまん延を …

キャリアコンサルタント実践の要領 138 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 (今後の感染拡大を見据え …

キャリアコンサルタント実践の要領 21 I テクノファ

Aさんの「キャリコンサルタント養成講座」受講奮闘記をお伝えしています。 Aさんは中小企業に勤めている小学生と4歳半の子供をもつ女性ですが、ある事をきっかけに「キャリコンサルタント」という資格を知りました。厚生労働省の国家資格であること、企業の中で人間関係の相談に乗ってあげられる力を付けられることなどを知り、どこかの「キャリコンサルタント養成講座」を受けたいとNetで多くの「キャリコンサルタント養成講座」を調べました。 その結果テクノファの「キャリコンサルタント養成講座」が自分に合うのではないかと思い、3か月にわたる12日間「キャリコンサルタント養成講座」講座を受講することに決めました。決めた理 …

キャリアコンサルタント実践の要領 162 | テクノファ

キャリアコンサルタントS.Sさんからの便りです。活躍している「キャリアコンサルタント」からの近況や情報などをお届けします。 これまでも幾度か「キャリア形成」について述べてきたが、ここでまた改めて考えてみたい。キャリアは、生きているかぎり幾度でも自問自答してみるべき永遠のテーマではないだろうか。キャリアと聞くと、未だに「経歴」とか「就職」など、短絡的に仕事に関することだと思い込んでいる方がとても多い。または、過去の職業における体験から得た経験値としての技能や知識の集積として捉えている方々が多いことは以前にも述べた。 もちろんそれらは無関係ではないが、そういった誤解認識があるためかキャリア形成と聞 …

キャリアコンサルタント実践の要領 136 | テクノファ 

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 □ 住居確保給付金 新ウ …