実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 97 | テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルタントが、個人あるいは個人を取り巻くもの(企業、就職支援機関、教育能力開発機関、地域、家族など)に対して適切なキャリアコンサルティングを行うには、キャリアコンサルティングに係る制度・施策、関連情報などについて最新で正確な情報を有していることが求められていますが、キャリアコンサルタントに直接係りがある制度・施策や、制度・施策を利用するためのサポート情報の他にも、キャリアコンサルタントに係りがあると思われる社会経済動向に関して、常に最新の情報を取り込むようにして、適切なキャリアコンサルティングを実施することが求められています。

今回は前回に引き続いて、キャリアコンサルタントに係ると思われる社会経済動向に関する情報として前回説明した能力開発基本調査の続きの部分から説明します。

白書等における活用
ものづくり白書や労働経済白書等において、この調査の調査結果を元に分析が行われています。
平成 28 年度から平成 32 年度までの5年間の職業能力開発行政の方向性を示す計画である、「第10次職業能力開発基本計画」の策定に当たって、本調査結果を踏まえて、労働者の自己啓発における課題が挙げられていますが、そこでは、キャリアコンサルタントによるキャリアコンサルティングの活用、キャリアコンサルタントの継続的な質の保証などについて示しています。

令和2年度能力開発基本調査:結果の概要資料は厚生労働省のホームページ上にアップされています。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/104-02b.pdf

・労働経済の分析(労働経済白書)
厚生労働省による労働経済白書は、一般経済や雇用、労働時間などの現状や課題について、統計データを活用して分析する報告書で年次ごとに課題を決めて分析しています。7月に公表された令和3年版で72回目の公表となります。

労働経済白書について厚生労働省の資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/roudou/20/20-1.htmlより説明します。
最新の令和3年版厚生労働白書のテーマは「新型コロナウイルス感染症が雇用・労働に及ぼした影響」です。
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、2020年には「宿泊業, 飲食サービス業」などの産業で雇用者数が減少に転じ、一方休業者数や非労働力人口が増加しました。

同時に、医療、福祉、生活必需品の小売など、感染症の拡大下でも業務継続が求められる分野では、働く環境に関する新たな課題が出てきています。さらに、緊急事態宣言により、多くの人がテレワークを行うようになり、新しい働き方として広まりましたが、それに伴う課題も出てきています。

このような経験を踏まえて、危機下において働く人たちの雇用や生活を守り、誰もが意欲をもって働き続けられる環境整備に向けて、今回の「労働経済白書」では、新型コロナウイルス感染症が雇用・労働に及ぼした影響について、さまざまな観点から分析を行っています。
(つづく)A.K

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 155 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 2.最低賃金制度について …

キャリアコンサルタント実践の要領 112 | テクノファ 

キャリアコンサルティングの社会的意義 キャリアコンサルティングを学ぶ前提 キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解 …

キャリアコンサルタント熟練レベルを目指して 2I テクノファ

熟練キャリアコンサルタントを目指すにあたって、近道はありません。実践経験を積みながら、日々研鑽を重ねることが何より重要です。 ■「自ら成長したい」という強い思いが不可欠 熟練キャリアコンサルタントになるために、近道や特効薬はありません。継続した学習と実践を積むしかありません。そのうえで、ケースにおける失敗経験を反省し、自身の力量を自覚するとともに、成功経験をその後の活動に効果的に反映させるべく、活動に対する先輩や指導者からのフィードバックを求め、自分の資質の向上に努めることなどで、はじめて熟練キャリアコンサルタントに近づいていきます。つまり、熟練キャリアコンサルタントを目指すには、受け身の姿勢 …

キャリアコンサルタント実践の要領 17 I テクノファ

このシリーズではテクノファのキャリアコンサルタント養成講座を卒業された方のキャリアコンサルティング実践についてお伝えします。今回お伝えするのはキャリアカウンセラーとして活躍している「キャリアコンサルタント」のM.Iさんです。 初めまして。 キャリアコンサルタントのM.Iです。 私が住んでいるところは、砂蒸し温泉と一年で一番初めに開催される「いぶすき菜の花マラソン大会」が名物の観光地です。私は菜の花マラソンでは毎年大会ホームページの運営ボランティアとして参加しています。 先日の大会でも雨の中、スタートやゴールの様子を写真撮影し、ランナーの応援もしました。撮影しながらゴールで声をかけながら、自分で …

キャリアコンサルタントの活動領域3―教育領域他 I テクノファ

3 教育領域(学校における学生のキャリア開発・形成および就職相談) 「キャリアコンサルティング研究会」では、教育領域として大学と専門学校のヒアリング調査をしています。大学では、キャリア教育部会におけるヒアリング時に併せて行っており、キャリアコンサルタント活用側として 8 大学を対象とし、 その8大学で活躍するキャリアコンサルタント 20 名に調査を実施しています。専門学校では、 キャリアコンサルタント活用側として 1つの専門学校を対象とし、キャリアコンサルタント2 名を対象としています。期待される「役割」、必要な「能力」、「育成策、キャリア・パス」等について、アンケートを取っています。対象とな …

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031