実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 100 | テクノファ

投稿日:2021年8月17日 更新日:

キャリアコンサルタントが、個人あるいは個人を取り巻くもの(企業、就職支援機関、教育能力開発機関、地域、家族など)に対して適切なキャリアコンサルティングを行うには、キャリアコンサルタントに係る制度・施策や、関連する情報などについて最新で正確な情報を有していることが求められていますが、キャリアコンサルタントに直接かかわる制度・施策に関する情報や、制度・施策を利用するためのサポート情報の他にも、キャリアコンサルタントに係ると思われる社会経済動向に関して、常に最新の情報を基にキャリアコンサルティングをすることが求められています。

今回は前回に続き社会経済動向に関する情報として厚生労働白書について説明します。

・厚生労働白書
厚生労働白書は、厚生労働行政の現状や今後の見通しなどについて、広く国民に伝えることを目的に厚生労働省がとりまとめており、令和3年版は、平成13年の厚生労働白書発刊から数えて20冊目となります。
令和3年版は厚生労働白書-新型コロナウイルス感染症と社会保障-と題してとりまとめられています。
令和3年版厚生労働白書資料は厚生労働省ホームページ上にアップされています。
https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/20/

・少子化社会対策白書
少子化社会対策白書は、少子化社会対策基本法に規定する「少子化の状況及び少子化に対処するために講じた施策の概況に関する報告書」であり、政府が毎年国会に提出しなければならないとされているもので内閣府により報告公表されています。令和2年度少子化の状況及び少子化への対処施策の概況(令和3年版少子化社会対策白書)は18回目となるものです。
令和3年版少子化社会対策白書の資料は内閣府ホームページ上にアップされています。
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/whitepaper/measures/w-2021/r03pdfgaiyoh/pdf/03gaiyoh.pdf

・中小企業白書・小規模企業白書
中小企業庁では中小企業白書・小規模企業白書をとりまとめ、経済の基盤となる中小企業・小規模企業の分析を行っています。2021年版中小企業白書・小規模企業白書のテーマは、「危機を乗り越え、再び確かな成長軌道へ」として、新型コロナウイルス感染症が中小企業・小規模事業者に与えた影響をきめ細かく分析し、その実態を明らかにするとともに、危機を乗り越えるために重要となる取組や、経営者の参考になるデータや事例を紹介しています。
2021年版中小企業白書・小規模企業白書の資料は経済産業省ホームページ上にアップされています。
https://www.meti.go.jp/press/2021/04/20210423001/20210423001.html

・雇用均等基本調査
この調査は、男女の雇用均等問題に係る雇用管理の実態を把握し、雇用均等行政の成果 測定や方向性の検討を行う上での基礎資料を得ることを目的として、昭和61年度に調査を開始して以来、名称に変更はあったものの厚生労働省が毎年実施しているものです。
令和2年度雇用均等基本調査の調査概要資料が厚生労働省のホームページ上にアップされています。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/71-r02a.html
(つづく)A.K

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

高齢者の支援について | テクノファ

このコーナーは、活躍している「キャリアコンサルタント」からの近況や情報などを発信いたします。今回はキャリアコンサルタントのT.Fさんです。 (高齢者の支援について) 今回は高齢者の就労支援について気がついたことを書かせて頂きます。さて、高齢者って何歳からでしょう。健康保険は65才から前期高齢者に、公的な機関も65才となっているようですので、その他いろいろな定義もあるかと思いますが一応65歳ということで話を進めます。 数年前に「下流老人」という新書が出版され「下流・・・」が少し流行りました。下流に陥るのは特殊な状況にある人ばかりではなく、誰でも可能性があることを示唆した内容で、これからの生活に一 …

キャリアコンサルタント実践の要領 6 I テクノファ

キャリコンサルタントの実践のシリーズです。前回の実践の要領5ではグループカウンセリングについて、その背景、個別カウンセリングとの違いを説明しました。引き続きグループカウンセリングに関しての説明をします。 3)グループアプローチの種類 キャリアコンサルタントとして知っておくと良いことに、グループアプローチの種類があります。1946年のグループ・ダイナミックス研究所の研究がきっかけで始められた感受性訓練(ST : Sensitivity Training)が始まりとされています。その後、1950年にはNTL (National  Training  Laboratory)が設立され、本格的な研究が …

キャリアコンサルタント実践の要領 75 | テクノファ

このコーナーは、テクノファキャリアコンサルタント養成講座を卒業され、現在日本全国各地で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報などを発信しています。今回はS.Sさんからの発信です。 先日、ある記事を見つけた。 「これでいいのか、現代社会」と題された記事の内容は、JR山手線で起きた人身事故において、多数の野次馬がホームに押し寄せ、スマホを片手にシャッターを切っていたという異様な光景に対するものだった。しかも、笑顔で撮影している者も多数いたという。 これが事故なのか、または自殺による飛び込みなのかは定かではないが、いずれにしても仮にも人の命がかかっている現場にもかかわらず、まるで他人 …

キャリアコンサルタント実践の要領 83 | テクノファ

このコーナーは、テクノファのキャリアコンサルタント養成講座を卒業され、現在日本全国各地で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報などを発信しています。今回はM.Iさんからの発信です。 私がキャリアコンサルタントとしての活動を通して感じていることについてお伝えすることの第二弾です。今回は大学とのかかわりについて書いていきます。一般的に、大学でキャリアコンサルタントが担っている役割としては、 *キャリアセンター等で学生たちを対象にした相談業務 *キャリアデザイン科目等の講師 といったものが主な分野になるのではないでしょうか。 私は地元の私立大学で非常勤講師を担当させていただいています …

キャリコンサルタント実践の要領 62 | テクノファ

前回に続きキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、スーパービジョンのモデル実施及びアンケート・実施報告書の分析の部分の、今回のスーパービジョン実施後の自身の課題解決から記述します。 ②―3今回のスーパービジョン実施後の自身の課題解決 スーパービジョンのモデル実施に係るアンケート(スーパーバイジー:キャリアコンサルタント用)内の、「今回のスーパービジョン実施後の自身の課題認識」15項目について、平均値を計算した。回答は、「1:つながらなかった、2:あまりつながらなかった、3:どちらでもない、4:ややつながった、5:つながった、6:扱わなか …