実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 105 | テクノファ

投稿日:2021年9月4日 更新日:

キャリアコンサルティングの社会的意義
キャリアコンサルティングを学ぶ前提

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解しておかなければならない。

以上のような点を踏まえながら、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぶということはどういうことかについて概論的に述べる。

2.トップであることの意味
ところで、後から追いかけていた者が自分を追い越してしまった場合、追い越された者は追い越した者に対してその後も寛容な態度を続けるであろうか。答えは“否”である。

日本が瞬間ではあったが世界のトップになったときから、それまでと同じように欧米に期待することができなくなった。欧米は従来どおり日本の期待には応えなくなったのである。したがって、日本は自分で何とかしなければならなくなった。何も無いところに何かを創り出すという本当の創造性(creativity)を求められることになったのである。

しかし、残念ながら日本は「追いつき追い越せ」に懸命になったが故に、同じであることを重視し、見事な「金太郎アメ」は育てたが、個性や創造性あるいは異質性を排除し育てなかった。そのために、ナンバーワンになったとたんに成長が止まってしまった。これが失われた10年を招いた大きな要因でもあろう。

これは、これからの日本が真の個性、創造性を追求し育まなければならないことを意味している。ところが、日本企業の多くはトップになった後もそれ以前の経営感覚のままである。特にヒューマン・サイドに関してはその傾向が顕著である。日本が世界のトップになった後のことを想定していた経営者がどれだけいたであろうか。トップであるということは、自分がモデルであるということである。また、トップがトップであり続けるということはどういうことかを認識していた経営者はごく少数であり、その企業はバブル崩壊後も世界のトップの座を堅持し続けている。しかし、残念ながらそのような企業はごく少数に過ぎない。しかも、そのような企業は、これまで特別視されてきたのが実情であろう。もし、いわゆる日本的経営が普遍的に有効なものであるならば、日本はトップであり続けられたはずである。

トップであり続けるためには、真の意味での創造性が絶えず求められる。真の創造とは、ゼロから何かを生み出すことである。そして、創造性の源は個性であり、個性とは一人ひとりの違いである。日本企業の場合、個性重視と言いながらも本当に一人ひとりに目を向けてきたのであろうか。個性を重視するということは個を重視するということである。本当に個が重視されてきたであろうか。逆に、多様性や異質性は無視され否定され、平等と同質性、等質性だけが大切にされてきたのが実態であろう。それが証拠に、新卒者に求めたのは金太郎アメになることであった。無色透明であることが求められ、特色のある者は排除された。会社が思い通りの色に染め上げてきた。その結果、言われたことは忠実に実行するが自分で考えて行動する者がいなくなったのである。
(つづく)平林

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 108 | テクノファ

キャリアコンサルティングの社会的意義 キャリアコンサルティングを学ぶ前提 キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉の概念は、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解 …

難病対策|キャリコン実践の要領30テクノファ

キャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。 ■ 難病対策について 難病対策については、1972(昭和47)年10月に策定された「難病対策要綱」に基づき本格的に推進されるようになって40年以上が経過した。その間、各種の事業を推進してきた結果、難病の実態把握や治療方法の開発、難病医療の水準の向上、患者の療養環境の改善及び難病に関する社会的認識の促進に一定の成果をあげてきた。しかしながら、医療の進歩や患者及びその家族のニーズの多様化、社会・経済状況の変化に伴い、同じような疾病であっても、医療費助成の対象となる疾病とならない疾病があり、疾病間で不公平感があるなど、様々な課題が指摘される …

児童育成人材|キャリコン実践の要領241テクノファ

キャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。 ■児童育成人材 子どもを育てながら働きたいという希望を実現するため、2025(令和7)年の保育所の利用児童数のピークに対応し、新たに約2.5万人の保育人材が必要である。 25~44歳の女性就業率は年々上昇し、それに伴い保育の利用申込者数も増加しており、保育所の利用児童数のピークは2025年となる見込みである。可能な限り早期に待機児童の解消を目指し、子どもを育てながら働きたいという希望を実現できるよう、病児や障害児、医療的ケア児、外国籍等の子どもの受入体制整備も含めて引き続き必要な保育の受け皿の整備に取り組む必要がある。2020(令和2 …

介護ロボット|テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。 (2)介護ロボット 生産年齢人口が減少していく一方、介護ニー ズが増大していく中で、介護人材の確保は喫緊の課題であり、介護職員の負担軽減を図りつつ質の高いサービスを効率的に提供することが求められています。 厚生労働省においては、経済産業省と連携し、移動介助や見守りなど重点的に開発等の支を行う分野を定め、介護ロボットの実用化や 普及の …

血液製剤の対策|キャリコン実践の要領33テクノファ

キャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。 ■血液製剤対策 (献血の推進について) 2020(令和2)年度の延べ献血者数は約504万人(対前年度比約11万人増、約2.3%増)であった。医療需要に応じて、日々計画的に採血を行っており、毎年、安定供給に必要な血液量が確保されている。一方で、10代から30代の若年層の献血者数は、この10年で約37%減少しており、全献血者に占める若い世代の割合は減少している。少子化で献血可能人口が減少している中、将来にわたり、安定的に血液を確保するためには、若年層に対する献血推進がこれまで以上に重要になっている。このため、厚生労働省では、若年層を主な対 …