実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 105 | テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルティングの社会的意義
キャリアコンサルティングを学ぶ前提

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解しておかなければならない。

以上のような点を踏まえながら、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぶということはどういうことかについて概論的に述べる。

2.トップであることの意味
ところで、後から追いかけていた者が自分を追い越してしまった場合、追い越された者は追い越した者に対してその後も寛容な態度を続けるであろうか。答えは“否”である。

日本が瞬間ではあったが世界のトップになったときから、それまでと同じように欧米に期待することができなくなった。欧米は従来どおり日本の期待には応えなくなったのである。したがって、日本は自分で何とかしなければならなくなった。何も無いところに何かを創り出すという本当の創造性(creativity)を求められることになったのである。

しかし、残念ながら日本は「追いつき追い越せ」に懸命になったが故に、同じであることを重視し、見事な「金太郎アメ」は育てたが、個性や創造性あるいは異質性を排除し育てなかった。そのために、ナンバーワンになったとたんに成長が止まってしまった。これが失われた10年を招いた大きな要因でもあろう。

これは、これからの日本が真の個性、創造性を追求し育まなければならないことを意味している。ところが、日本企業の多くはトップになった後もそれ以前の経営感覚のままである。特にヒューマン・サイドに関してはその傾向が顕著である。日本が世界のトップになった後のことを想定していた経営者がどれだけいたであろうか。トップであるということは、自分がモデルであるということである。また、トップがトップであり続けるということはどういうことかを認識していた経営者はごく少数であり、その企業はバブル崩壊後も世界のトップの座を堅持し続けている。しかし、残念ながらそのような企業はごく少数に過ぎない。しかも、そのような企業は、これまで特別視されてきたのが実情であろう。もし、いわゆる日本的経営が普遍的に有効なものであるならば、日本はトップであり続けられたはずである。

トップであり続けるためには、真の意味での創造性が絶えず求められる。真の創造とは、ゼロから何かを生み出すことである。そして、創造性の源は個性であり、個性とは一人ひとりの違いである。日本企業の場合、個性重視と言いながらも本当に一人ひとりに目を向けてきたのであろうか。個性を重視するということは個を重視するということである。本当に個が重視されてきたであろうか。逆に、多様性や異質性は無視され否定され、平等と同質性、等質性だけが大切にされてきたのが実態であろう。それが証拠に、新卒者に求めたのは金太郎アメになることであった。無色透明であることが求められ、特色のある者は排除された。会社が思い通りの色に染め上げてきた。その結果、言われたことは忠実に実行するが自分で考えて行動する者がいなくなったのである。
(つづく)平林

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリコンサルタント実践の要領 66 | テクノファ

このコーナーは、テクノファキャリアコンサルタント養成講座を卒業され、現在日本全国各地で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報などを発信しています。今回はM.Iさんからの発信です。 企業からの相談案件に【評価】を巡るものが増加傾向にあります。前回のメルマガに引き続き【評価】について考えてみます。前回は【時間軸】を通して評価の目的を見てみました。 今回はそれぞれの欲求と評価との関係を見てみようと思います。 欲求については「マズローの欲求5段階説」が広く知られています。 人の欲求は下位のものから「生理的欲求」→「安心・安全欲求」→「社会的欲求」→「承認欲求」→「自己実現欲求」と5つの …

キャリコンサルタント実践の要領 48 | テクノファ

今回はテクノファキャリアコンサルタント養成講座の卒業生小西理子さんの「私がキャリアコンサルタントになってできるようになった12のこと」を2回にわたってお伝えします。 私がキャリアカウンセラーになってできるようになった12のこと その2 ・時間の使い方を自分で決められるようになった 休息が必要であれば休息を取ればいいし、自分の仕事や希望があるなら、そのことに時間を確保するようになりました。仕事上で私がした工夫としては二つありましたが、自分のやりたいことにかかる時間の目安を立てて、それ以外のことは完成度よりも残りの時間の中で片付けるのを優先することと、明日に回して構わないことを今日残業してまでやら …

キャリアコンサルタント養成講座11 I テクノファ

今回は、職業相談の奥深さについて振り返ってみようと思います。当然ですが、職業相談に来られる方の目的は仕事の相談です。相談の目的が明瞭であれば、ご本人の意向や希望に沿ってマッチングや自己アピールの支援等を比較的順調に進めていくことができますが、このような例はごくわずかです。 相談の目的が仕事に関することであっても、具体的なビジョンが描けず、何をやっていいか分からない方が多くおります。ただし、食べていくために収入が無いのは困る、何か仕事はないでしょうかという相談から話が始まります。 インテーク(最初の面接)の中で、そのような心境状態に至った段階を理解するようにします。何をやったらよいか分からないと …

キャリアコンサルタント実践の要領 25 I テクノファ

前回に続き、キャリアコンサルタントの相談過程の6ステップの2番目、「仕事理解」支援について説明します。先に説明した職業理解・仕事理解をもとに、来談者にとってのキャリア開発・形成を考える際の仕事を単なるジョブではなく、広くワークという枠でとらえるようにキャリアコンサルタントは支援しなければなりません。 ■ワーク=ジョブではない キャリアは、働くこと(ワーク)を中心にした人生展開、あるいは人生の中の働くということに関わっている部分です。人生そのものといってもいいでしょう。ワークには報酬が伴う「ジョブ」と報酬は伴わないもの(典型的なものがボランテイア・ワーク)がありますので、 ジョブはワークに含まれ …

キャリアコンサルタント養成講座12 I テクノファ

生活保護受給者および生活困窮者への「就労支援」について 今回は「地方自治体やハローワーク」で行われている「生活保護受給者むけ就労支援」と「生活困窮者むけ就労支援」ついてご紹介したい、と思います。現在、我が国では様々な理由から生活保護を受けている人が200万人以上いるといわれ、その年代も60歳台が最も多く、次いで70歳台、50歳台が多くなっていて単身者が非常に多いのも特徴とされています。同様に、生活保護受給に至る前の段階の生活困窮者の数ははるかに多く具体的数は把握が困難の為か推定であっても公表されていないようです。こうした生活保護受給者、生活困窮者にはそれぞれに自立に向けた支援法が制定され、就労 …

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031