国家試験

キャリアコンサルタント国家試験合格  102 | テクノファ

投稿日:2021年9月8日 更新日:

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策が整備されてきていること、その制度施策にもとずく具体的な支援情報を、支援を必要としている人や支援する側の立場の人・組織に周知するサイトがあること、働きかた改革を推進するためには働く人のキャリア形成支援も重要であることから、キャリア形成支援におけるキャリアコンサルティングの役割が重視され、キャリアコンサルティングの質の向上や、キャリアコンサルタントの能力向上が図られていることなど、今まで主として働きかた改革に関連した事項を中心に説明してきました。

今回からは、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、説明します。今回はリカレント教育について、前回の続きから説明します。

〇事業主による人材育成への支援
■ 人材開発支援助成金
事業主が従業員に対して職務に関連した訓練を実施した場合や、新たに教育訓練休暇制度を導入して、教育訓練休暇を与えた場合に、訓練経費や制度導入経費等の助成が受けられます。

■ 生産性向上支援訓練
専門的な知見とノウハウを有する民間機関等に委託し、事業主のニーズに応じて、講義だけでなくグループワークなど効果的な演習を取り入れて実施する訓練です。また個別企業の課題に合わせてカリキュラムモデルをカスタマイズするオーダーコースを中心に、規模の⼩さな企業でも利⽤しやすいオープンコースも展開しており低コストで受けられます。

■ 企業内のキャリアコンサルティング(セルフ・キャリアドック)
企業内のキャリアコンサルティングの導入に向けて、無料でキャリアコンサルタントによる試行的なキャリアコンサルティングや相談支援を受けることができます。

関連情報
〇経済産業省における取組
■ 巣ごもりDXステップ講座情報ナビ
近年のデジタルスキルの必要性やコロナ禍における社会人の学び直しの意欲の高まりを背景として、「巣ごもりDXステップ講座情報ナビ」を開設し、デジタルスキルを学び始めたい方に向けて、無料のオンライン学習コンテンツを紹介しています。
■ 情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験
「情報処理の促進に関する法律」に基づき、ITに関する「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定することを通じ、知識・技能の向上、IT人材の育成・確保のために、国家試験として実施しています。また、ITパスポート試験(情報処理技術者試験の試験区分のひとつ)については、ITを利用・活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験として、通年で実施しています。
■ 第四次産業革命スキル習得講座認定制度
IT・データを中心とした将来の成長が強く見込まれ、雇用創出に貢献する分野において、社会人が高度な専門性を身に付けてキャリアアップを図る、専門的・実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定しています。

〇文部科学省における取組
■ マナパス
「いつでも・どこでも・誰でも」学べる社会に向けて、社会人の学びの情報を紹介しています。
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

長時間労働の削減に向けた取組|テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、メンタルヘルス、自殺・過労死、ハラスメント等に関する知識、資料について説明していますが今回は、令和3年版過労死等防止対策白書について前回の続きから説明します。 2 大綱の変更のポイント ア 課題と対策の方向性 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、人手不足の状態となった医療現場や一部の職場で過重労働が明らかになるなど、新型コロナウイルス感染症への対応や働き方の変化による過労死等の発生防止が必要であること。 ウィズコロナ・ポストコロナの時代の新しい働き方であるテレワーク、副業・兼業、フリーランスにつ …

キャリアコンサルタント検定試験2 I テクノファ

キャリアコンサルティングという専門的支援が必要となったのは、バブル崩壊があったからです。それまで日本企業においてその成長を支えていたのは年功序列、終身雇用、企業内労働組合であったことは周知のことですが、 それが功を奏したのは、日本と日本の貿易相手国の経済成長が右肩上がりだったからです。右肩上がりの経済成長を前提にした日本企業の経済活動は、バブル崩壊によりその前提が崩れたために、企業は労働者の丸抱えができなくなり、大量解雇や事業の統廃合が始まりました。いわゆるリストラです。その結果、労働者は好むと好まざるとにかかわらず、自分の生き方や働き方は、自分の問題として自分で考えることを余儀なくされました …

障害者白書(その2)|キャリコン国家試験合格7テクノファ

キャリアコンサルタントが知っていると有益な情報をお伝えします。 ■障害者白書 障害者白書は障害者基本法に基づき、平成6年から政府が毎年国会に提出している「障害者のために講じた施策の概況に関する報告書」です。令和5年版障害者白書の、第2章 障害のある人に対する理解を深めるための基盤づくり、第3章 社会参加へ向けた自立の基盤づくり、についてその概要を次に説明します。 第2章 障害のある人に対する理解を深めるための基盤づくり (広報・啓発等の推進) 全ての国民が障害の有無によって分け隔てられることなく相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会が実現するよう国民の理解促進に努めること、また本基本計 …

セクハラ対策 | キャリコン国家試験合格246テクノファ

キャリアコンサルタントに必要な情報をお伝えします。 ■セクハラ対策 事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置等についての指針についてです。 男女雇用機会均等法では、セクハラ対策として事業主に雇用管理上必要な措置を講じることを義務づけていましたが、職場におけるセクハラは依然として大きな問題でした(都道府県労働局2018年度の男女雇用機会均等法についての相談では、1万9,997件のうちセクハラについての相談が約4割)。そのような状況において、セクハラの防止対策の強化等を講ずることを改正内容の一つとする、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する …

キャリアコンサルタント国家資格合格5I テクノファ

特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会では、「キャリアコンサルタント倫理綱領」を定め、キャリアコンサルタントに綱領を行動指針とすることを求めています。 前回(第1章)に続き、以下に「キャリアコンサルタント倫理綱領」を掲げます。  第2章 職務遂行上の行動規範 (説明責任) 第7条 キャリアコンサルタントは、キャリアコンサルティングを実施するにあたり、相談者に対してキャリアコンサルティングの目的、範囲、守秘義務、その他必要な事項について十分な説明を行い、相談者の理解を得た上で職務を遂行しなければならない。 (任務の範囲) 第8条 キャリアコンサルタントは、キャリアコンサルティングを行う …