国家試験

キャリアコンサルタント国家試験合格  104 | テクノファ

投稿日:2021年9月10日 更新日:

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策が整備されてきていること、 その制度施策に基づく具体的な支援情報を、支援を必要としている人や支援する側の立場の人・組織に周知するサイトがあること、働きかた改革を推進するためには働く人のキャリア形成支援も重要であることから、キャリア形成支援におけるキャリアコンサルティングの役割が重視され、キャリアコンサルティングの質の向上や、キャリアコンサルタントの能力向上が図られていることなど、今まで主として働きかた改革に関連した事項を中心に説明してきました。

今回からは、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、説明します。今回はジョブ・カード制度について、前回の続きから説明します。

〇ジョブ・カードの活用
ジョブ・カードは、「生涯を通じたキャリア・プランニング」のツールとして、労働者等の個人自らが、このサイト(ジョブ・カード制度総合サイト)で示す質問等を参考に、自己理解、仕事理解、職業経験の棚卸し、キャリア・プランの作成等を行い、ジョブ・カードに記入します。その際、記入に困る場合など必要に応じて、キャリアコンサルティング等の支援を受けます。また、自らのキャリア・プランを踏まえて、必要に応じて、公的職業訓練の機会の提供等の支援を受けるなどにより、職業能力開発を行い、訓練の成果等の評価をジョブ・カードに記入します。さらに、訓練の成果等の評価、職業経験等を記入したジョブ・カードの「職業能力証明」の機能を活用して求職時の応募に活用するなど、労働者等の中長期のキャリア形成にそって活用します。

このように、作成したジョブ・カードを活用し、キャリアコンサルティングや、職業訓練を受けることができます。また、これまでの職業経験や、免許・資格、学習歴、職業訓練機関や企業からの評価結果等をジョブ・カードに取りまとめ、自身の職業能力を証明する書類として求職活動で活用することができます。

そのほか、一部の職業訓練や教育訓練等を受講する際には、訓練受講の必要性をより明確にすること、また、訓練の効果を高める等の目的にジョブ・カードの作成が必要とされています。こうした訓練では、最後に訓練の成果を評価します。

〇ジョブ・カードの活用例
■労働者、求職者、学生などの場合
・生涯を通じたキャリアプランの作成
・就職活動やキャリア形成に活用
・訓練の受講に活用
■キャリアコンサルタントまたはジョブ・カード作成アドバイザーの場合
・ジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティングの実施
■訓練実施機関・企業の場合
・ジョブ・カードを活用した職業訓練
・ジョブ・カードを活用した職業能力の評価
〇ジョブ・カードの主なメリット
■労働者、求職者、学生の方等がジョブ・カードを作成する主なメリット
・自分の能力や職業意識を整理することができ、職業人生設計を容易にします。
・目標・職業能力開発の必要性が明確になり、職業能力開発の効果を高めることが期待できます。
・訓練の評価が明確化されることによって職業能力証明を容易にします。
・資格以外にも自分のPRポイントが明確になり、求職時の職業能力の証明を容易にします。(応募書類の準備、作成など就職活動に活用可能)
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

お仕事をお探しの方へ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は厚生労働省が運営する職業情報提供サイト(日本版O-NET)からキャリアコンサルタントが知っておくと良い知識について説明します。 ハローワークインターネットサービスは、厚生労働省が運営する情報提供サービスのWebサイトです。ハローワークで受理した求人情報だけでなく様々な情報を提供しています。パソコン、タブレット、スマホを使って情報の検索・閲覧をすることができます。 提供している情報について、ハローワークインターネットサービス利用案内のサイト https://www.hellowor …

医療従事者の勤務環境等を踏まえた取組|テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、メンタルヘルス、自殺・過労死、ハラスメント等に関する知識、資料について説明していますが、今回は前回に続き令和3年版過労死等防止対策白書について説明します。今回は、政府が過労死等防止対策推進法に基づき国会に年次報告した白書における、過労死等の防止のために講じた施策の実施状況報告について、白書の項目3.啓発、の内容を前回の続きから説明します。 3 啓発 3.10 勤務環境等を踏まえた取組の推進 (3)医療従事者 国民が将来にわたり質の高い医療サービスを受けるためには、長時間労働など厳しい勤務環境に置かれて …

いのち支える自殺対策推進センター|キャリコン国家試験合格235テクノファ

キャリアコンサルタントに必要な情報をお伝えします。 ■いのち支える自殺対策推進センター 〇いのち支える自殺対策推進センターは、「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現を目指すため、自殺対策を推進し、そのために必要なあらゆる関係者との協働を模索しつつ、常に自殺対策の現場を意識しながら、「先進的なモデル」作りを意識し、効果的かつ効率的に事業を推進するための研究や検証の強化を行っています。 いのち支える自殺対策推進センターホームページより引用して活動内容などを説明します。 〇いのち支える自殺対策推進センターの活動方針 1 我が国の自殺総合対策における「ハブ(つなぎ役)」の役割を果たす。 2 「 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 51 | テクノファ

今回は、キャリアコンサルタントのキャリアコンサルティング業務に係る働き方改革で、働き方改革関連法で改正された「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」の改正項目を説明します。 短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(題名改正、短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律) 改正項目 題名が、短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律に改正された。 短時間・有期雇用労働に対する基本的理念が新設された。 短時間労働者から、短時間・有期雇用労働者に改正された。 就業規則の作成変更時に職場代表者の意見を聴くよう努めることが新設された。 有期雇用労働者に対して、 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 19-2  I テクノファ

前回は労働契約法についてでしたが、今回は労働基準法について説明します。 前回の流れを簡便に以下に記します。 新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」の適用は、2020年度(令和2)からの試験となっています。 新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」に焦点を合わせて、分野ごとに過去問を中心に勉強をしていきたいと思います。 キャリアコンサルタントが知るべき労働法規について解説します。 【過去問勉強 その1】 労働法規 【問 あ】労働関係法規の規定に関する次の記述の …