国家試験

キャリアコンサルタント国家試験合格 106 | テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策が整備されてきていること、その制度施策に基づく具体的な支援情報を、支援を必要としている人や支援する側の立場の人・組織に周知するサイトがあること、働きかた改革を推進するためには働く人のキャリア形成支援も重要であることから、キャリア形成支援におけるキャリアコンサルティングの役割が重視され、キャリアコンサルティングの質の向上や、キャリアコンサルタントの能力向上が図られていることなど、今まで主として働きかた改革に関連した事項を中心に説明してきました。

今回からは、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、説明します。今回はジョブ・カード制度について、前回の続きから説明します。

1 求人における活用(1)
ジョブ・カードを履歴書の追加資料などとして活用することにより、履歴書だけでは分かりにくい応募者の職業能力に関する情報を、決められた様式によって得ることができます。なお、応募書類として活用されるジョブ・カードの情報は労働者本人の意思により提出されるものです。本人の意思に反して提出を求めることはできません。

2 求人における活用(2)
雇用型訓練外部サイトへにおいてジョブ・カードを活用することにより、訓練成果を業界共通の「ものさし」によって訓練の評価をすることができます。また、一定の要件を満たす場合には、国からの助成金を受けられます。

3 在職労働者の職業能力の評価における活用
ジョブ・カードを活用して在職労働者の実務成果、職業能力を評価することにより、在職労働者のキャリア形成の促進、職業能力の見える化の促進を図ることができます。また、一定の要件を満たす場合には、国からの助成金を受けられます。

4 在職労働者へのキャリアコンサルティング等での活用
在職労働者の職業能力開発の促進のため、事業主によるキャリアコンサルティング、職業訓練等を行う場合、ジョブ・カードを活用することにより、訓練の必要性が明確になるなど、これらの取組みが一層効果的なものとなります。また、一定の要件を満たす場合には、国からの助成金を受けられます。

5 「求職活動支援書」の作成における活用
在職労働者(45歳以上65歳未満)が離職することとなり、事業主が高年齢者等の雇用の安定等に関する法律に基づく「求職活動支援書」の作成を行う場合に、ジョブ・カードの情報を活用することができます。また、45歳未満の離職予定の方に対しても同様の書面を交付することにより、円滑な求職活動を支援することができます。

〇ジョブ・カード作成の流れ
ジョブ・カードを作成する方法を決定
1.ジョブ・カード作成支援WEB/ソフトウェアを使って作成
ジョブ・カード制度総合サイトからジョブ・カード作成支援WEB/ソフトウェアを利用することで、ジョブ・カード作成支援機能や、履歴書出力機能を使用できます。

2.様式(PDF)を使って作成
印刷して手書きで作成するための様式です。

3.様式(Excel)を使って作成
特別なソフトをPCにインストールせずにMicrosoft Excelを使ってジョブ・カードを作成するための様式です。
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家試験合格 38-2 | テクノファ

労働法関係について「キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目6」には次のとおり書かれています。 6 労働政策及び労働関係法令並びに社会保障制度の知識 次に掲げる労働者の雇用や福祉を取り巻く各種の法律・制度に関し、キャリア形成との関連において、その目的、概念、内容、動向、課題、関係機関等について一般的な知識を有すること。 ① 労働関係法規及びこれらに基づく労働政策 ア 労働基準関係 労働基準法、労働契約法、労働時間等設定改善法、労働安全衛生法 イ 女性関係 男女雇用機会均等法、女性活躍推進法、パートタイム労働法(パートタイム・ 有期雇用労働法) ウ 育児・介護休業関係 育児 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 54 | テクノファ

キャリアコンサルタントが知っていなければならない労働関係法の勉強をしましょう。働き方改革関連法は、労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため、長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等を目的とした法律で、「労働基準法」、「労働安全衛生法」、「労働時間等の設定の改善に関する特別措置法」、「じん肺法」、「雇用対策法」、「労働契約法」、「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」、「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律」の8つの労働に関する法律の他に、関連する複数の法律 …

キャリコンサルタント国家試験合格 42 | テクノファ

面接開始の指示のもと冒頭のあいさつ場面から 今回はキャリアコンサルタント国家試験を受けた経験をN.A氏に語っていただきました。 【面接場面の再現】 クライエントの方と向き合いと、クライエントの方が首から下げていた名札をひっくり返して係員から氏名が書かれた表記になった。おそらく本名が書かれているのだろう。下の名前も書かれていた。 オープニングの挨拶はクライエントの方も主体的にしてくれる。こちらが話しかけないと何も言ってくれない、という感じではなくホッとした。 ようこそ相談にお越しくださいました、と私の方から始め、守秘義務のことも伝えた上で、さあお話お聞かせいただけませんか、と言ってスタート。 こ …

キャリコンサルタント国家試験合格 49 | テクノファ

前回まで(47,48)は、キャリアコンサルタントのキャリアコンサルティング業務に係る働き方改革と、働き方改革関連法で改正される法律の概要について説明しましたが、今回から働き方改革関連法により改正された労働法関係の法律の改正項目を、キャリアコンサルタントが知っていた方がよいという観点から法律毎に回を分けて説明します。 じん肺法 改正項目 労働者の心身の状態に関する情報の収集、適正な管理を事業者に求め、そのために事業者が講ずべき措置の指針を公表することが新設された。 下記条文のアンダーラインは働き方改革関連法により新設された条文、アンダーラインは影響のある変更のあった条文です。 (目的) 第一条  …

キャリコンサルタント国家試験合格 113 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策が整備されてきていること、 その制度施策に基づく具体的な支援情報を、支援を必要としている人や支援する側の立場の人・組織に周知するサイトがあること、働きかた改革を推進するためには働く人のキャリア形成支援も重要であることから、キャリア形成支援におけるキャリアコンサルティングの役割が重視され、キャリアコンサルティングの質の向上や、キャリアコンサルタントの能力向上が図られていることなど、今まで主として働きかた改革に関連した事項を中心に説明してきました。 今回からは、キャリア …

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31