国家試験

キャリアコンサルタント国家試験合格 107 |  テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策が整備されてきていること、その制度施策に基づく具体的な支援情報を、支援を必要としている人や支援する側の立場の人・組織に周知するサイトがあること、働きかた改革を推進するためには働く人のキャリア形成支援も重要であることから、キャリア形成支援におけるキャリアコンサルティングの役割が重視され、キャリアコンサルティングの質の向上や、キャリアコンサルタントの能力向上が図られていることなど、今まで主として働きかた改革に関連した事項を中心に説明してきました。

今回からは、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、説明します。

前回に続き厚生労働省のジョブ・カード制度総合サイト
https://jobcard.mhlw.go.jp/
と、そのリンク先に記載されているジョブ・カードに関連した説明内容を使って説明します。

〇ジョブ・カード作成のために使用、参照する情報等は
・ジョブ・カード制度総合サイトにアップされているリンク先の各種の情報
・ジョブ・カード記入例
・ジョブ・カード作成支援WEB/ソフトウェアの記入支援機能
・ジョブ・カード作成アドバイザーへの相談

〇LINE公式アカウントがあります
ジョブ・カードについての情報を定期的に配信しています。友だち追加することにより受け取ることができます。

〇キャリア形成サポートセンター(厚生労働省委託事業 令和2年4月ジョブ・カードセンターからキャリア形成サポートセンターに移行)について
キャリア形成サポートセンターのサイト

キャリア形成サポートセンター


から説明します。
キャリア形成サポートセンターは、「個人(在職者)の方」「企業・団体の方」「学校関係者の方」を対象に、ジョブ・カードを活用して様々なキャリア形成支援を無料で行っています。これにより、個人(在職者)の自律的なキャリア形成や、企業の組織活性化、生産性向上などにつながっていくことを目指しています。

■個人(在職者)支援
ジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティング
以下のような支援を目的として提供
・職場定着やキャリアアップに向けた支援
・自己理解・仕事理解を深める相談支援
・キャリア・プランの作成支援など
キャリアコンサルティングを受けることで以下のような効果が期待できる。
・これから開発・向上させていくべき職業能力が明確になる。
・会社から求められている職務・役割が自分の中で整理され明確になる。
・将来の見通しを立てることができ、今何をすべきかが明確になる。
・育児・介護などの家庭と仕事とのバランスが取れた働き方が明確になる。
・管理職定年や再雇用後のキャリアビジョンを考えることで、今の仕事に前向きに取り組むことができるようになる。

■企業・団体への支援、
ジョブ・カード活用、雇用型訓練、セルフ・キャリアドック導入を支援
・採用強化・マッチング向上に効果が期待できる。
・人材育成・人事評価が可能になる。
・社員のモチベーションアップ・定着促進に効果が期待できる。

■学校関係者への支援
ジョブ・カードを活用し学生のキャリア・プランニング、キャリア支援をサポート
・定期的・継続的な自己分析
ジョブ・カードを活用してこれまでの経験を振り返る事で、自分の強みや弱み、得意な部分や大切にしたい事が見えてきます。
・将来を見据えたキャリアデザイン
学生生活の節目ごとにジョブ・カードを読み返し振り返る事で、自分の軸が見え、就職活動時や卒業後のキャリアイメージが持てるようになります。
・コミュニケーション力向上
ジョブ・カードを活用したグループワークを通じて、伝えるスキルの向上、他者への理解が養われ、コミュニケーション力が高まります。
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家試験合格  104 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策が整備されてきていること、 その制度施策に基づく具体的な支援情報を、支援を必要としている人や支援する側の立場の人・組織に周知するサイトがあること、働きかた改革を推進するためには働く人のキャリア形成支援も重要であることから、キャリア形成支援におけるキャリアコンサルティングの役割が重視され、キャリアコンサルティングの質の向上や、キャリアコンサルタントの能力向上が図られていることなど、今まで主として働きかた改革に関連した事項を中心に説明してきました。 今回からは、キャリア …

キャリアコンサルタント国家資格合格 指導者レベル I テクノファ

「指導者レベルのキャリアコンサルタント」に求められる能力要件としては、厚生労働省の委託を受けた中央職業能力開発協会のキャリアコンサルティング研究会の報告にまとめられている指導ベルのキャリアコンサルタントの特長が参考になりますので、ここではその報告書で述べられている内容を記しておきます。 なお、これもキャリアコンサルティング技能検定1級試験における試験範囲になります。 基本的には次の能力が求められます。 ・キャリアコンサルタントティングの普及促進に指導的な役割を果たすこと。 ・労働市場インフラ(基盤)であるキャリア形成支援システムの中核を担うこと。 ・他のキャリアコンサルタントの模範として、相応 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 51 | テクノファ

今回は、キャリアコンサルタントのキャリアコンサルティング業務に係る働き方改革で、働き方改革関連法で改正された「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」の改正項目を説明します。 短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(題名改正、短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律) 改正項目 題名が、短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律に改正された。 短時間・有期雇用労働に対する基本的理念が新設された。 短時間労働者から、短時間・有期雇用労働者に改正された。 就業規則の作成変更時に職場代表者の意見を聴くよう努めることが新設された。 有期雇用労働者に対して、 …

キャリアコンサルタント国家資格合格7 I テクノファ

キャリアコンサルタント国家試験の出題範囲に関係する「キャリアコンサルタントの能力要件の見直し等に関する報告書」について話をしています。 厚労省報告書では、キャリアコンサルタントに共通して、今後求められる能力要件に関する具体的な検討に当たっては、キャリアコンサルタントを取り巻く様々な状況から、今後求められる社会的な役割等を明確にした上で議論することが必要ではないか、としてキャリアコンサルタントに今後求められる能力要件の前提となる社会的役割の重点等について次の通り提言しています。 1 近年のキャリアコンサルタント、キャリアコンサルティングに関連する制度・施策の整備等を踏まえ、その適正かつ効果的な運 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 14 I テクノファ

国家試験機関である「キャリアコンサルティング協議会」は、平成30年3月の「キャリアコンサルタントの能力要件の見直し等に関する報告書」に合わせて「キャリアコンサルタント試験の出題範囲」を改定しました。 新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」の適用は2020(令和2)年度からの試験となっています。 前回に続き「試験科目及びその範囲の細目」その2を説明します。 【キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目】 Ⅱ キャリアコンサルティングを行うために必要な知識 1 キャリアに関する理論 キャリア発達理論、職業指導 …

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31