国家試験

ジョブ・カード君他15種類の商標登録マーク

投稿日:2021年9月25日 更新日:

キャリアコンサルタント国家試験合格  108

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策が整備されてきていること、その制度施策に基づく具体的な支援情報を、支援を必要としている人や支援する側の立場の人・組織に周知するサイトがあること、働きかた改革を推進するためには働く人のキャリア形成支援も重要であることから、キャリア形成支援におけるキャリアコンサルティングの役割が重視され、キャリアコンサルティングの質の向上や、キャリアコンサルタントの能力向上が図られていることなど、今まで主として働きかた改革に関連した事項を中心に説明してきました。

今回からは、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、説明します。
前回に続き厚生労働省のジョブ・カード制度総合サイト
https://jobcard.mhlw.go.jp/
と、そのリンク先に記載されているジョブ・カードに関連した内容を使って説明します。

■拠点一覧
各県に拠点が設置されています。
〇ジョブ・カード君他15種類の商標登録マーク。
ジョブ・カード制度をさらに普及させていくため、「ジョブ・カードくん」等のマークを、商標登録済。
厚生労働省が提供するジョブ・カードに関するマークを活用することにより、キャリアコンサルティング、キャリア教育、人材採用、職業能力評価、職業能力証明などのキャリア形成支援に厚生労働省の推奨するジョブ・カードを活用していることを対外的にアピールすることができるため、社会的信用の向上につながります。これらマークを活用することで、以下の効果が期待されます。
・求職者や従業員等からの信用・信頼が高まる。
・社会的信用の向上にもつながることが期待される。
「ジョブ・カードくん他商標マーク使用規程」に基づき、「ジョブ・カードくん他商標マーク使用届」を厚生労働省に提出することで使用できます。

〇関連する施策
以下のような制度でジョブ・カードが活用されています。
・雇用型訓練
雇用型訓練とは、雇用した従業員を対象とした、企業内での実習(OJT)と、教育訓練機関等での座学等(Off-JT)を組み合わせた実践的訓練です。雇い入れ時の応募書類、訓練成果の評価シートとして、ジョブ・カードを活用しています。

雇用型訓練のうち、下記の訓練は人材開発支援助成金の支給対象となります。
・有期実習型訓練【特別育成訓練コース】
・認定実習併用職業訓練【特定訓練コース(雇用型訓練)】
・職業能力評価基準
ジョブ・カードを利用して職業訓練(雇用型訓練)に取り組む企業が活用できる、モデル評価シート及びモデルカリキュラム。仕事をこなすために必要な「知識」と「技術・技能」に加えて、「成果につながる職務行動例(職務遂行能力)」を、業種別、職種・職務別に整理したもの。

・公共職業訓練(ハロートレーニング)
ハロートレーニングは、希望する仕事に就くために必要な職業スキルや知識などを習得することができる公的制度です。訓練受講前や訓練期間中のキャリアコンサルティングにジョブ・カードが活用されています。
・教育訓練給付制度
働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるものです。専門実践教育訓練及び特定一般教育訓練の受講にあたって、ジョブ・カードが活用されています。
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

事業場におけるメンタルヘルス対策の取組み|テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、前回に続きメンタルヘルス、自殺・過労死、ハラスメント等に関する知識、資料について説明します。 ■事業場におけるメンタルヘルス対策の取組事例集 厚生労働省の資料 https://www.mhlw.go.jp/content/000615709.pdf より引用説明します。 〇事業場におけるメンタルヘルス対策の取組事例集とは メンタルヘルス不調は労働者だけでなく、職場や企業全体にも大きな影響を及ぼしかねないため、職場におけるメンタルヘルス対策が重要な課題となっていますが、メンタルヘルス対策に取り組む際の参 …

キャリアコンサルタント検定試験2 I テクノファ

キャリアコンサルティングという専門的支援が必要となったのは、バブル崩壊があったからです。それまで日本企業においてその成長を支えていたのは年功序列、終身雇用、企業内労働組合であったことは周知のことですが、 それが功を奏したのは、日本と日本の貿易相手国の経済成長が右肩上がりだったからです。右肩上がりの経済成長を前提にした日本企業の経済活動は、バブル崩壊によりその前提が崩れたために、企業は労働者の丸抱えができなくなり、大量解雇や事業の統廃合が始まりました。いわゆるリストラです。その結果、労働者は好むと好まざるとにかかわらず、自分の生き方や働き方は、自分の問題として自分で考えることを余儀なくされました …

介護するために休業した被保険者 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、社会保障に関して必要な知識、資料などについて前回の続きから説明します。 ・・・・・介護休業給付・・・ 家族を介護するための休業をした被保険者で、介護休業開始日前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある完全月又は介護休業開始日が令和2年8月1日以降であって、介護休業開始日以前の2年間に賃金支払基礎日数の11日以上の完全月が12か月に満たない場合は、賃金の支払の基礎となった時間数が80時間以上である完全月が12か月以上ある方が支給の対象となります。その上で、 ・介護休業期間中の各1か月毎に休業開始前の1 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 82 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りがある、働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたを可能にする制度・施策の一つとして、育児・介護休業法で規定している子の看護休暇、介護休暇の制度について前回の続きから説明します。 主なポイントを厚生労働省の資料 https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000355354.pdf からキャリアコンサルタント向けに説明します。 (2) この看護休暇は、あらかじめ制度が導入され、就業規則などに記載されるべきものであることに留意してください。 (3) 法令で定められている時間単位での取得は、始業の時刻 …

高年齢者雇用安定法|キャリコン国家試験合格4テクノファ

キャリアコンサルタントが知っていると有益な情報をお伝えします。 ■高年齢者雇用安定法 高年齢者雇用安定法は我が国において少子高齢化、労働人口の減少が課題となるなかで経済社会の活力を維持するため働く意欲がある誰もが年齢にかかわりなくその能力を十分に発揮できるよう高年齢者が活躍できる環境整備を図る目的で制定された法律です。昭和46年に「中高年齢者等の雇用の促進に関する特別措置法」として制定されましたが、名称変更を経て、少子高齢化が予想以上のスピードで進み労働人口の減少が社会問題となっていることなどを受けて改正を重ねています。 法律に定める雇用上のルールの要点を最近の重要な改正点を含めて次に説明しま …