基礎編・理論編

キャリアコンサルタント養成講座 109 | テクノファ

投稿日:

今回から、エドガー・H、シャイン著「組織文化とリーダーシップ」翻訳紹介の間に、横山さんの講演録を入れさせていただきます。この講演録は4回(その後のものを合わせると12回)にわたりますが、キャリアコンサルタント協議会で2008年に収録したものです。キャリアコンサルタントの方にはぜひ聞いていただきたいものです。

横山哲夫先生講演録 その2
戦争に負ける2~3年前からの記述であります。
自分は自分の進路としていきたくなかった技術系の学生でありました。
どうして行きたくないと言うと、お国にご奉公する方法は色々あったわけであります。けれども、2つの理由で最も自分の行きたくない方向へ、つまり私のキャリアの展開の一番最初の部分において、そういうところから始まったということになるわけであります。先ず自分の親父が、父親が職人的な技術者であって、もっと幅広い技術というものを自分でも欲しがっていたし、それが得られないということで色々と苦労をしたということもあり、息子も立派な技術者にしようということは早くから決めていたということがあります。

で、あのもう一つお国に尽くす道というのは戦争がますます不利になってくるという時代でありますから、いろいろな形のご奉公ができたわけでありますけれども、技術系の学生はその技術を持ってご奉公するということが求められていたと。ということで自分の好き嫌いや、或いは自分の適性を云々する前に、大きな時代の流れと親父の力の合わせ技でそういう状態に自分を置いたということなんですね。

何をやっても面白くないんですね。学校でやることが。2行目辺りに書いてありますけど、鬱的な状態。学校が面白くないのでどこへ行って何をしてたかというと、主とて図書館通い。図書館で何をやっていたかというとトルストイばっかり読んでいたのです。トルストイの特に晩年の作品に魅惑されて、そういうことを。それ以外は下宿で作ってくれた弁当を持って近くの山の上に上がって、弁当を食べて何か自分なりの支度をして帰ってくる。

特攻攻撃というのが始まる時代、ちょうどその時でした。ちょっと時が前後するかもしれませんけど、同じ歳の若者がどんどんお国のために死んでいくという時に自分に合わない領域にあるからといって何もせずに自分の好みである本を読みふけり、学業に全然励まないという存在を自分ながら大変疎ましく思っていたことを間違えない。指導教授は私と朝、顔を合わせると「おっ、元気かっ」いつも同じように労しい(いたわしい)顔で元気かと。実は教授は、私が自殺をするのではないかという風に見ていたらしいんですね。自分で死ぬつもりはまったく無かったんですけども、まあそういうふうに周囲から見られていた時に、非常に私をよく見てくれていた指導教授がその心配していたということを、後から聞かされたほど沈鬱な毎日。先の見えない毎日。明るい希望につながるようなものは何もないというような毎日。まあそういうところから、私の自覚をしたキャリアはスタートをしているわけです。

理工系、技術系の学生というのはその技術で動員をされます。
火薬工場だったんですけど、火薬工場で作業員をまあ徴用工という形でほうぼうから集めて来て、そのそうやって薬を作ると言うことをやっていたわけです。
待遇は、処遇は、技術将校の見習いというようなところで、まぁそれなりの職務をあたえられてやっていたんですが、どうしてもその職務も嫌で、工場の作業者が数百人いたわけですけども、その工場の作業者の生活管理の担当にしてもらいました。

実はその担当者というのは教育経営師範の学生がやっていた仕事ですが、やはり徴用され動員されてその仕事についていたのですけども、先に戦地に行きましたで空席ができた。それをやる者がいないということで専門の分野は違うけれども、どの技術系のグループでもいいからそういう仕事をやってくれる者はいないかという問い合わせがあって、私は一番先に手を挙げて工場作業者の生活管理の担当ということに転属を志望したのですが、それでそこに入れた。

言うなれば人事管理の真似事のような事ですね、まあ学生時代から人事曲がりのことをやったということになるわけです。生産に関係した火薬の生産に関係した技術的な指導よりか、それをその作業に携わる人たちの生活の管理相談相手ということでやっていたわけで、まあそれでお役に立ったと思うのは、工場内にいろんな仕事はもちろんあるわけでありますけれども、その配置あるいはその配置の転属ということの中で私の持っている知識、相談から得た情報などを提供することによって、その工場のマネジメント、つまり軍の佐官級の方がその工場長をやっておられるわけですけど、その満足と働く人の満足と両方が得られることに世の中にも貢献できたかな、つまり何かをしていてそれが貢献につながったということの思いというのを初めて人事管理の真似事をした時にまあ得られたということだけ、一つだけが、プラスを感じた状態だったかと思いますよ。

で、終戦。私の年齢は昭和の年号と数え年と同じなんですね。昭和20年。数え歳で20歳。非常に、あの、物忘れが進んでおりますけれども、これだけは忘れることがなくて覚えやすいわけでありますけども、そのところですべての環境が一変してしまいました。
敗戦の屈辱。その代わりにですね、一人一人の人間が自分の生き方働き方の自己決定をしていいんだと。そういうふうに事態が急変した訳ですね。多くの人が同じ感情を持ったんですけど、取り訳け私は申し上げたような状況の中で、強烈な明るさ、つまり先が見えるということはこんなに良いことか。敗戦の屈辱はもちろんありましたけれども、これで自由になった。これで何か自分のしたいことができる。自分のしたいことをやりながらお役に立つということが出来るんじゃないかということ。

何かよく分からないのだけれども、非常に強烈な明るさの近くというの、まざまざと自分で感じておりました。
(つづく)平林良人

-基礎編・理論編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント養成講座 23 I テクノファ

キャリアコンサルタントの相談実施6つのステップ 今回は、キャリコンサルタントの相談実施における6つのステップについて説明します。 キャリアコンサルタントの相談実施において、これらの6ステップすべてを実行するとは限りません。クライエントのニーズに合わせて必要なステップを実行します。ここでは、これらのすべてのステップに共通して求められるスキルについて説明します(具体的な6つのステップの説明は後に行います)。 すでに解説したように、キャリアコンサルティングにおける相談は、ガイダンスやカウンセリングなど他の相談と重なるところや類似するところがありますので、キャリアコンサルティングの特徴を理解しておく必 …

キャリアコンサルタント養成講座 164 | テクノファ

今回はキャリアコンサルタントが知っていると良いと思われる「組織文化とリーダーシップ」を紹介します。 本記事はエトガー・H・シャインの著作「組織文化とリーダーシップ」を横山先生が翻訳されたものです。横山先生はシャインがキャリアコンサルタントのために2006年来日した時の立役者(JCC:日本キャリア・カウンセリング研究会が招待した、彼と娘さんが来日した)で、東京、大阪でシャインが講演をする際にいつも同席し、そればかりか新幹線で京都案内までされて、ごくごく親しく彼の人柄に触れた唯一の日本人でありました。 横山先生の思想の系譜をたどるときには、エドガー・シャインにかならず突き当たるので今回から横山先生 …

キャリアコンサルタント養成講座 51 | テクノファ

テクノファで行っているキャリアコンサルタント養成講座は、民間教育訓練機関におけるサービスの質の向上のガイドラインである「ISO29990(非公式教育・訓練のための学習サービス- サービス事業者向け基本的要求事項)」のベースとなっているISO9001に沿って行われています。厚労省はISO29990を踏まえ、民間教育訓練機関が職業訓練サービス(キャリアコンサルタント養成講座)の質の向上を図るために取り組むべき事項を具体的に提示したガイドラインを発表しています。 以下、厚労省「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン(以下ガイドライン)」を紹介していきます。 (つづき) 4.4 記録及び …

キャリアコンサルタント養成講座 86 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリアコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に16年もの間先生の思想に基づいたキャリアコンサルタント養成講座を開催し続けさせていただきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現の …

キャリアコンサルタント養成講座 78 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリアコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に16年もの間先生の思想に基づいたキャリアコンサルタント養成講座を開催し続けさせていただきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現の …

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031