実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 114 | テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルティングの社会的意義
キャリアコンサルティングを学ぶ前提

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解しておかなければならない。

以上のような点を踏まえながら、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぶということはどういうことかについて概論的に述べる。

キャリア開発と適材適所
適材適所を考えない企業はないであろう。しかし、適材適所を実現することは簡単なことではない。なぜなら、適材適所とは「やりたい人で、しかもその仕事ができる人にその仕事をやってもらうこと」だからである。つまり、適材適所を実現するためには、一人ひとりが自分のやりたいことを明確にしていること、できるかできないかがわかっていること、そのことを会社が把握していること、が条件となる。

人間はやりたくない仕事をやっているときよりもやりたい仕事をやっているときのほうが、心的エネルギーを発揮しやすいことは自明の理である。そのためには、一人ひとりが自分は何をやりたいのか、どうしてそれをやりたいのかを明確にし、それを会社にきちんと伝える必要がある。そして会社はそれを参考にしながら観察を行ない、話し合いを行ない、会社の期待を伝えるということを行なわなければならない。ときには本人が望まないことをやってもらうこともあり得るし、できそうにないことをできるようになってもらわねばならないこともあり得る。しかし、その場合でも本人の納得が前提であることはいうまでもない。要は本人と会社との間でどれくらい丁寧にすり合わせができるかである。それができなければ、適材適所は縁遠いものとなるであろう。

また、自分がやりたいことを明確化するという作業は、同時に自分にとって働くことの意味・意義を追求することになる。自分から進んでやる気になるのは、その仕事が自分にとって価値があると感じたり、意味があると思えたりしたときである。これは、モティベーションの基本原則である。さらに、自分にとっての仕事の意味や価値は自分の将来にとって意味がある、あるいは価値があるということであろう。すなわち、それはキャリアに他ならない。

しかるに、日本企業の現状はどうであろうか。適材適所とはいってもそれはタテマエであり、ただのキャッチフレーズでしかないというのが実態であろう。それはこれまでの経営が初めに会社ありきであり、会社のための人事管理・人材育成であったためである。
(つづく)A.K

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 95 | テクノファ

このコーナーは、テクノファのキャリコンサルタント養成講座を卒業しキャリコンサルタントとして活躍している「キャリコンサルタント」からの近況や情報などを発信いたします。今回はS.Sさんからの発信です。 「人生の午後」~ 再構築に向けて ~ 今年も半分が過ぎてしまった。なんというか・・時間の感覚がおかしい。 「あはは、もう50歳になってしまったねえ・・どうすんだよ」と同年齢の友人と笑っていたのが昨日のことのようだが、いつの間に10年近い歳月が流れてしまっている。なんと早いことか・・どうやら、年齢を重ねるほどに時間感覚がどんどん短くなってゆくものらしい。 小学校の6年間は、とっても長かった。 中学の3 …

キャリアコンサルタント実践の要領 84 | テクノファ

前回に続き、キャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、組織視点を組み込んだキャリアコンサルティングの役割り拡大に対応するスーパービジョンについて説明します。 3.キャリアコンサルタントがカバーする新たな個人に対する支援領域 第二節では、クライアントに対する支援内容が心の悩みや不安に加えて、キャリア開発やキャリア形成が主たる対象領域となってきていることをまとめた。それでは、その領域において、具体的にクライアントに対する支援では、 クライアントのどのような側面に焦点を当てることが必要となるかを論じている。 (1) 元気・一歩の踏み出し、役割り …

キャリコンサルタント実践の要領 68 | テクノファ

前回に続きキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、現段階でのスーパービジョンの基盤整理のスーパービジョンの浸透の現実から記述します。 ・スーパービジョンの浸透の現実 スーパービジョンの重要性は上述のとおりであるが、キャリアコンサルタントがスーパー ビジョンを受けている状況を示す公的調査は見当たらない。そこで、一般財団法人ACCNが会員に対して実施したアンケート調査(調査期間:2019年12月26日~2020年1月16 日)をみると、次のような結果となっている。 調査は、会員3,167人に対しWEBを活用して実施し、器6人から回答(回収率 …

キャリコンサルタント実践の要領 69 | テクノファ

前回に続きキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、現段階でのスーパービジョンの基盤整理のスーパーバイザーによって指摘されたキャリアコンサルタントの課題例から記述します。 【スーパーバイザーによって指摘されたキャリアコンサルタントの課題例】 〇カウンセリング・スキル ・クライアントの語りや思いを受け止める前に、すぐに解決策を探し、自分本位の質問を繰り広げている。 ・クライアントが何を相談にきたかについて丁寧に聴いているが、話したことをそのまま受け止め、それが課題と判断しやすい。 〇カウンセリングのプロセス評価 ・傾聴を重視するあまり、話し …

キャリアコンサルタント実践の要領 94 | テクノファ

これまで説明してきた、多様で柔軟な働き方を推進する制度・施策、サポート環境の整備に伴い、人々の働き方、生活はいままでにも増して多様化し、キャリアコンサルタントの活動の場が広がると同時に、多様化する課題に対する実践力等の資質向上が求められています。 厚生労働省では、令和3年6月に「働く環境の変化に対応できるキャリアコンサルタントに関する報告書」を公表し、キャリアコンサルティングの普及促進とそれを支えるキャリアコンサルタントの実践力等の資質向上などについて提言を行っています。その内容を構成労働省資料から説明します。 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_19202. …

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031