実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 115 | テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルティングの社会的意義
キャリアコンサルティングを学ぶ前提

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解しておかなければならない。

以上のような点を踏まえながら、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぶということはどういうことかについて概論的に述べる。

MBOとキャリア開発
ところで、「個と組織の共生」を支えるもう一つの重要な要素にMBO(目標による管理)がある。これは、成果主義の成否とも大いに関連がある。日本の企業ではMBOが単なる評価制度と誤解されている面がある。MBOはD.マグレガーのいうY理論的人間観に基づいて企業の中で仕事と人を統合して考え、仕事を通して一人ひとりが成長できるような経営を目指そうという経営のコンセプトであり、単なる評価制度ではない。一人ひとりが自分にとっての仕事の意味・価値を考え、成果とは何かを考え、自分の役割は何かを的確に把握することで仕事と自分の距離が縮まり、自分の仕事を主体的に受け止められるようにしようとするトータルなマネジメント・プロセスである。つまり、MBOというのは各自の仕事が各自にとって意味のあるものであるべきだとする経営のコンセプトそのものである。この文脈において、MBOも「個と組織の共生」を目指すものなのである。評価制度は、成果・結果をその企業としてどのように評価していくか、その方法を体系化したものである。

成果主義を唱えながら長期的な視野に立った目標設定ができなかったり、社員一人ひとりの納得性が得られなかったりするのは、MBOの本質を理解できていない証左である。ちなみに、MBOの本質を理解できている企業においては、上司と部下との間で評価についてもめることは無い。なぜなら、目標においてお互いが合意・納得し合っているからである。

個人のニーズと組織のニーズを丁寧にすり合わせることは、キャリア開発においてもMBOにおいても、基本中の基本である。お互いが納得いくまで話し合いをやっていないと、キャリア開発もMBOもうまくいかない。お互いが納得のいく話し合いができるためには、ヒューマン・スキルを身につける必要がある。十分なヒューマン・スキルの訓練が行なわれていないとまともな話し合いにはならないので、制度が形骸化してしまうことが多い。

このようなすり合わせの際に、組織の側には長期・中期・短期の計画があるように、個人の側にも長期・中期・短期の計画、すなわちキャリア・プランが必要である。これがなければ、すり合わせにならないからである。MBOとキャリア開発で異なるのは、MBOが比較的短期でとらえるのに対してキャリア開発は長期でとらえるという点である。MBOにおいては成果・結果を評価して処遇や配置に反映させようとするためである。評価の対象期間が最長でも1年となっているのは、企業の会計年度が1年となっているからに他ならない。したがって、目標の設定が1年の仕事を対象とするものでないことはいうまでもない。
(つづく)A.K

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 106 | テクノファ

キャリアコンサルティングの社会的意義 キャリアコンサルティングを学ぶ前提 キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解 …

キャリアコンサルタント実践の要領 41 | テクノファ

2級コンサルティング技能士検定の試験について前回の続きです。前回も説明しましたが、実技(面接)試験の詳細についてお話しします。 面接試験は、口ールプレイ形式の面接20分と、その後の口頭試問10分で構成されています。 ■試験官2名の前で口ールプレイ形式の面接を行う 面接試験は、まず、ロールプレイ形式で始まります。試験官2名を前に、相談者役の人と20分間の面接を行います。相談者候補の相談内容、簡単なプロフィールなどの相談ケースは、受検票などと一緒に送られてきます(送られた5ケース の中から1ケース出題されます)。当日どのケースの相談者と面接をするかは、面接室に入るまでわかりません。面接室に入った後 …

キャリアコンサルタント実践の要領 20 I テクノファ

テクノファのキャリアコンサルタント養成講座を卒業し、キャリアカウンセリングの実践で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報、及び実践の様子などをお伝えします。今回はM.Sさんです。 人は、いかに奇妙な家庭(特別な環境)で育ったとしても、本人にとっては「住み慣れた我が家」であり、そこで身につけた生活習慣は「ふつう」以外の なにものでもありません。 むろん他人の家庭がどのようなものかなどまったく知らないで育つわけですから、自分の家族に対しても何ら疑問が湧くことはなく、たとえ日々どんなに 過酷な状況下で暮らしていようとも、本人にとっては「ありふれた日常」でしかないのです。 よく言われる …

キャリコンサルタント実践の要領 83 | テクノファ

このコーナーは、テクノファのキャリアコンサルタント養成講座を卒業され、現在日本全国各地で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報などを発信しています。今回はM.Iさんからの発信です。 私がキャリアコンサルタントとしての活動を通して感じていることについてお伝えすることの第二弾です。今回は大学とのかかわりについて書いていきます。一般的に、大学でキャリアコンサルタントが担っている役割としては、 *キャリアセンター等で学生たちを対象にした相談業務 *キャリアデザイン科目等の講師 といったものが主な分野になるのではないでしょうか。 私は地元の私立大学で非常勤講師を担当させていただいています …

キャリアコンサルタントの活動領域3―教育領域他 I テクノファ

3 教育領域(学校における学生のキャリア開発・形成および就職相談) 「キャリアコンサルティング研究会」では、教育領域として大学と専門学校のヒアリング調査をしています。大学では、キャリア教育部会におけるヒアリング時に併せて行っており、キャリアコンサルタント活用側として 8 大学を対象とし、 その8大学で活躍するキャリアコンサルタント 20 名に調査を実施しています。専門学校では、 キャリアコンサルタント活用側として 1つの専門学校を対象とし、キャリアコンサルタント2 名を対象としています。期待される「役割」、必要な「能力」、「育成策、キャリア・パス」等について、アンケートを取っています。対象とな …

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031