国家試験

キャリアコンサルタント国家試験合格 114 | テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策が整備されてきていること、 その制度施策に基づく具体的な支援情報を、支援を必要としている人や支援する側の立場の人・組織に周知するサイトがあること、働きかた改革を推進するためには働く人のキャリア形成支援も重要であることから、キャリア形成支援におけるキャリアコンサルティングの役割が重視され、キャリアコンサルティングの質の向上や、キャリアコンサルタントの能力向上が図られていることなど、今まで主として働きかた改革に関連した事項を中心に説明してきました。

今回からは、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、説明します。

今回はVRTカードについて説明します。
独立行政法人労働政策研究・研修機構のサイト
https://www.jil.go.jp/institute/seika/vrtcard/index.html#m1
を参考にして説明します。

VRTカードは、前回説明した職業レディネス・テストの、職業興味と職務遂行の自信度を測定する各検査項目を1枚ずつのカードに印刷した54枚のカードに書かれている仕事内容への興味や、その仕事を行うことについての自信を判断していくことで、興味の方向や自信の程度が分かるテストです。親しみやすく、扱いやすいキャリアガイダンスツールで、いわば職業レディネス・テスト(VRT)をカード化した簡便な職業興味検査ツールといえるものです。

〇VRTカードの特徴
・職業興味・職務遂行の自信を簡便に測定できます
職業興味や自信の有無をカードの分類という形で調べるので、机があればどこでも簡単に実施でき、結果の整理も容易です。分類に要する時間は、利用者が一人で行う場合は平均約3分、実施者読み上げ方式でも約10分です。
・使い方を自由にアレンジできます
利用者自らがカードを分類し興味や自信を調べるという使い方の他に、教師と生徒、カウンセラーとクライエントが対話をしながら使う、あるいは教室で生徒同士が交代で実施するなどにより、実施者と受け手の相互コミュニケーションを図るツールとしても利用できます。
・テストとしての圧迫感を与えず、楽しく実施できます
カードを分類することで対象者の特性を調べる方法のため、紙と鉛筆を使う検査よりも心理的な緊張感が少なく、構えず楽しく実施できます。また、実施後の結果説明や感想を聞く場面でも、実施者と受け手がスムーズに会話を進めることが期待できます。
・心理検査「職業レディネス・テスト」の信頼性を保持しています
VRTカードは、職業レディネス・テストという標準化された心理検査の項目に基づいて作成されたツールであり、一定の信頼性が保証されています。また、検査結果の尺度は、世界中で様々な実証研究がなされているホランドのRIASECモデルに基づいて構成され、その信頼性、妥当性が保証されています。

〇VRTカードの内容
VRTカードのおもて面には、1枚につき1つの職業の職務内容を記述する短い説明が、うら面には、(1)おもて面に記述されている職務内容に対応した職業名、(2)ホランドの職業興味の6領域(RIASEC)に関する情報、(3)基礎的志向性の3分類(DPT)に関する情報が書かれています。

〇VRTカードの使い方
VRTカードの職務内容の記述または職業名を見て、その仕事をやってみたいかどうかの興味や上手くできるかどうかの自信で分類し、職業への興味や自信への方向性を測定します。
VRTカードはいろいろな使い方ができますが、実施者と受検者が1対1で行う実施方法が基本的な使い方です。

〇利用上の注意
・VRTカードは、心理検査「職業レディネス・テスト」の「職業興味」及び「職業遂行の自信度」の検査部分をカード化し、簡便に測定できるようにしたものです。しかし、本格的に職業に対する興味・関心や職務遂行の自信度を測定し総合的に解釈を行うとともに、個々の職業興味の発達という観点からその全体像を理解するためには、詳しく測定できる「職業レディネス・テスト」を用いる方が効果があります。
・VRTカードは、カードを使って作業をしながら、職業興味について、いろいろな形で対話したりコミュニケーションをしたりするためのツールです。
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家試験合格 63 | テクノファ

今回は、キャリアコンサルタントのキャリアコンサルティングにかかわりのある法整備、2021年4月1日に施行される改正「高年齢者雇用安定法」(高年齢者等の雇用の安定等に関する法律)について説明します。 「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」に関連して改正施行された法律では前回までに説明したように、下記の見直しが行われました。 1.労働時間法制の見直し(長時間労働の解消など) 2.雇用形態に関わらない公正な待遇を確保する法制の見直し(正規と非正規の格差の是正など) この見直しにより、定年退職後などの高年齢者の非正規就労時の賃金格差是正、多様な就労形態が可能になることなどにより、働き …

キャリアコンサルタント国家試験合格 121 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は厚生労働省が運営する職業情報提供サイト(日本版O-NET)からキャリアコンサルタントが知っておくと良い知識について説明します。 ハローワークインターネットサービスは、厚生労働省が運営する情報提供サービスのWebサイトです。ハローワークで受理した求人情報だけでなく様々な情報を提供しています。パソコン、タブレット、スマホを使って情報の検索・閲覧をすることができます。 提供している情報について、ハローワークインターネットサービス利用案内のサイト https://www.hellowor …

キャリアコンサルタント国家試験合格 36 I テクノファ

国家試験機関「キャリアコンサルティング協議会」は、平成30年3月の厚生労働省の見直しに合わせて「キャリアコンサルタント試験の出題範囲」を改定しました。新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」の適用は、2020年度(令和2)からの試験となっています。 ここでは、新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」に焦点を合わせて、分野ごとに過去問を中心に勉強をしていきたいと思います。 労働法規関係については「キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目6」 …

キャリコンサルタント国家試験合格 21-3  I テクノファ

― 過去問勉強 その3-3 労働法規 ― 国家試験機関「キャリアコンサルティング協議会」は、平成30年3月の厚生労働省の見直しに合わせて「キャリアコンサルタント試験の出題範囲」を改定しました。 新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」の適用は、2020年度(令和2)からの試験となっています。 過去問ではいろいろな法律の理解が問われます。キャリアコンサルタントを目指す方は、法律を理解するにまず(目的)第1条又はそれに準じる条文を読んでおくことが必要です。併せて、第2条以下の概要を把握しておきましょう。 【問 う】 労働保険、社会 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 65 | テクノファ

今回は、キャリアコンサルタントのキャリアコンサルティングにかかわりのある法整備、女性活躍推進法(女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)の制定、改正について説明します。 女性活躍推進法とは、男女共同参画社会の実現を指向しているにもかかわらず、職場における男女の格差が大きいことを背景に、女性の個性と能力が十分に発揮できるように環境を整備し活躍を推進して、豊かで活力ある社会の実現を図ることを目的とした法律です。2016年4月に10年間の時限立法として施行されました。 2019年5月29日、女性活躍推進法等の一部を改正する法律が成立し、2019年6月5日に公布、2020年6月1日から順次改正施 …

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031