国家試験

キャリアコンサルタント国家試験合格 115 | テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策が整備されてきていること、 その制度施策に基づく具体的な支援情報を、支援を必要としている人や支援する側の立場の人・組織に周知するサイトがあること、働きかた改革を推進するためには働く人のキャリア形成支援も重要であることから、キャリア形成支援におけるキャリアコンサルティングの役割が重視され、キャリアコンサルティングの質の向上や、キャリアコンサルタントの能力向上が図られていることなど、今まで主として働きかた改革に関連した事項を中心に説明してきました。

今回からは、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、説明します。

今回はVPI職業興味検査について説明します。
独立行政法人労働政策研究・研修機構のサイト
https://www.jil.go.jp/institute/seika/tools/VRT.html
より説明します。

  • VPI職業興味検査

〇概要
VPI職業興味検査の原版は、アメリカでホランドによって開発されたVPI(Vocational Preference Inventory)で、原版を日本労働研究機構(現独立行政法人労働政策研究・研修機構)が日本向きに翻案したものです。6つの興味領域(現実的、研究的、芸術的、社会的、企業的、慣習的)に対する興味の程度と、5つの傾向尺度(心理的傾向)(自己統制、男性-女性、地位志向、稀有反応、黙従反応)に対する個人の特性が測定され、プロフィールで表示される。

〇対象者
短大生、大学生以上。

〇所要時間
・実施時間 :15分~20分程度
・採点時間 : 5分程度

〇特徴
・160個の具体的職業名という簡単な素材を用いて興味の有無を回答するため、受検者が気楽に取り組むことができ、積極的な関心を引き出すことができます。
・職業を探索したり職業を選択するという行為を行っていくための動機付けや情報を提供します。
・実施・採点は簡便で受検者自身が自分で実施・採点できます。

〇興味を測定する6種の職業興味領域尺度は以下のとおりです。
・現実的興味領域(Realistic:R領域と略す)
機械や物体を対象とする具体的で実際的な仕事や活動の領域
・研究的興味領域(Investigative:I領域と略す)
研究や調査のような研究的、探索的な仕事や活動の領域
・芸術的興味領域(Artistic:A領域と略す)
音楽、芸術、文学等を対象とするような仕事や活動の領域
・社会的興味領域(Social:S領域と略す)
人と接したり、人に奉仕したりする仕事や活動の領域
・企業的興味領域(Enterprising:E領域と略す)
企画・立案したり、組織の運営や経営等の仕事や活動の領域
・慣習的興味領域(Conventional:C領域と略す)
定まった方式や規則、習慣を重視したり、それに従って行うような仕事や活動の領域

〇個人の特性(心理的傾向)を測定する5つの傾向尺度の名称とその内容は以下のとおりです。
・自己統制尺度(Self-Control:Co尺度) 自己の衝動的な行為や考えをどの程度統制しているかを示す。
・男性−女性傾向尺度(Masculinity-Feminity:Mf尺度) 伝統的な性役割にどの程度こだわっているかを示す。
・地位志向尺度(Status:St尺度) 社会的威信や名声、地位や権力をどの程度重視するかを示す。
・稀有反応尺度(Infrequency:Inf尺度) 職業に対する見方がどの程度ユニークであるかを示す。
・黙従反応尺度(Acquiescence:Ac尺度) どの程度幅広くさまざまな職業に関心を持っているかを示す。
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家試験合格 95 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りがある、働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたを可能にする制度・施策を説明してきました。続いて前回は様々な事情を抱えて、多様で柔軟な働きかたを必要としている、これまで説明してきた制度・施策の対象者である働く人たち、その人たちを具体的に支援する立場にある支援者やキャリアコンサルタントなどに対して必要な情報を提供している厚生労働省のサイトのひとつ「治療と仕事の両立支援ナビ」の「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」 https://chiryoutoshigoto.mhlw.go.jp/dl/guideline.p …

キャリアコンサルタント国家試験合格  124 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は厚生労働省が運営する職業情報提供サイト(日本版O-NET)にからキャリアコンサルタントが知っておくと良い知識ついて説明します。今回は職業能力開発促進法について前回の続きから説明します。 事業主等の行う職業能力開発促進の措置(第8条~第14条) ○事業主等の行う職業能力開発促進の措置について、その内容、方法、実施体制等について規定 〇事業主は、必要に応じ、雇用する労働者の職業生活設計に即した自発的な職業能力の開発及び向上促進に関する目標を定めることを容易にするために、情報の提供、キ …

キャリアコンサルタント国家試験合格 71 | テクノファ

キャリコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りがある、働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策について今回はテレワークについて説明します。 厚生労働省のホームページよりhttps://www.mhlw.go.jp/content/000553510.pdfを参考に説明します テレワークは労働者が情報通信技術を利用して行う事業場外勤務のことで、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であることから、子育て、介護と仕事の両立手段となるとともに、ワーク・ライフ・バランスに資することができ、多様な人材の能力発揮が可能となります。 一方、テレワークを行う上での問題や課 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 57 | テクノファ

2018年6月に可決、成立し7月に法律公布、改正された働き方改革関連法は順次施行されています。キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティング業務を行う上でかかわりがある法律の改正を伴うものです。この法律は多くの法律に関連していますが、キャリアコンサルタントが知っているべき主要な労働に関する8つの法律についての主な改正点は次のようになります。 1.第一条 労働基準法関係 ・フレックスタイム制の拡充 ・時間外労働の上限規制 ・年5日の年次有給休暇の確実な取得 ・高度プロフェッショナル制度の創設 ・月60時間超の時間外労働に対する割増賃金率引上げ ・労働条件の明示の方法 ・過半数代表者の選任 2. …

キャリアコンサルタント国家試験合格 85 | テクノファ

前回まで、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りがある、働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたを可能にする制度・施策について説明をしてきました、その中で高年齢者雇用、女性活躍推進に係る法律について説明しましたが、今回は高年齢者雇用、女性活躍推進とともに、少子高齢化対策に関係が深い青少年の雇用の促進等に関する法律(青少年雇用促進法、若者雇用促進法などと呼称されている)についてキャリアコンサルタントのために概略を説明します。 青少年の雇用に関する法律として、昭和45年交付の勤労青少年福祉法がありましたが、この法律の制定時の青少年の置かれた環境からは様変わりした少子高齢化 …