実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 120 | テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルティングの社会的意義
キャリアコンサルティングを学ぶ前提

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解しておかなければならない。
以上のような点を踏まえながら、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぶということはどういうことかについて概論的に述べる。

K.レビンの人間・環境関数モデル
K.レビンは、人間の行動をそれまでの刺激反応モデルでとらえるのではなく、人間の行動(B)は人(P)と環境(E)の関数としてとらえ、B=f (P,E)という公式で表した。これは、人間の行動変容はパーソナリティか環境のいずれか、またはその両方によって引き起こされるという意味であり、組織における人間の行動を理解する際の基本モデルとして有名なモデルとなっている。なお、ここでいう環境とは本人が認知する環境であり、主観的環境をいう。つまり、人間は自分が置かれている環境を認知し、それに基づいて目標達成のための行動を選択するというとらえ方である。

さらにレビンは集団力学を研究し、専制型、民主型、放任型という有名なリーダーシップの類型を発表している。この研究は、それまでのリーダーシップの研究が特性論から類型論に変わるきっかけとなった。

A.H.マズローの欲求5段階説
欲求理論の代表がマズローの欲求5段階説である。マズローは「人間は基本的に生理的欲求、安全・安定欲求、社会的欲求、自我・自尊欲求、自己実現欲求という5つの欲求を持っており、人間の全ての行動はいずれかの欲求を満たそうとするものである」という仮説を立てた。
この5つの欲求は階層構造になっており、低位の欲求がある程度満たされると上位の欲求が顕れてくる。そして、順次顕れてくる欲求を満たしていこうとすることが人間の成長であるとしている。またマズローは、この5つの欲求のうち生理的欲求、安全・安定欲求、社会的欲求の3つは欠如を補おうとする欠乏動機(deficiency needs)であり、自我・自尊欲求、自己実現欲求の2つは成長動機(growth needs)と呼び、欠乏動機が満たされると成長動機が主たる行動要因になる、としている。また、生理的欲求、安全・安定欲求、社会的欲求、自我・自尊欲求は周囲とのかかわりにおけるものであるのに対して、自己実現欲求は自分自身に対するものであるので、自己実現欲求には際限がない。

さらに、この欲求5段階説は個人のみならず国や社会あるいは組織にもあてはまるとされている。たとえば、最近では日本でも自己実現という言葉が普通に使われるようになってきているが、それは国としての経済発展がその背景にあるからであり、まさしくマズローのいう欲求の高度化現象に他ならない。この仮説によって一見バラバラに見える人間の欲求がわかりやすく体系化された。
(つづく)A.K

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 94 | テクノファ

これまで説明してきた、多様で柔軟な働き方を推進する制度・施策、サポート環境の整備に伴い、人々の働き方、生活はいままでにも増して多様化し、キャリアコンサルタントの活動の場が広がると同時に、多様化する課題に対する実践力等の資質向上が求められています。 厚生労働省では、令和3年6月に「働く環境の変化に対応できるキャリアコンサルタントに関する報告書」を公表し、キャリアコンサルティングの普及促進とそれを支えるキャリアコンサルタントの実践力等の資質向上などについて提言を行っています。その内容を構成労働省資料から説明します。 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_19202. …

キャリアコンサルタント実践の要領 24 I テクノファ

キャリアコンサルタントの行う相談過程には6つのステップがあります。一番目のステップは「自己理解」支援です。今回はキャリアコンサルタントの行う相談の第1ステップ、自己理解の支援について説明します。「I(アイ)メッセージ」やアセスメントなどを活用して、来談者が自己理解を深めるための支援をしていきます。 ■キャリアシートや「アイ(I)メッセージ」の手法を活用 先にキャリア開発・形成における自己理解とは何かを説明しました。本人とっての「自己理解」の意味を十分に理解したうえで、実際に来談者の職業興味や価値観などを明確にし、キャリアシートなどを活用して職業経験の棚卸し、職業能力の確認、個人を取り巻く環境の …

キャリアコンサルタントの活動領域5―地域領域 マザーズ I テクノファ

5 地域領域(地域職業相談室、マザーズコーナー) キャリアコンサルタントの活動の領域4つめは、地域領域です。代表的なものは、公共職業安定所が設置されていない市町村数百か所に設置されているふるさとハローワーク(地域職業相談室)です。ふるさとハローワークは国と市町村が共同で運営しており、職業相談、職業紹介等を行っています。利用料等一切無料です。「マザーズコーナー」として活動している女性の支援についてお話しします。 【地域職業相談室、マザーズコーナー】 日本では、女性は結婚などにより30代で労働力としては減少しますが、子育てが終わってからの再就職の意欲は強いと言われています。特に、出産前に行っていた …

キャリアコンサルタント実践の要領 20 I テクノファ

テクノファのキャリアコンサルタント養成講座を卒業し、キャリアカウンセリングの実践で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報、及び実践の様子などをお伝えします。今回はM.Sさんです。 人は、いかに奇妙な家庭(特別な環境)で育ったとしても、本人にとっては「住み慣れた我が家」であり、そこで身につけた生活習慣は「ふつう」以外の なにものでもありません。 むろん他人の家庭がどのようなものかなどまったく知らないで育つわけですから、自分の家族に対しても何ら疑問が湧くことはなく、たとえ日々どんなに 過酷な状況下で暮らしていようとも、本人にとっては「ありふれた日常」でしかないのです。 よく言われる …

キャリアコンサルタント養成講座4 I テクノファ

テクノファキャリコン養成講座を修了してから、私は毎日多くの相談を受けていますが、その中から1つ事例を紹介したいと思います。 会社内で仕事をする中で、辛いことは日々誰でもありますが、人間関係がうまくいかないことは、この上ない苦痛になります。 相談者は、40歳代の女性社員Aさん、物流会社のその職場は、新任の所長(50歳代男性)を筆頭に、男性2名(30歳代と40歳代)の4人の小さな営業所です。 所長は、打合わせや会議等でよく不在することが多く、相談者のAさんと2人の男性が日々の業務を主に担っていました。彼女は、経理を担当しており、また電話応対もこなしていました。 相談内容は、所長との人間関係がうまく …

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031