基礎編・理論編

キャリアコンサルタント養成講座 119 | テクノファ

投稿日:2021年11月3日 更新日:

今回は、エドガー・H、シャイン著「組織文化とリーダーシップ」翻訳紹介の間に、横山さんの講演録を入れさせていただきます。この講演録は2010年3月にキャリアコンサルタント協議会が収録したもので、連続した講演を4回に分けて紹介しますが、今回はその2回目をお送りします(2回を4日間に分けてお送りします)。この講演はACCN(オールキャリアコンサルタントネットワーク)もサポートしておりキャリアコンサルタントの方にはぜひ聞いていただきたいものです。

横山哲夫先生講演録 その 2

今はですね、追い風中の追い風。追い風中と言うのは、研究者が前面に強力な研究者は前面に出てきて、実務家を支えて下さるという状況になってきた。これ私は最大の追い風と思っております。
これで研究陣と実践をするところがお互いに、お互いに、切磋琢磨しながら日本のキャリア開発の進展ができるという風に思っておりますが、そこでまぁ客観的に見て、キャリア開発のような社会的な認知の状況はどうであったかということを用意しております。図を使ってご説明をしてみようかと思います。

8つの図があります。キャリア開発支援者と共有したい考え方という資料をお開き下さい。図の1番と6番のご説明をしてみたいと思います。
日本型の経営陣への確信というのをどういうことか、人材の多様化というのはどういうことだということを、その概念を図示して視覚によって概念の説明をしてみようという試みであります。

図の1番と6番を順番に1番から説明をしています。
日本型 HRM・HRD の動向と書いてあります。Human Resource Management ・ Human Resource Development
ご承知かと思いますけども、人事管理とか人材育成という言葉にあたる言葉でありまして通常、人事管理の用語はこういうことを使うという様に一応定着しています。
HRM・HRDの動向。この図は、もう20年近く十数年前になりますけれども国連のILO場所はジュネーブにありますけど、HRM・HRD の専門家会議というのがありまして、どういう選考基準か分かりませんけれども、私に出て来いということで行ってみて驚いたのはどの国も先進10カ国の会議なんですけど、どの国もイギリスもアメリカもフランスもドイツもですね、研究者と実務実践家が2人でペアーになって出席をされている。なぜか日本の私だけ一人でした。非常勤講師ということでいると大学に関わり合って学生の教育ということを、特にキャリア教育ということを中心にしての活動はしておりましたけれども、それにしても研究者と普及者の両方の役を兼ねるということなんかは至難の技なのでありますけれど、なぜか日本から私ひとりで。この図の説明をしました。

その会議の様子はもうちょっとご紹介をしてみたいと思ってますけどこの図をご覧いただきますとね、図の1番組織力ということを考えた場合、左側は組織力の維持・蓄積。キーワードは秩序であります。この図は色々と考えたり作り直したりしては、自分で書いてみた図でありまして、そのジュネーブの会議では言葉の足りないところ、語学力の足りないところを図で補おうという魂胆でその時に書いていった図です。この通りではないんですけど、大体この様な感じの図を当時書き、また後から書き直してこの図になっておりますけれども、左側組織力の維持・蓄積キーワード秩序。右側組織力の核心・展開・維持している組織力、それをそのままでは組織の先行きはないわけでありまして、革新が必要だと。確信のキーワードは何かというところは、創意です。創造性ですね。

どういう所からそうでるって言ったら、これは主体的に自立的に生き生きとしている個人から出るということを意味に含ませておりますけれども、左右の説明はそれで終わりです。上下ライン管理者とHRM・HRDスタッフと書いてあります。
そして上は組織なんだか、どのラインの管理者部下を持ったラインの管理者であり、下はいわゆる広い意味での人事関係のスタッフ。HRM・HRDスタッフで、どう見えるかということは斜めに入っておりますドラム缶のような物。当時の私は石油会社の出身ということでドラム缶って関係ないんですけど、ドラムの様な形になったんですけれども、集団管理・小集団管理・個の管理。まあそれを一つのドラム缶の3つの部分としてみて、これはどんなものを収めるのだろうか。

例えば集団という所をご覧なりますと、これは労働力の維持蓄積の秩序という所に近い、この下の担当者は人事労務の担当者。集団管理の中身はですね、例えば労使関係管理であるとか総合的の労働条件管理であるとかね。平等、事実平等ということをキーワードにしたから、それを集団管理の視点という部分で日本型企業は伝統的にもっと強い部分であります。
人事管理といえば、これしかないのだ、位に思われた時代もあったくらい。小集団という風に変わって小集団管理。project team・タスクフォース・あるいはQCサークル・TQC・TQM全部それは小集団の管理の事項の中に入れましてですね、集団管理から小集団の管理。企業組織の責任者というものは決して小集団管理だけ安心していた訳ではなくて、この小集団の小集団管理・小集団活動の方まで伸ばしていった。責任の汎用を伸ばしていったのですね
(つづく)平林良人

-基礎編・理論編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家資格2 I テクノファ

厚生労働省のキャリアコンサルティング実施のために必要な能力要件の説明をしています。前回は、「Ⅰキャリアコンサルティングの社会的意義」~「Ⅱキャリアコンサルティングを行うために必要な知識、3.職業能力開発(リカレント教育含む)の知識」まで説明しました。今回は、「Ⅱキャリアコンサルティングを行うために必要な知識、4.企業におけるキャリア形成支援の知識」から説明を続けます。 4.企業におけるキャリア形成支援の知識 ・企業における雇用管理の仕組みについて理解していること。 -代表的な人事労務施策・制度の動向及び課題 -セルフ・キャリアドックをはじめとした企業内のキャリア形成に係る支援制度・ 能力評価基 …

キャリアコンサルタント養成講座 182 | テクノファ

私は横山先生と2004年に初めてお目にかかりました。当時テクノファはISOマネジメントシステムの研修機関として、JAB(一般公益法人日本適合性認定機関)の認定を日本で最初に受けた第三者審査員養成講座を開設しておりました。当時、ISOマネジメントシステム規格には心が入っていないと感じていた私は、その時に横山先生にキャリアコンサルタント養成講座立ち上げのご指導をお願いしました。 横山先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであるとキャリアコンサルタント養成講座の中で強調されていました。そして数多くの著書を世の …

キャリアコンサルタント養成講座 81 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリアコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に16年もの間先生の思想に基づいたキャリアコンサルタント養成講座を開催し続けさせていただきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現の …

キャリアコンサルタント養成講座 152 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は満3年になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリアコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に16年もの間先生の思想に基づいたキャリアコンサルタント養成講座を開催し続けさせていただきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現の …

キャリアコンサルタント養成講座 I テクノファ

テクノファという社名は、Technology Transfer(技術移転)をその由来とし、最初は国際規格ISOのマネジメントシステムを日本に紹介することからスタートしました。1994年にはJAB(日本適合性認定機関)から、ISO9001審査員研修機関の第1号認定を取得し、ISO9001審査員の研修事業を始めました。その後、企業組織の品質内部監査員の研修など多くのセミナー、コースの開発を行い、現在は年に約10,000人のお客様に全国で約100種類の研修を提供するに至っております。 当社は、その後環境ISO14001 、情報セキュリティISO27001、そして労働安全衛生OHSAS18001など、 …

2022年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031