国家試験

職業能力開発促進法について説明する

投稿日:2021年11月27日 更新日:

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は厚生労働省が運営する職業情報提供サイト(日本版O-NET)にからキャリアコンサルタントが知っておくと良い知識ついて説明します。今回は職業能力開発促進法について説明します。

職業能力開発促進法は、1969年に「職業訓練法」として施行され1985年に法改正がなされた際に職業能力開発促進法に名称が改められました。その後の法改正により、労働者の自発的な職業能力の開発・向上の促進、キャリアコンサルティングの定義、事業主によるキャリアコンサルティングへの配慮指針、2016年にはキャリアコンサルタント制度に関する規定などの改正が行われています。

職業能力開発促進法の概要を、厚生労働省職業能力開発局の資料
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000110382.pdf
と職業能力開発促進法条文により説明します。

目的(第1条)
○職業訓練及び職業能力検定の内容の充実強化及びその実施の円滑化のための施策並びに労働者が自ら職業に関する教育訓練又は職業能力検定を受ける機会を確保するための施策等を総合的かつ計画的に講ずること
○職業に必要な労働者の能力を開発し、向上させることを促進し、もって職業の安定と労働者の地位の向上を図るとともに、経済及び社会の発展に寄与すること

(定義)(第2条)
〇「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいう。

基本理念(第3条)
○職業能力開発の促進は、産業構造の変化、技術の進歩その他の経済的環境の変化による業務の内容の変化に対する労働者の適応性を増大させ、及び転職に当たっての円滑な再就職に資するよう、労働者の職業生活設計に配慮しつつ、労働者の職業生活の全期間を通じて段階的かつ体系的に行われること

〇労働者の自発的な職業能力の開発及び向上の促進は、職業生活設計に即して、必要な職業訓練及び職業に関する教育訓練を受ける機会が確保され、並びに必要な実務の経験がなされ、並びにこれらにより習得された職業に必要な技能及びこれに関する知識の適正な評価を行うことによつて図られなければならない。

〇労働者は、職業生活設計を行い、その職業生活設計に即して自発的な職業能力の開発及び向上に努めるものとする。

職業能力開発計画(第5条~第7条)
○厚生労働大臣は、職業訓練、職業能力検定その他職業能力の開発及び向上に関する基本となるべき計画(職業能力開発基本計画)を策定すること (第5条)
○都道府県は、職業能力開発基本計画に基づき、当該都道府県の区域内で行われる職業能力開発に関する基本となるべき計画を策定するよう努めること (第7条)
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

各コース助成共通の要件 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、前回の「人材開発支援助成金」の、コース別の人材開発支援助成金の項目の続きから説明します。 〇主な受給要件 各コース助成共通の要件(事業主) ・助成金の支給を受けようとする事業主は下記1から9のすべてに該当する必要があります。 1 雇用保険適用事業所の事業主であること。 2 労働局長が認定した制度導入・適用計画に基づき「その計画期間内に」人材育成制度を新たに導入し、その制度を雇用する被保険者に適用した事業主であること。 3 労働組合などの意見を聴いて事業内職業能力開発計画を作成し、雇用す …

公共職業訓練の効果|キャリコン国家試験合格45テクノファ

キャリアコンサルタント国家試験の対策を行ううえで、知っておくべき情報をお伝えします。 ■公共職業訓練の効果と課題に関する分析 これまで、労働者の主体的なキャリア形成やそれを通じた労働移動を促進する上で、労働者の自己啓発の重要性について言及してきた。本来、多くの国民が生活に不安を感じることなく働き続けるためには「失業なき労働移動」が行われることが望ましい。また、在職者に対する教育訓練給付等の制度の充実も、企業や労働者の生産性や付加価値を高める上で重要である。他方、一旦、失業状態になった者でも、外部労働市場を利用し、円滑に労働移動ができるよう、職業訓練等により新たにスキルを身につけ、早期に再就職が …

キャリアコンサルタント国家試験合格  21-4 I  テクノファ

ここまで説明してきたように、国家試験機関「キャリアコンサルティング協議会」は、平成30年3月の厚生労働省の見直しに合わせて「キャリアコンサルタント試験の出題範囲」を改定しました。 新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」の適用は、2020年度(令和2)からの試験となっています。 過去問ではいろいろな法律の理解が問われます。キャリアコンサルタントを目指す方は法律を理解するに、まず(目的)第1条又はそれに準じる条文を読んでおくことが必要です。併せて、第2条以下の概要を把握しておきましょう。 【問 う】 労働保険、社会保険に関する次 …

職場におけるハラスメント |キャリコン国家試験253テクノファ

キャリアコンサルタントに必要な情報をお伝えします。 ■職場におけるハラスメント対策マニュアル □このマニュアルは出産等に関するハラスメントやセクシュアルハラスメント対策の進め方、その際に参考となるツール、情報等を提供するもので厚生労働省が、ハラスメントの適切な予防や事案が起こった際の解決に活用できるように作成したものです。 次にマニュアルの概要を説明します。 □職場におけるハラスメントについて 〇職場におけるハラスメントの現状 都道府県労働局に寄せられる男女雇用機会均等法に係る相談件数は、厚生労働省「平成27年度 都道府県労働局雇用均等室での法施行状況」、厚生労働省「平成28年度 都道府県労働 …

技能の継承について | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は能力開発基本調査について、前回の続きから説明します。 ③ 職業能力評価の活用方法 職業能力評価を行っている事業所での職業能力評価の活用方法は、「人事考課(賞与、給与、昇格・降格、異動・配置転換等)の判断基準」( 82.1%)が最多となっており、次いで、「人材配置の適正化」(60.6%)、「労働者に必要な能力開発の目標」(44.7%)と続いている。 ④ 職業能力評価に係る取組の問題点 職業能力評価を行っている事業所のうち、職業能力評価に係る取組に問題を感じる事業所は68.3%であり …