国家試験

キャリアコンサルタント国家試験合格  124 | テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は厚生労働省が運営する職業情報提供サイト(日本版O-NET)にからキャリアコンサルタントが知っておくと良い知識ついて説明します。今回は職業能力開発促進法について前回の続きから説明します。

事業主等の行う職業能力開発促進の措置(第8条~第14条)
○事業主等の行う職業能力開発促進の措置について、その内容、方法、実施体制等について規定

〇事業主は、必要に応じ、雇用する労働者の職業生活設計に即した自発的な職業能力の開発及び向上促進に関する目標を定めることを容易にするために、情報の提供、キャリアコンサルティングの機会の確保その他の援助を行う。(第十条の三)

〇事業主は、職業能力の開発及び向上が段階的かつ体系的に行われることを促進するため、計画を作成するように努めなければならない。(第十一条)

〇事業主は、厚生労働省令で定めるところにより、「職業能力開発推進者」を選任するように努めなければならない。(第十二条)

国及び都道府県による職業能力開発促進の措置(第15条~第15条の5)
○事業主等に対する国及び都道府県による援助、助成等の内容について規定

国及び都道府県による職業訓練の実施等(第15条の6~第23条
○国、都道府県等の行う公共職業訓練について規定

事業主等の行う職業訓練の認定等 (第24条~第26条の2)
○事業主の行う職業訓練の認定等について規定

実習併用職業訓練実施計画の認定等 (第26条の3~第26条の7)
○実習併用職業訓練の実施計画の認定等について規定

職業能力開発総合大学校 (第27条)
○指導員訓練等を行うための職業能力開発総合大学校について規定

職業訓練指導員等 (第27条の2~第30条の2)
○職業訓練指導員の免許、試験、資格の特例等について規定

キャリアコンサルタントのキャリアコンサルタント試験、登録試験機関の登録、キャリアコンサルタントの登録、義務、名称について(第30条の3~第30条の29)
〇キャリアコンサルタント試験は、国家資格試験である。

〇厚生労働大臣の登録を受けた登録試験機関が、キャリアコンサルタント試験の実施に関する資格試験業務を行う

〇厚生労働省に備えるキャリアコンサルタント名簿に、登録を受けて、キャリアコンサルタントとなることができる。

〇キャリアコンサルタントは、キャリアコンサルタントの信用を傷つけ、又はキャリアコンサルタント全体の不名誉となるような行為をしてはならない。キャリアコンサルタントは、その業務に関して知り得た秘密を漏らし、又は盗用してはならない。

〇キャリアコンサルタントでない者は、キャリアコンサルタント又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない。

職業訓練法人 (第31条~第43条)
○認定職業訓練を行うことを主たる目的とする職業訓練法人について、設立根拠、人格、業務、登記等について規定

技能検定 (第44条~第51条)
○労働者の技能の向上とその経済的社会的地位の向上を図ることを目的として行われる技能検定について規定

中央職業能力開発協会 (第52条~第78条)
○中央職業能力開発協会について規定

都道府県職業能力開発協会 (第79条~第90条)
○都道府県職業能力開発協会について規定
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家試験合格 41 | テクノファ

前回に続きキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書に関して述べます。平成28年にスタートしたキャリアコンサルタント国家試験制度は今年令和3年には約5万人の人が資格保有者となり、キャリアコンサルタント国家資格制度は10万人保有者登録に向けて順調に進んでいると評価できると思います。一方で、数が増えると質が落ちるというすべての世界に共通の現象がキャリアコンサルタント国家資格制度にも忍び寄っているのではないかと危惧します。 今回は報告書の中の「スーパービジョンの形式等」について述べます。 スーパービジョンの形式等 ① スーパービジョンの形式は、スー …

キャリアコンサルタント国家試験合格 144 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は能力開発基本調査について、前回の続きから説明します。 (3)労働者に求める能力・スキルについて 企業の発展にとって最も重要と考える労働者の能力・スキルについて、管理職を除く正社員では、50歳未満では、「チームワーク、協調性・周囲との協働力」(52.8%)、「職種に特有の実践的スキル」(37.1%)の順で、50歳以上では、「マネジメント能力・リーダーシップ」(54.6%)、「課題解決スキル(分析・思考・創造力等)」(38.2%)の順で、それぞれ多くなっている。正社員以外では、「チー …

キャリアコンサルタント国家試験合格 145 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は能力開発基本調査について、前回の続きから説明します。 実施したOFF-JTの教育訓練機関の種類については、正社員、正社員以外ともに「自社」が最も高く、正社員では78.8%、正社員以外では86.7%となっている。次いで、正社員、正社員以外ともに、「民間教育訓練機関(民間教育研修会社、民間企業主催のセミナー等)」が続き、正社員では45.3%、正社員以外では21.0%となっています。 実施したOFF-JTの内容は、「新規採用者など初任層を対象とする研修」が76.4%と最も高く、「新たに …

キャリアコンサルタント国家試験合格 123 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は厚生労働省が運営する職業情報提供サイト(日本版O-NET)にからキャリアコンサルタントが知っておくと良い知識ついて説明します。今回は職業能力開発促進法について説明します。 職業能力開発促進法は、1969年に「職業訓練法」として施行され1985年に法改正がなされた際に職業能力開発促進法に名称が改められました。その後の法改正により、労働者の自発的な職業能力の開発・向上の促進、キャリアコンサルティングの定義、事業主によるキャリアコンサルティングへの配慮指針、2016年にはキャリアコンサ …

キャリアコンサルタント国家試験合格 63 | テクノファ

今回は、キャリアコンサルタントのキャリアコンサルティングにかかわりのある法整備、2021年4月1日に施行される改正「高年齢者雇用安定法」(高年齢者等の雇用の安定等に関する法律)について説明します。 「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」に関連して改正施行された法律では前回までに説明したように、下記の見直しが行われました。 1.労働時間法制の見直し(長時間労働の解消など) 2.雇用形態に関わらない公正な待遇を確保する法制の見直し(正規と非正規の格差の是正など) この見直しにより、定年退職後などの高年齢者の非正規就労時の賃金格差是正、多様な就労形態が可能になることなどにより、働き …

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031