国家試験

キャリアコンサルタント検定試験3 I テクノファ

投稿日:2020年8月4日 更新日:

「1.経済成長の変化」に引き続き、労働環境の変化についてお話します。

2.人口構造の変化と人口減少
人口構造の変化だけでなく出生率低下による人口減少、家計構造の変化、家族構成の変化、教育改革、社会環境の変化などの影響により、女性の社会的役割が変わり、女性の労働市場への参加が増えてくることになります。従来の企業は男性社会そのものでしたが、今や女性活躍社会の実現が求められています。
高齢化と少子化について、総人口に占める65歳以上の比率は総務省統計局資料によると次の通りです。

・1970年で7.1%

・1990年で12.1%

・2000年で17.4%

・2019年には28.4%

(将来予測)

・2025年には30%

・2040年には 35%

人口の減少については同じく総務省統計局資料によると次の通りです。

・1970年で約 1.05億人

・1990年で約 1.24億人

・2000年で約 1.27億人

・2008年の約1.28億人

(ピークから減少に転じ)

・ 2018年で約 1.26億人

(将来予測)

・2030年に約1.19億人

・2045年に約1.06億人

この総人口に占める65歳以上の比率の増加と少子化による人口の減少は、過去に例のない新しい事象で、労働市場にも大きな影響を及ぼしています。低賃金の若年者を大量に採用し、企業内で訓練し、昇進させ、定年まで雇用を保障する終身型の雇用慣行は、豊富な若年労働力の存在があってこそ可能な大量採用と、持続的でかつ急速な経済成長とが、際限なしに拡大していくことを前提にしています。ところが、若年労働者が減少し、経済成長が鈍化したために、終身型の雇用慣行は維持することができなくなってしまいました。ポストの減少は中高年者のリストラを招き、また若年労働力の不足を補うために経験者の中途採用が増加することになります。これは雇用の流動化であり、中高年者にとっても若年者にとっても入社して滅私奉公をすれば一生安泰ということではなくなったということです。自分で自分の仕事を考えて選択していくこと、つまり個人主導のキャリア開発が求められることになったということです。

3.情報(IT)化
電話やファックスあるいはコピーという情報の伝達・共有手段は、すべてコンピュータによる伝達・共有に変わり、それまでとは比較にならない速さで伝達され、膨大な量の情報を共有できるようになりました。世界中に点在する事業所がリアル・タイムで情報を共有できるようになり、ボーダーレス化、グローバル化が進みました。ITの進歩、情報化における変化は、個人の能力に対する評価を根底から変えてしまい組織構造の変化をももたらしました。すなわち、従来の日本企業ではチームとしての力 (チーム力)を能力としてとらえ、評価の対象としてきましたが、チーム力と同時に個人の能力を個別に見ていくことも必要になってきています。

経済の成熟化、経済成長の鈍化あるいは停滞、少子高齢化と人口減少、IT化などの変化は雇用関係の多様化、流動化を招き、1人ひとりの労働者は企業に自分の将来を委ねるのではなく、自分の将来は自分で考えるという個人主導のキャリア開発・形成を求められることになりましたが、ここで注意しなければならないことがあります。「個人主導のキャリア開発・形成」は、すべてを「個人の責任」とすることではありません。企業もいくつかの点で考え方やとらえ方を転換(パラダイム・シフト)し、個人のキャリア開発・形成を援助しなければなりません。

その1つが人材の活用です。「人材の活用」と掲げたときに、対象になる人の何を評価の対象とするかといえば、従事している仕事の中身が評価の対象とならなくてはなりません。そのためには、これまでのような集団管理だけではなく、1人ひとりに目を向ける個別管理も必要になります。さらには、成果主義の意味するところは何かという吟味・検討も必要です。仕事は1人ひとりにとって意味のあるものでなければならないのです。また、働き方改革の推進などによる労働の多様化への対応、女性活躍推進への対応などを行うために、従来の各種制度も根本的な見直しが必要でしょう。

職業紹介や人材派遣が自由化されたことも変化の一環です。これら人材サービスにおける変化は人材活用のための情報と選択肢の増加につながり、求人・求職の多様化・自由化をもたらし、労働市場の流動化を促進しました。さらに、海外からの帰国者の増加、外国人労働者の受け入れ増加、日本企業の海外進出など、文字通りのグローバリゼーションに伴う変化は着実に進行しているのです。

(つづく) A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家試験合格 51 | テクノファ

今回は、キャリアコンサルタントのキャリアコンサルティング業務に係る働き方改革で、働き方改革関連法で改正された「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」の改正項目を説明します。 短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(題名改正、短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律) 改正項目 題名が、短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律に改正された。 短時間・有期雇用労働に対する基本的理念が新設された。 短時間労働者から、短時間・有期雇用労働者に改正された。 就業規則の作成変更時に職場代表者の意見を聴くよう努めることが新設された。 有期雇用労働者に対して、 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 94 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りがある、働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたを可能にする制度・施策を説明してきました。続いて前回は様々な事情を抱えて、多様で柔軟な働きかたを必要としている、これまで説明してきた制度・施策の対象者である働く人たち、その人たちを具体的に支援する立場にある支援者やキャリアコンサルタントなどに対して必要な情報を提供している厚生労働省のサイトのひとつ「治療と仕事の両立支援ナビ」の「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」 https://chiryoutoshigoto.mhlw.go.jp/dl/guideline.p …

キャリヤコンサルタント国家試験合格 193 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、メンタルヘルス、自殺・過労死、ハラスメント等に関する知識、資料について説明しています。 ■メンタルヘルスアクショントレーナーの手引き メンタルヘルス対策に重点をおいた職場環境改善ファシリテータ(メンタルヘルスアクショントレーナー)の手引き -グループワークの進め方とファシリテータの心構え- 平成16年度厚生労働科学研究費補助金労働安全衛生総合研究事業 「職場環境等の改善等によるメンタルヘルス対策に関する研究」 職場環境改善のためのヒント集(アクションチェックリスト)作成ワーキンググループ編 資料より引 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 171 | テクノファ

キャリアコンサルタントがコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は学校教育制度とキャリア教育に関連する知識、資料などについて、前回の続きから説明します。 ■学校教育法 文部科学省資料 https://www.mext.go.jp/a_menu/kaisei/07101705/001.pdf より引用説明します。 学校教育法は教育基本法に基づいて、学校制度の基本を定めた法律です。学校教育法第1条で学校として規定する幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校、第百二十四条で規定する、第一条に掲げるもの以 …

キャリアコンサルタント国家資格合格3 I テクノファ

2016年にキャリアコンサルタント資格は国家資格になりましたが、キャリアコンサルタントの資格には3種類があり、国家試験も3種類の試験があることをお話ししてきました。 名称独占資格キャリアコンサルタントの方は、令和2年現在53,172名が登録されていますが、キャリアコンサルタント技能士の方は1桁少ない登録数になっています。 キャリアコンサルタント技能士資格を得るためにはキャリアコンサルタント技能検定試験に合格しなければなりません。現在技能士検定試験は、機械加工、建築大工やファイナンシャル・プランニングなど全部で130の職種(令和2年)で行われていますが、試験に合格すると合格証書が交付されて技能士 …