国家試験

キャリアコンサルタント国家資格合格 熟練レベル2I テクノファ

投稿日:2020年8月28日 更新日:

「熟練レベルのキャリアコンサルタント」に求められる能力要件として、中央職業能力開発協会のキャリアコンサルティング研究会の報告、1~3までを前回ご紹介しましたが、今回は4~9終りまでを説明します。

4.自己動機づけ
キャリアコンサルタントは、自分がなぜコンサルティング活動を行うのか、その活動が自分自身のキャリア開発上でどのように位置づけられているのか、具体的に行動で示すことが求められます。キャリアコンサルティング活動の推進に対して、キャリアコンサルタントとしての責任感を有し、常に自己を動機づけして自律的・積極的・前向きな態度を示していることが重要です。

5.来談者中心のスタンス
来談者中心(client-centered)をキャリアコンサルティングのすべての基本とし、来談者中心志向のかかわりを行っていることが重要です。システマティックに行うだけでなく、人に対する温かい気持ち、尊重する気持ちで接することができていること、及び来談者の主訴の理解に心を配り、それに焦点をあてた支援ができていること、並びにクライエントの力を信じ、助言が必要なときにも教えすぎないことなどが含まれます。
自分の人生の主人公は本人ですから、キャリア開発・形成はあくまでも個人主導であり、答えを出すのは本人である、というスタンスで来談者と向き合うことがキャリアコンサルティングの基本です。キャリアコンサルタントは来談者中心の理論を学び、実践できることが求められます。

6.積極的傾聴と建設的フィードバックの基本スキル
キャリアコンサルタントは専門家ですから、積極的傾聴の理論を学び、正式な訓練を通してそのスキルを習得していることが求められます。
そのためには、来談者の真の主張、悩みを感じ取り、理解したことを言語化して返すが、基本的には、来談者自身の成長(自己内省)を待つことができていること、また、自分が依拠する理論やスキルをきちんと習得し、これに基づく適切な支援を行うことができていることがポイントになります。

7.キャリアコンサルティングに関する準拠理論の理解、得意領域の構築
キャリアコンサルタントは、勘と経験に基づいて行動するのではなく、自分の考えや行動が理論的に裏づけられていて、なおかつそれを説明できることが求められます。
そのためには、
・カウンセリング理論
・発達心理学
・人的資源管理
・組織行動論
・労働法規など
キャリア開発・形成支援に必要な基本的知識やノウハウを体系的に習得しているとともに、他者に解説・説明できていることが必要です。また精通した領域を持ち、その領域のツールについて、効用や限界を理解していることも求められます。
キャリアコンサルタントは、勘と経験に基づいて行動するのではなく、自分の考えや行動が理論的に裏づけられていて、なおかつそれを説明できることが求められるわけです。

8.内省的実践と自己練磨(絶えざる学習)
キャリアコンサルタントは、コンサルティングには確定的な解答があるわけではないことを自覚し、自分の技量や資質を高める努力を怠らないことが求められます。
驕らず、自分を過信せず、継続して学習していること、失敗経験を反省するとともに、自身の力量を自覚し、自らの活動のフィードバックの機会を求めて、自己理解と行動改善に努めることが重要です。

9.組織化と連携
来談者を支援するための環境や体制づくりを行っていること、キャリア開発・形成支援のためのリソースを組織し、関係者と効果的に連携するとともに、支援のための人的ネットワークを構築することが大切です。
1人のキャリアコンサルタントができることには限界があります。 一方、キャリア開発・形成の支援は多面的な支援が求められますので、キャリアコンサルタントは自分の活動を補完するためのネットワークを持ち、そのネットワークを活用した適切な支援をすることが求められます。
標準レベルと熟練レベルの違いを、よりわかりやすく表現するなら、標準レベルのキャリアコンサルタントはキャリア開発・形成の支援を行う専門家としての入り口に立った人であり、熟練レベルのキャリアコンサルタントはベテランのキャリアコンサルタントということになるでしょう。キャリアコンサルティング技能検定2級試験は、このような熟練レベルのキャリアコンサルティング機能を十分に果たすことができているかどうかを判定するものです。
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家資格合格 10 I テクノファ

キャリアコンサルタント国家試験の出題範囲に関係する「キャリアコンサルタントの能力要件の見直し等に関する報告書」について話をしています。 厚労省報告書における、今後キャリアコンサルタントに求められる能力要件についての続きです。 (3)見直しに関する関係機関からのヒアリングを通じ把握した制度運用上の課題 上記(1)①及び②のとおり、能力要件の見直しについては、省令別表に基づくカリキュラムにより実施される養成講習のほか、キャリアコンサルタント試験に対して影響を及ぼすものであることから、養成講習実施機関及び登録試験機関の代表者からのヒアリングにおいて示された意見についても、見直しにおける1つの視点とす …

キャリアコンサルタント国家試験合格 77 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りがある、働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策のひとつである短時間勤務制度について前回の続きから説明します。 同法により定められた主なポイントを厚生労働省の資料https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000355354.pdf から説明します。キャリアコンサルタントが知っていると活動の幅が広がる知識です。 (5) 短時間勤務制度の手続については、一義的には事業主が定めることが可能ですが、適用を受けようとする労働者にとって過重な負担を求めることにならないよう配慮しつつ、育 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 107 |  テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策が整備されてきていること、その制度施策に基づく具体的な支援情報を、支援を必要としている人や支援する側の立場の人・組織に周知するサイトがあること、働きかた改革を推進するためには働く人のキャリア形成支援も重要であることから、キャリア形成支援におけるキャリアコンサルティングの役割が重視され、キャリアコンサルティングの質の向上や、キャリアコンサルタントの能力向上が図られていることなど、今まで主として働きかた改革に関連した事項を中心に説明してきました。 今回からは、キャリアコ …

キャリアコンサルタント国家試験合格 54 | テクノファ

キャリアコンサルタントが知っていなければならない労働関係法の勉強をしましょう。働き方改革関連法は、労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため、長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等を目的とした法律で、「労働基準法」、「労働安全衛生法」、「労働時間等の設定の改善に関する特別措置法」、「じん肺法」、「雇用対策法」、「労働契約法」、「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」、「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律」の8つの労働に関する法律の他に、関連する複数の法律 …

キャリコンサルタント国家試験合格 100 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りがある、働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたを可能にする制度・施策などについて回を重ねて説明してきましたが、様々な事情を抱えて、多様で柔軟な働きかたを必要とする、これまで説明してきた制度・施策の対象者である働く人たち、そのような人たちを具体的に支援する立場にある支援者やキャリアコンサルタントなどに対して必要な情報を提供している厚生労働省のサイトのひとつ、仕事と介護の両立支援サイトについて説明しましたが、今回は仕事と介護の両立支援に向けての具体的ツールを記述したサイトについて説明します。 厚生労働省ホームページ上の、このサイトの …

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031