基礎編・理論編

キャリアコンサルタント国家資格6 I テクノファ

投稿日:2020年8月24日 更新日:

「厚労省のキャリアコンサルタント国家資格合格」のまとめです。
厚労省の定める「キャリアコンサルタント3つのレベル」の説明前に、標準レベルになる前の入口レベルについて話します。この入口レベルは資格ではありません。
ただ、入口(導入)レベルは大切なことを含んでいますので最後に説明をいたします。

広い意味でのキャリアコンサルティング(企業における人材育成など)に関する基礎的な知識を持ち、なおかつ実践している人は既にキャリアコンサルタントの入り口にいます。企業における人材育成は、広い意味でのキャリアコンサルティングととらえることができます。たとえば、管理者が行う部下育成は、部下のキャリア開発・形成を支援することと捉えることができます。なぜなら、本来の部下育成とは、部下本人の意思とは無関係に企業が求める型にはまった人材に無理やり仕立て上げることではなく、部下本人の意思を尊重し、部下が自分の将来を自分の問題として考え、仕事を通して自分の将来像を実現できるように支援することだからです。

人は自分がやりたい仕事をやるときには、自分の能力を存分に発揮してできるだけよい仕事をしようとしますが、自分がやりたくない仕事を無理やりやらされるときには自分の能力を十分に発揮しようという気にはなりません。仕事にモティベーションが必要な理由はここにあります。モティベーションを持ってもらうには、部下から「自分はどういう仕事をしたいのか、なぜそれをしたいのか」を引き出し、できるだけ明確にしてあげる必要があります。そうすることによって、1人ひとりにとって仕事をすることが自分の将来のために大切なことになり、主体的で自律的で自立的な人材が育つことになります。このように、「やりたい人でかつできる人に、その仕事をしてもらうこと」、つまり適材適所を実践している管理者は、十分にキャリアコンサルタントの入口レベルと言えるでしょう。

入口レベルに不可欠なスキルとはどのようなものでしょうか。やむをえずやりたくない人にもやってもらわなければない場合や、できない人にもできるようになってもらわなければならない場合もありますが、それはいわば応用問題です。キャリアコンサルタントとして入口に立つには、相手の話をきちんと聴くことができるスキル(傾聴のスキル)が基本的な要件です。この「キャリコンサルタントの知恵袋」でも以前ドラッカーの「傾聴」について取り上げています(23回)が、相手の考えや気持ちをきちんと受けとめることができ、相手のことをきちんと理解することが入り口に立つ不可欠なスキルです。同時に、上司としての本人に対する期待や会社としての期待・考え・方針などをきちんと伝えることができれば申し分ありません。よく聞き良く語り掛けること、すなわち、コミュニケーション能力がキャリコンサルタントの入り口に立つ不可欠なスキルといえます。

しかし、部下や社員のキャリア開発・形成を支援する際に、さらに高い専門知識を基にした、もっと内的な支援が必要であると判断した場合には、自分だけで判断して行わず、標準レベルのキャリアコンサルタントと相談することが求められます。
このように、入口レベルでは人材育成に関する基本的な知識と職場での実践が求められます。そのためには、前述したような主旨の内容となっている企業内の管理者研修や教育機関が実施する管理者研修などを受講していることが推奨されます。ちなみに、大学のキャリアセンターなどにおける就職支援活動も本来はキャリアの支援活動であるべきですが、単に求人と求職をマッチングするだけのことではキャリアコンサルティングとは言えません。企業においても、本人の希望を何ら考慮せず、上司がただひたすら一方的に会社の期待に沿うことだけを部下に求めることは真の人材育成ではありませんし、キャリアコンサルティングに反する行いです。

(つづく)平林良人

-基礎編・理論編

執筆者:

関連記事

no image

キャリアコンサルタント養成講座15 I テクノファ

ー 傾聴とは積極的に聴くことである ー ドラッカーは近代経営学の父と呼ばれた人ですが、彼は経営者が効果的にマネジメントする8つの慣行を提案しました。その中に「最初に聴き、最後に話す」というものがあります。リーダーシップの本質は「信頼を獲得して結果を得ること」ですが、 信頼を得る行動で最大効果を生むものが聴くことであると述べています。驚くべきことに、多くの指導者は聴くことをうまくやれません。多くの調査で「指導者の聴く能力」は、評価項目で最も低いレベルに位置付けられています。最初に聴いて、最後に話しすることは大変重要なことです。 それはとても単純ですが、多くの人々はそれを理解することができません。 …

キャリアコンサルタント養成講座 21  I テクノファ

キャリアコンサルタントが知っているべき知識の一つとして、労働市場に関することを取り上げます。これからの日本の労働市場や若年者の意識の変化について解説します。 1.産業界における大きな3つのうねりとは 日本の労働市場を管理するための制度やメカニズムは、第二次世界大戦直後の戦後復興期のものがほとんどそのまま続いてきています。戦後における労働市場管理の命題は欧米に追いつくことであり、その前提は少ない雇用機会と弱い立場の労働者でした。そのために行政主導による労働市場管理となり、量的拡大と質的向上を国の命題として掲げ、集団主義に基づく護送船団方式によって発展してきたといえます。 日本の産業界は、好むと好 …

キャリアコンサルタント養成講座 30 I テクノファ

横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に14年もの間先生の思想に基づいたキャリコンサルタント養成講座を開催し続けさせてきました。 先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであるという鋭い分析のもと数 …

キャリアコンサルタント養成講座 83 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に16年もの間先生の思想に基づいたキャリコンサルタント養成講座を開催し続けさせていただきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のため …

キャリアコンサルタント養成講座 72 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に16年もの間先生の思想に基づいたキャリコンサルタント養成講座を開催し続けさせていただきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のため …

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031