国家試験

キャリアコンサルタント国家試験合格 157 | テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、社会保障に関して必要な知識、資料などについて前回の続きから説明します。

■上記法律の施行日
令和4(2022)年4月1日
〇公的医療保険制度
厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/iryouhoken01/index.html
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/newpage_20981.html
より引用説明します。

医療保険とは、病気やけがで医療が必要になった際に、保険に加入する被保険者が出し合ったお金から医療費の一部が支払われる制度です。日本では、「国民皆保険制度」を採っており、すべての国民が公的医療保険に加入しています。

■日本の国民皆保険制度の特徴
① 国民全員を公的医療保険で保障。
② 医療機関を自由に選べる。(フリーアクセス)
③ 安い医療費で高度な医療。
④ 社会保険方式を基本としつつ、皆保険を維持するため、公費を投入。

■医療保険の種類
医療保険制度は、大きくは 1.被用者保険、 2.地域保険、 3.後期高齢者医療制度(2008年からスタート)があります。
1. 被用者保険(職域保険)
企業や個人事業主等に雇われたサラリーマン等の会社員や公務員、さらには船員が含まれます。
被用者保険は、大きくは、(1)健康保険(一般被用者保険)、(2)特定被用者保険、に分かれます。
(1)健康保険(一般被用者保険)
サラリーマンとして民間企業に勤めている人とその家族が加入する医療保険制度です。
1) 組合管掌健康保険(組合健保)、2) 全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)があります。

1) 組合管掌健康保険(組合健保)
大企業やそのグループ企業の会社員及びその家族が加入する健康保険です。
2) 全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)
中小企業の会社員及びその家族が加入する健康保険です。

(2)特定被用者保険
特定被用者保険とは、公務員、私立学校の教職員、船員を対象とした医療保険です。
特定被用者保険には、1) 国家公務員共済組合、2) 地方公務員共済組合、3) 私立学校教職員共済制度、4) 船員保険、があります。

1) 国家公務員共済組合
国家公務員共済組合は、公務員のうち、国家公務員が加入する共済組合です。
2) 地方公務員共済組合
公務員のうち、地方公務員が加入する共済組合です。
3) 私立学校教職員共済制度
私立学校教職員共済制度は、私立学校の教職員が加入する制度です。
4) 船員保険
船員保険は、船員として船舶所有者に使用される者を対象としている制度です。

2.地域保険
地域保険は、自営業者、農林水産業者、無職者等、被用者保険に加入していない人を対象としています。
地域保険には、(1) 国民健康保険(市町村国保)、(2) 国民健康保険組合(国保組合)、があります。

(1) 国民健康保険(市町村国保)
国民健康保険は、自営業者、年金生活者、非正規雇用者やその家族など、被用者保険に加入していない国民を対象とする保険制度です。
(2) 国民健康保険組合(国保組合)
国民健康保険組合は、自営業であっても同種同業の者が連合して、作ることが法律上認められている健康保険組合です。同じ事業や業務に従事している300人以上の人で構成されています。

3.後期高齢者医療制度
後期高齢者医療制度は、75歳以上の者と後期高齢者医療広域連合が認定した65歳以上の障害者を対象とする医療保険制度です。

〇次に社会保険の制度であるものの厚生労働省のホームページや資料で、福祉・介護の項目の中で扱われることが多い介護保険について説明します。
厚生労働省老健局資料
https://www.mhlw.go.jp/content/000801559.pdf
より引用説明します。

■介護保険制度の概要
高齢化の進展に伴い、要介護高齢者の増加、介護期間の長期化など、介護ニーズが増大する一方、核家族化の進行、介護する家族の高齢化など、それまで要介護高齢者を支えてきた家族をめぐる状況も変化し、従来の老人福祉・老人医療制度による対応には限界があり、高齢者の介護を社会全体で支え合う仕組みとして2000年4月に介護保険法が施行された。
介護保険の基本的な考え方として
・自立支援・・・単に介護を要する高齢者の身の回りの世話をするということを超えて、高齢者の自立を支援することを理念とする。
・利用者本位・・・利用者の選択により、多様な主体から保健医療サービス、福祉サービスを総合的に受けられる制度。
・社会保険方式・・・給付と負担の関係が明確な社会保険方式を採用。
■介護保険の被保険者
介護保険の被保険者は、65 歳以上の方(第1号被保険者)と、40 歳から 64 歳までの医療保険加入者(第2号被保険者)に分けられます。第1号被保険者は、原因を問わずに要介護認定または要支援認定を受けたときに介護サービスを受けることができます。また、第2号被保険者は、加齢に伴う疾病が原因で要介護(要支援)認定を受けたときに介護サービスを受けることができます。
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家試験合格 70 | テクノファ

前回からキャリコンサルタントの知識更新に役立つ働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策の一つ副業・兼業の促進について説明をしていますが、今回は副業・兼業の促進について前回の続きから説明します。 2.副業・兼業を始める前に STEP2 副業・兼業に関する届出 〇 副業・兼業を希望する場合は、自身が勤めている会社の副業・兼業に関するルールを確認する。 〇 副業・兼業の選択にあたっては、自社のルールに照らして業務内容や就業時間等が適切な副業・兼業を選択することが重要。 〇 副業・兼業先が決まったら、就業規則等に定められた方法にしたがい、会社に副業・兼業の内容を届け出る。 STE …

キャリアコンサルタント国家試験合格 112 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策が整備されてきていること、 その制度施策に基づく具体的な支援情報を、支援を必要としている人や支援する側の立場の人・組織に周知するサイトがあること、働きかた改革を推進するためには働く人のキャリア形成支援も重要であることから、キャリア形成支援におけるキャリアコンサルティングの役割が重視され、キャリアコンサルティングの質の向上や、キャリアコンサルタントの能力向上が図られていることなど、今まで主として働きかた改革に関連した事項を中心に説明してきました。 今回からは、キャリア …

キャリアコンサルタント国家試験合格 127 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、前回はキキャリアコンサルタントに関わりの深い「職業能力開発促進法」第5条第1項の規定に基づき、職業訓練や職業能力評価など、職業能力の開発に関する基本となるべき計画を策定する職業能力開発基本計画の第7次職業能力開発基本計画について説明しました。今回は第8次職業能力開発基本計画(平成18年度から平成22年度までの5年間)について概要を説明します。 厚生労働省の資料 https://www.mhlw.go.jp/topics/2006/07/tp0725-1.html 平成18年版厚生労働白 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 39 | テクノファ

今回から令和2年3月の特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会の「キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書」について説明いたします。平成28年に始まったキャリアコンサルタント国家資格化は年々その資格者の数を順調に増加させてきましたが、各領域で活躍するキャリアコンサルタントにはなお一層の力量向上が期待されています。 「キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書」の背景、目的、実施方法について、報告書の「はじめに」は次のように記述されています。 <はじめに> 人口減少局面を迎える中、我が国の持続的な経済成長のためには、労働者一人ひとりの生産性を向上させ …

キャリアコンサルタント国家試験合格 50 | テクノファ

今回は働き方改革関連法により改正された労働法関係の法律の改正項目を、キャリアコンサルタントが知っていた方がよいという観点から法律毎に回を分けて説明します。 キャリアコンサルタントのキャリアコンサルティング業務に係る働き方改革で、働き方改革関連法で改正された「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」の改正項目を説明します。 短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(題名改正、短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律) 改正項目題名が、短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律に改正された。 短時間・有期雇用労働に対する基本的理念が新設された。 短時間労 …

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031