国家試験

キャリヤコンサルタント国家試験合格 175 | テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は前回に続き学校教育制度とキャリア教育に関連する知識、資料などについて説明します。

<国立教育政策研究所 生徒指導・進路指導研究センター>
国立教育政策研究所ホームページ
https://www.nier.go.jp/04_kenkyu_annai/div09-shido.html#gaiyo
https://www.nier.go.jp/03_laboratory/02_mokuteki.html
より引用説明します。

国立教育政策研究所は、文部科学大臣所轄の機関で、教育行政の課題に関する企画・立案のための基礎的な調査研究や各種事業・共同研究を行っています。
国立教育政策研究所には、研究企画開発部、教育政策・評価研究部、生涯学習政策研究部、初等中等教育研究部、高等教育研究部、国際研究・協力部、教育データサイエンスセンター、教育課程研究センター、生徒指導・進路指導研究センター、幼児教育研究センター、社会教育実践研究センター、文教施設研究センターの各部・センターで活動しています。各部・センターのなかの生徒指導・進路指導研究センターは、生徒指導(一人一人の児童生徒の人格を尊重し、個性の伸長を図りながら、社会的資質や行動力を高めるための指導・援助)や進路指導(児童生徒が自己の生き方を考え、将来の進路を主体的に選択していく能力や態度を育成するための指導・援助)の充実を図るため、生徒指導・進路指導行政の企画立案に資する調査研究に取り組むとともに、教育委員会や学校等に対する専門的な援助や助言を行っています。具体的な活動内容を下記します。

■生徒指導関係
〇 「生徒指導リーフ」シリーズ・「生徒指導リーフS」シリーズ・「生徒指導リーフ増刊号」シリーズを発行
〇不登校・長期欠席を減らそうとしている教育委員会に役立つ施策に関するQ&A集作成
〇「初任者教員向け生徒指導資料」作成
〇「生徒指導支援資料」発行
〇魅力ある学校づくり調査研究事業(平成22年度~)実施
〇生徒指導体制等に関する調査研究実施
〇生徒指導研究推進協議会開催
〇生徒指導に関する機能向上のための調査研究実施

■進路指導関係
〇進路指導・キャリア教育の更なる充実のための実践に役立つ資料作成
近年の産業・経済の構造的な変化や雇用の多様化・流動化を背景として、子どもたちの進路をめぐる環境が大きく変化している中、児童生徒の社会的・職業的自立に向け、必要な能力や態度を育てるキャリア教育の更なる充実が強く求められています。こうした状況を踏まえ、キャリア教育のさらなる充実に資するため、実践に役立つパンフレットを作成し、全国の学校や教育委員会等へ配布しています。また、キャリア教育リーフレットを発行しています。
先に記したホームページ上に学校向け、教育委員会向けの各種資料が掲載されています。

〇職場体験・インターンシップ実施状況調査
一人一人の生徒が勤労観・職業観を形成・確立し、体験を通して日々の学習の意義を再確認しながら学習意欲の向上を図る上で、体験的なキャリア教育は大きな効果を発揮します。生徒指導・進路指導研究センターは、中学校における職場体験活動と高等学校におけるインターンシップの実施状況について、全国の国・公・私立の中学校及び高等学校を対象に毎年調査を実施しています。

〇進路指導・キャリア教育のさらなる充実のための調査研究報告
平成23年1月に公表された中央教育審議会答申が示したキャリア教育の新たな定義や方向性を踏まえ、学校や学科の特色、地域の実情、児童生徒の発達の段階等に応じた系統的・体系的な取組を通して、基礎的・汎用的能力を育成するキャリア教育を一層推進・充実していくため、キャリア教育に関する取組についての情報収集や諸課題の調査・分析、キャリア教育の実践方法等に関する調査研究を行い、その成果を報告書にまとめ、教育委員会等へ配布しています。

〇キャリア教育に関する調査データ二次分析研究
児童生徒の社会的・職業的自立を目指す上で、変化が激しいとされる現代社会の情勢を常に視野に入れながら行う必要があるキャリア教育は、推進・充実を進めていくために検討しておくべき課題も多い。本研究は、キャリア教育を取り巻いている諸課題について、将来のリスク対応や学習意欲、インターンシップ等を例として、既存の調査データを積極的に利活用し、二次分析を行った結果を、平成28年3月、報告書に取りまとめ、都道府県・政令指定都市教育委員会へ紹介しています。

〇キャリア教育資料集
各教育委員会、学校等におけるキャリア教育の研修や具体的な実践に資するため、文部科学省、国立教育政策研究所等において出されたキャリア教育に関連する主な研究報告書・手引き・資料などをできるだけ網羅的に収録することを基本方針としたキャリア教育資料集を毎年作成しています。

〇全国キャリア教育・進路指導担当者等研究協議会
今後の進路指導等の改善に資するため、都道府県・政令指定都市教育委員会の進路指導担当指導主事及び小学校・中学校・高等学校において進路指導等のリーダー的役割を担う教員を対象に、進路指導の在り方等について講演を行うとともに、研究協議や情報交換を行う研究協議会を毎年実施しています。

■社会情緒的能力関係
〇社会情緒的能力に関する研究
学校教育や学校生活では、知識や計算、論理的思考など、いわゆる知的な賢さとして捉えられる認知的な能力のみならず、それ以外の非認知的な能力も育成されています。生徒指導・進路指導研究センターでは、非認知的能力の中でも児童生徒の生活や発達にとって特に重要な「社会情緒的能力」について、その具体的な内容を整理する研究や、児童生徒の発達や環境との関係に注目した調査を進めています。
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家試験合格 162 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は労働者の雇用、労働契約に関連する知識、資料などについて、前回の続きから説明します。 4 社会保険 (1)健康保険 健康保険は、労働者やその家族が病気やけがをしたときや出産をしたとき、亡くなったときなどに、必要な医療給付や手当金の支給をすることで生活を安定させることを目的とした社会保険制度です。病院にかかる時に持って行く保険証は、健康保険に加入することでもらえるものです。これにより、本人が病院の窓口で払う額が治療費の3割となります。 健康保険は、[1]国、地方公共団体または法人の事 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 56 | テクノファ

2018年6月に可決、成立し7月に法律公布、改正された働き方改革関連法は順次施行されています。キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティング業務を行う上でかかわりがある法律の改正を伴うものです。この法律は多くの法律に関連していますが、キャリアコンサルタントが知っているべき主要な労働に関する8つの法律についての主な改正点は次のようになります。 1.第一条 労働基準法関係 ・フレックスタイム制の拡充 ・時間外労働の上限規制 ・年5日の年次有給休暇の確実な取得 ・高度プロフェッショナル制度の創設 ・月60時間超の時間外労働に対する割増賃金率引上げ ・労働条件の明示の方法 ・過半数代表者の選任 2. …

キャリアコンサルタント国家試験合格 71 | テクノファ

キャリコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りがある、働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策について今回はテレワークについて説明します。 厚生労働省のホームページよりhttps://www.mhlw.go.jp/content/000553510.pdfを参考に説明します テレワークは労働者が情報通信技術を利用して行う事業場外勤務のことで、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であることから、子育て、介護と仕事の両立手段となるとともに、ワーク・ライフ・バランスに資することができ、多様な人材の能力発揮が可能となります。 一方、テレワークを行う上での問題や課 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 145 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は能力開発基本調査について、前回の続きから説明します。 実施したOFF-JTの教育訓練機関の種類については、正社員、正社員以外ともに「自社」が最も高く、正社員では78.8%、正社員以外では86.7%となっている。次いで、正社員、正社員以外ともに、「民間教育訓練機関(民間教育研修会社、民間企業主催のセミナー等)」が続き、正社員では45.3%、正社員以外では21.0%となっています。 実施したOFF-JTの内容は、「新規採用者など初任層を対象とする研修」が76.4%と最も高く、「新たに …

キャリアコンサルタント国家試験合格 155 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、社会保障に関して必要な知識、資料などについて前回の続きから説明します。 | 適用基準及び成立手続等の方法 ・保険関係成立届、概算保険料申告書 労働保険の適用事業となったときは、まず労働保険の保険関係成立届を所轄の労働基準監督署又は公共職業安定所に提出します。そして、その年度分の労働保険料(保険関係が成立した日からその年度の末日までに労働者に支払う賃金の総額の見込額に保険料率を乗じて得た額となります)を概算保険料として申告・納付していただくこととなります。 ・雇用保険適用事業所設置届、雇用保険被保険者資 …

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031