実践編・応用編

キャリアコンサルタントの活動領域3―教育領域他 I テクノファ

投稿日:2020年9月9日 更新日:

3 教育領域(学校における学生のキャリア開発・形成および就職相談)

「キャリアコンサルティング研究会」では、教育領域として大学と専門学校のヒアリング調査をしています。大学では、キャリア教育部会におけるヒアリング時に併せて行っており、キャリアコンサルタント活用側として 8 大学を対象とし、 その8大学で活躍するキャリアコンサルタント 20 名に調査を実施しています。専門学校では、 キャリアコンサルタント活用側として 1つの専門学校を対象とし、キャリアコンサルタント2 名を対象としています。期待される「役割」、必要な「能力」、「育成策、キャリア・パス」等について、アンケートを取っています。対象となったキャリアコンサルタントは、大学の場合は主にキャリア・センターに勤務している者、専門学校の場合は就職部等に勤務している者です。教育領域で活躍するキャリ アコンサルタントは、主に期待されている役割が学生の就職支援、キャリア教育であり、必要とされている能力は、個別面談スキル、学生を相手とした柔軟なコミュニケーション能力などのほか、学校の状況や教育方針の理解を前提とした企画立案などをも求められています。 さらに、就職活動支援が期待されている以上、職種・業界に関する知識や労働関係 法令に関する知識も必要との意見も聞かれました。 なお、課題としては、「大学等とキャリア・センター、キャリアコンサルタントの間の認識にギャップがある」、「授業との連携が不足している」、「地方には学習機会がない」、「必要な情報を得るのに労力・時間を要する」などが上げられています。さらに、キャリアコンサルタントからは「雇用形態が不安定」や「大学等のキャリア コンサルティングについての認識の不足」などもあげられています。 総じて、教育領域においては、企業領域と需給調整機関領域との中間であり、期待されている役割は、大学等によって異なるものの、学習自体は、比較的学ぶべきことが明確であり、かつ周囲に同僚等もいる場合が多いことから、条件さえ整えば、学習しやすい環境にあるとみられます。

教育現場における就職相談でもっとも多いのは、高校や大学において学生を対象としたキャリア開発・形成の支援と就職の支援です。学生に対してキャリアの意味あるいはキャリア開発・形成の意味・意義を正しく伝えることによって就労意識の醸成を援助したり、有益な就職情報を提供したりすることによって、キャリア・トランジションにおける効果的な支援を行うことが出来ます。また、学校におけるキャリア開発・形成の支援は、就職期を迎える高校生や大学生の就職支援だけとは限りません。児童・生徒・学生に対して実施するキャリア教育プログラムは、中学校におけるキャリアスタートウィーク(職場体験)等、段階に応じて実施されています。小学校、中学校でのキャリア自覚を高める教育は教職員によって運用されているものだけではなく、キャリアコンサルタントが支援して運用されている場合もあります。

<具体的な活動例 >
①企業や業界団体とのコネクションをつくること。この活動には、企業や業界についての知識を収集することも含まれます。前回の公共需給調整機関における職業相談/紹介サービスを参照してください。
②学生本人がどうありたいのか、どうしてそうなりたいのか、どうして就職したいのか、なぜ働くのか、などという本人の内的キャリアに焦点をあて、しっかり受け止め、直面している問題をサポートすること。
→学生の場合には、外的な面に目が向く傾向が強いため、内的キャリアが特に重要になります。
③上記②を実現するために傾聴と適切な助言(啓発的、教育的な関わり)をすること。ただし、文字どおりのアドバイスを行うのではなく、本人に何か気づいてもらうことを心がけること。
→本人自らの意思決定が重要です。
④学生のキャリア教育プログラムを構築すること。効果的なキャリア開発・形成の援助は、就職活動をする時期になってからでは遅すぎます。大学あるいは高校入学時からキャリア開発・形成の援助を始めることによって、キャリア自覚が醸成されます。そのため、インターンシップを含む適切なキャリア教育を実施する必要があります。
→ここでもキャリア教育も、内的キャリア自覚を醸成することに重点を置くことが望まれます。
⑤教職員も含めて、学内にキャリア教育の重要性に対する認識がない場合には、教職員を対象にした啓発活動を行うこと。
→学生のキャリア支援は、組織全体の課題としてとらえなければなりません。

(つづく)平林良人

 

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタントの活動領域2 I テクノファ

キャリアコンサルタントの活動領域―需給調整機関領域 2.需給調整機関領域(就職支援領域―職業相談/紹介サービス) この領域の公共機関として、ハローワーク、ジョブカフェ、ヤングジョブスポット等があります。 ハローワークでのキャリアコンサルタントの主な仕事は求職者に対する予約制の個別相談支援です。公的機関であるハローワークは、多様な求職者に対応することが求められる等、官民で求められる役割や対象者の層などは異なるところがありますが、総じて、需給調整機関領域においては、 期待されている役割が明確であり、周囲に同僚等がいる場合が多いことから、学習すべきことが明確であり、かつ自主的な勉強会等も行いやすい等 …

キャリアコンサルタント実践の要領 112 | テクノファ 

キャリアコンサルティングの社会的意義 キャリアコンサルティングを学ぶ前提 キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解 …

キャリアコンサルタント実践の要領 92 | テクノファ

これまで回を重ねて説明してきた働きかた改革に関する諸議題の説明の中で何度か触れましたが、少子高齢化に伴う人口減少と労働力不足への対応、人生100年時代が見据えられる中で、個人の職業生活の長期化が予想されることへの対応などが求められており、働く人へのキャリア形成支援が緊急を要する課題となっていますが、キャリアコンサルタントのノウハウは十分に確立しているとはいえません。この問題に対処してキャリアコンサルタント、キャリアコンサルティングの質向上を図るために、厚生労働省委託事業として、特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会は、キャリアコンサルタントのノウハウ開発などを行い、「平成29年度 厚 …

キャリアコンサルタント実践の要領 57 | テクノファ

前回に続きキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書スーパービジョンのモデル実施及びアンケート・実施報告書の分析から、スーパービジョンモデル実施後に感じたキャリアコンサルタントの課題から記述します。 [3] SVモデル実施後に感じた自身の課題 「組織内独自の人事や組織特性を事前に知る事が重要」「依頼側とSVeeとその組織に対してのマネージメント力」等、組織の情報や組織への働きかけに関する内容や「今回2回で終了」「モデル実施で今後の継続がない」といったモデル実施という回数等が制限された中での実施であったことによる課題の回答が散見された。 キャリ …

キャリアコンサルタント実践の要領 120 | テクノファ

キャリアコンサルティングの社会的意義 キャリアコンサルティングを学ぶ前提 キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解 …