国家試験

キャリアコンサルタント国家試験合格 196 | テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、メンタルヘルス、自殺・過労死、ハラスメント等に関する知識、資料について説明しています。

■令和3年版過労死等防止対策白書
過労死等防止対策白書は、過労死等防止対策推進法(平成 26 年 6 月 27 日法律第 100 号)第6条の規定に基づき、我が国における過労死等の概要及び政府が過労死等の防止のために講じた施策の状況について毎年、国会に提出する年次報告書です。
厚生労働省のサイト
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/jisatsuhakusyo2021.html
とそのリンク先資料より白書の内容を編集記載します。

第1章 労働時間やメンタルヘルス対策等の状況
(1)労働時間等の状況
我が国の労働者1人当たりの年間総実労働時間は緩やかに減少している。令和2(2020)年は前年比 48 時間の減少となっており、8年連続で減少している。
総実労働時間を所定内労働時間、所定外労働時間の別にみると、所定内労働時間は長期的に減少傾向が続いている一方、所定外労働時間は、平成 22(2010)年以降、120~132 時間の範囲で増減を繰り返していたが、令和2年は110時間と前年比 17 時間の減少となった。
一般労働者とパートタイム労働者の別にみると、一般労働者の総実労働時間は平成 21(2009)年以降10年ぶりに2,000時間を下回った令和元年から更に減少して 1,925 時間となり、パートタイム労働者の総実労働時間も減少傾向が顕著となり 953 時間となった。なお、パートタイム労働者の割合は、近年、増加傾向にあることから、近年の労働者1人当たりの年間総実労働時間の減少は、パートタイム労働者の割合の増加の寄与が大きいと考えられる。

長時間労働者に着目し総務省「労働力調査」で雇用者(非農林業)の月末1週間の就業時間別の雇用者の割合の推移をみると、1週間の就業時間が60時間以上である者の割合は、最近では平成15(2003)、16 年の12.2%をピークとして減少傾向にある。令和2年は5.1%と前年比で1.3ポイント減少しており、月末1週間の就業時間が60時間以上である雇用者数は 292 万人と前年比で約82 万人減少している。

月末1週間の就業時間が60時間以上の就業者の割合の推移を性別、年齢層別にみると、全年代の男性のうち、40 歳代、30 歳代で週 60 時間以上就業している者の割合が高く、令和2年は40歳代男性で10.4%、30歳代男性で10.2%となっている。一方、女性については、20歳代で週60時間以上就業している者の割合が2.5%と、次に高い年代である30 歳代及び 50歳代(2.2%)と比較しても 0.3 ポイント高い。月末1週間の就業時間が 60 時間以上の雇用者の割合については、性別、年齢層別にみても、30 歳代、40 歳代の男性で週 60時間以上就業している者の割合が高く、令和2年は、40歳代男性で9.9%、30歳代男性で9.8%となっている。

次に、「過労死等の防止のための対策に関する大綱」(令和3(2021)年 7 月 30 日閣議決定。)において、数値目標の対象とされている月末1週間の就業時間が40時間以上である雇用者のうち、その就業時間が60時間以上である者の割合をみると、平成15 年をピークとして平成18(2006)年に大きく減少した後、平成 22(2010)年の微増を除き、緩やかな減少傾向を示しており、令和2年は9.0%と初めて10%を下回った。なお、大綱において令和7(2025)年までに週労働時間40時間以上の雇用者のうち、週労働時間 60時間以上の雇用者の割合を5%以下とすることを目標としている。

就業者について、月末1週間の就業時間が40 時間以上である就業者のうち、その就業時間が60 時間以上である者の割合の推移を性別、年齢層別にみると、就業者全体に占める割合(月末1週間の就業時間が40時間以上である就業者以外も含む。)と同様、全年代の男性のうち、30 歳代、40 歳代において、その割合が高くなっている。また、女性については、60 歳以上で割合が高くなっている。雇用者に占める割合をみても、男性については、30歳代、40歳代で、女性については、60歳以上でその割合が高い。

月末1週間の就業時間が60時間以上の雇用者の割合を企業の従業者規模別にみると、規模により大きな差異はないが、令和2年は、おおむね規模が小さいほど、その割合が高い。また、週の就業時間が40時間以上である雇用者のうち、月末1週間の就業時間が60時間以上の雇用者の割合を企業の従業者規模別にみると、平成25(2013)年以降は、おおむね規模が小さいほど、その割合が高い。

月末1週間の就業時間が60時間以上の雇用者の割合を業種別にみると、令和2年は、「運輸業、郵便業」、「教育、学習支援業」、「建設業」の順にその割合が高く、「複合サービス事業」、「医療,福祉」の順にその割合が低い(ただし「鉱業、採石業、砂利採取業」を除く。)。また、令和2年の割合について、令和元(2019)年と比較すると、多くの業種で減少しているが、「電気・ガス・熱供給・水道業」や「医療、福祉」では減少幅が 0.5 ポイントと小さく、「金融業,保険業」では微増している。

次に、厚生労働省「就労条件総合調査」により、年次有給休暇の状況をみると、取得日数は、平成 9(1997)年から平成19(2007)年まで微減傾向が続き、平成 20(2008)年以降増減しながらも微増傾向にあり、平成31年は10.1日と前年比0.7日の増加となり、初めて10日を上回った。また、取得率は、平成12(2000)年以降5割を下回る水準で推移していたが、平成29(2017)年には5割を上回り、令和元年は56.3%と、前年比3.9 ポイントの増加となっている。なお、大綱において、令和7年までに年次有給休暇取得率を70%以上とすることを目標としている。

労働者1人当たりの平均年次有給休暇取得率を企業規模別にみると、平成22年以降は規模が大きいほど、年次有給休暇の取得率は高い傾向にある。
また、平成31(2019)年の労働者1人当たりの平均年次有給休暇取得率を産業別にみると、「電気・ガス・熱供給・水道業」、「複合サービス事業」、「製造業」、「情報通信業」の順に高くなっており、「宿泊業,飲食サービス業」、「卸売業,小売業」、「建設業」の順に低くなっている。

年次有給休暇の計画的付与制度がある企業の割合をみると、令和2年は調査産業全体で43.2%と前年比21.0ポイントの増加となっている。また、企業規模別にみると、規模が大きいほど年次有給休暇の計画的付与制度がある企業の割合が高い傾向で推移しているが、令和2年は前年と比べ全ての企業規模で大きく増加し、その差異が 4.7 ポイントに縮まっている。
勤務間インターバル制度(終業時刻から次の始業時刻までの間に一定時間以上の休息時間を設けることについて就業規則又は労使協定等で定めているもの)について、制度を導入している企業の割合は、令和2年で4.2%と前年の3.7%から0.5 ポイントの増加となっている。また、制度の導入の予定はなく、検討もしていない企業のうち、導入していない理由として「制度を知らなかったため」と回答した企業の割合は、令和2年で13.7%となっており、回答企業全体で10.7%となっている。産業別に制度の導入の予定はなく、検討もしていない企業のうち、導入していない理由として「制度を知らなかったため」と回答した企業の割合をみると、「宿泊業、飲食サービス業」、「運輸業、郵便業」の順にその割合が高く、「電気・ガス・熱供給・水道業」、「金融業、保険業」、「情報通信業」の順にその割合が低い。なお、大綱において、令和7年までに勤務間インターバル制度を知らなかった企業割合を5%未満とすること、同制度を導入している企業割合を 15%以上とすることを目標としている。

年平均労働時間を国際比較すると、我が国は、欧州諸国より長く、また、週49時間以上働いている労働者の割合が高い。男性については、特にその割合が高い。
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家試験合格 135 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、前回の「人材開発支援助成金」の、コース別の人材開発支援助成金の項目の続きから説明します。 〇主な受給要件 各コース助成共通の要件(事業主) ・助成金の支給を受けようとする事業主は下記1から9のすべてに該当する必要があります。 1 雇用保険適用事業所の事業主であること。 2 労働局長が認定した制度導入・適用計画に基づき「その計画期間内に」人材育成制度を新たに導入し、その制度を雇用する被保険者に適用した事業主であること。 3 労働組合などの意見を聴いて事業内職業能力開発計画を作成し、雇用す …

キャリアコンサルタント国家試験合格 79 | テクノファ

前回までは、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りがある、働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたを推進する制度・施策の一つとして、育児・介護休業法(育児休業,介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律)で規定する短時間勤務制度(所定労働時間の短縮措置)について説明しましたが、今回は育児・介護休業法で規定する、休業制度についてキャリアコンサルタントが知っているとよいことを説明します。 育児・介護休業法は少子化対策として育児支援の充実、介護対策として介護をしながらでも働ける柔軟な制度の充実を推進し、子育てや介護などの家庭状況により時間的制約を抱えている働く …

キャリコンサルタント国家試験合格 111 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策が整備されてきていること、その制度施策に基づく具体的な支援情報を、支援を必要としている人や支援する側の立場の人・組織に周知するサイトがあること、働きかた改革を推進するためには働く人のキャリア形成支援も重要であることから、キャリア形成支援におけるキャリアコンサルティングの役割が重視され、キャリアコンサルティングの質の向上や、キャリアコンサルタントの能力向上が図られていることなど、今まで主として働きかた改革に関連した事項を中心に説明してきました。 今回からは、キャリアコ …

キャリアコンサルタント国家試験合格 70 | テクノファ

前回からキャリコンサルタントの知識更新に役立つ働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策の一つ副業・兼業の促進について説明をしていますが、今回は副業・兼業の促進について前回の続きから説明します。 2.副業・兼業を始める前に STEP2 副業・兼業に関する届出 〇 副業・兼業を希望する場合は、自身が勤めている会社の副業・兼業に関するルールを確認する。 〇 副業・兼業の選択にあたっては、自社のルールに照らして業務内容や就業時間等が適切な副業・兼業を選択することが重要。 〇 副業・兼業先が決まったら、就業規則等に定められた方法にしたがい、会社に副業・兼業の内容を届け出る。 STE …

キャリアコンサルタント国家資格合格2 I テクノファ

厚生労働省は2016年(平成28年)、今まで民間資格であったキャリアコンサルタントを国家資格に位置付けました。職業能力開発促進法を改正して職業選択や能力開発に関する相談・助言を行う専門家を「キャリアコンサルタント」として規定することで、キャリアコンサルタントの質を担保することとなりました。厚労省は、「働き方改革」などの政策を推進する中で、キャリアコンサルタント4つの活動領域、すなわち企業、学校、就業、地域領域におけるキャリアコンサルティングの体制整備の必要性をうたい、2024年までに10万人のキャリアコンサルタントの育成を目標としました。 キャリアコンサルタント国家資格制度の特徴は以下の3点で …