国家試験

キャリアコンサルタント国家資格合格 10 I テクノファ

投稿日:2020年10月6日 更新日:

キャリアコンサルタント国家試験の出題範囲に関係する「キャリアコンサルタントの能力要件の見直し等に関する報告書」について話をしています。
厚労省報告書における、今後キャリアコンサルタントに求められる能力要件についての続きです。

(3)見直しに関する関係機関からのヒアリングを通じ把握した制度運用上の課題
上記(1)①及び②のとおり、能力要件の見直しについては、省令別表に基づくカリキュラムにより実施される養成講習のほか、キャリアコンサルタント試験に対して影響を及ぼすものであることから、養成講習実施機関及び登録試験機関の代表者からのヒアリングにおいて示された意見についても、見直しにおける1つの視点とすることとした。

ヒアリングにおいて把握された意見のうち、能力要件の拡充・明確化に関しては、多様な属性を有するクライアントへの対応、キャリアコンサルティングの基本的スキルの一層の充実、企業組織での機能発揮、キャリアコンサルタントの活躍フィールドに応じた知識、隣接領域の専門家との関係性等がポイントとして挙げられた。
また、見直しに伴い生じる各機関における対応事項とその準備に要する期間の見通しに関しては、特に養成講習実施機関から、テキスト・教材の改訂や講師の選定、周知や効果検証等を含めて概ね1年半程度の準備・移行期間を要するとの意見が提示された。

(4)見直しの具体的事項及び省令別表等への反映
上記(1)~(3)を主な要素として能力要件の見直しについて検討を行った結果として、見直しの具体的事項及び省令別表等への反映の方向性について以下に示す。
①拡充・強化すべき事項
ア. クライアントや相談場面が多様化してきていることを踏まえた、クライアントの話を聴き取り、対話を通して課題を合意・共有するための基本的スキルの一層の充実を図るための知識及び技能。

イ. セルフ・キャリアドック等の企業におけるキャリア支援の円滑な実施に当たって必要となる、人事制度の運用や組織に関する知識、いわゆるキャリアデザインワークショップの実施、キャリアプランの作成支援、人事部門との協業や組織に対する報告に関する知識及び技能。

ウ. 個人の生涯にわたる主体的な学び直しと、これによるキャリアアップやキャリアチェンジの支援において必要となる、関連制度・施策の適切な提案のための知識・技能。

エ. 企業におけるキャリア支援の推進にあたっても重要である、社会環境変化や労働政策上の課題(例:職業生涯の長期化、仕事と治療の両立支援、子育て・介護と仕事の両立支援等)の解決に対する役割発揮の観点から必要となる、長いライフキャリアにおける、いわばキャリア充実(自分らしく経験を積み、能力を発揮できる、やりがいや成長を感じられるなど、主に内的キャリアに着目した充実)を図るための職業生活設計、様々なクライアント特性の理解、各領域の専門家等との連携のための知識・技能。

②合理化すべき事項
ア. キャリアコンサルタント登録制度が創設され、国家資格化された現状を踏まえれば、含まれる内容の相当程度がもはや関係者にとって自明であると考えられる、キャリアコンサルティングの社会的意義に関する知識。ただし、キャリアコンサルタントの倫理については引き続き重要性が高いことを踏まえ、関係科目を統合の上、充実を図る。

イ. 科目間(「キャリアコンサルティングを行うために必要な知識」と「キャリアコンサルティングを行うために必要な技能」)で内容に重なりが存在すると考えられる、キャリア及びカウンセリングに関する理論並びに自己理解及び仕事の知識。
(つづき)平林良人

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家試験合格  124 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は厚生労働省が運営する職業情報提供サイト(日本版O-NET)にからキャリアコンサルタントが知っておくと良い知識ついて説明します。今回は職業能力開発促進法について前回の続きから説明します。 事業主等の行う職業能力開発促進の措置(第8条~第14条) ○事業主等の行う職業能力開発促進の措置について、その内容、方法、実施体制等について規定 〇事業主は、必要に応じ、雇用する労働者の職業生活設計に即した自発的な職業能力の開発及び向上促進に関する目標を定めることを容易にするために、情報の提供、キ …

キャリアコンサルタント国家試験合格 171 | テクノファ

キャリアコンサルタントがコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は学校教育制度とキャリア教育に関連する知識、資料などについて、前回の続きから説明します。 ■学校教育法 文部科学省資料 https://www.mext.go.jp/a_menu/kaisei/07101705/001.pdf より引用説明します。 学校教育法は教育基本法に基づいて、学校制度の基本を定めた法律です。学校教育法第1条で学校として規定する幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校、第百二十四条で規定する、第一条に掲げるもの以 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 119 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は厚生労働省が運営する職業情報提供サイト(日本版O-NET)からキャリアコンサルタントが知っておくと良い知識について説明します。今回はOHBYカードについて説明します。 独立行政法人労働政策研究・研修機構のサイト https://www.jil.go.jp/institute/seika/ohby/index.html より説明します。 OHBYカードは、職業カードソート技法を行うために開発されたカード式職業情報ツールです。430職種の職業情報を、写真・イラスト・チャート・動画など …

キャリアコンサルタント国家試験合格 150 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は能力開発基本調査について、前回の続きから説明します。 (4)これからの職業生活設計について ① 職業生活設計の考え方 自分自身の職業生活設計についての考えをみると、正社員では「自分で職業生活設計を考えていきたい」が 29.3%、「どちらかといえば、自分で職業生活設計を考えていきたい」が 37.5%であり、両者を合わせると、正社員の3分の2以上が主体的に職業生活設計を考えたいとしている。正社員以外では、「自分で職業生活設計を考えていきたい」が 20.7%、「どちらかといえば、自分で …

キャリアコンサルタント国家試験合格 48 | テクノファ

キャリアコンサルタント国家試験に役立つ法整備について勉強しましょう。今回はキャリアコンサルタントのキャリアコンサルティング業務に係りがある、働き方改革を実行するための関係法律の整備に関する法律(働き方改革関連法)の説明をします。 前回(47)説明しましたが、働き方改革関連法は、労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため、長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等を目的とした法律で、「労働基準法」、「労働安全衛生法」、「労働時間等の設定の改善に関する特別措置法」、「じん肺法」、「雇用対策法」、「労 …

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930