基礎編・理論編

キャリアコンサルタント養成講座 18 I テクノファ

投稿日:2020年10月15日 更新日:

キャリアカウンセリングの理論

キャリアコンサルティングはカウンセリングではありませんが、来談者の問題や、来談者の内的キャリアをより深く理解できなければ良いキャリアコンサルタントになれません。キャリアコンサルティングの質を高めるために、あるいはより効果的なキャリアコンサルティングとなるためには、キャリアカウンセリングについての基本を理解しておく必要があります。

キャリアカウンセリングの理論は、学者・研究者の立場やアプローチの違い、あるいは歴史的な流れによって分類できますが、分類の仕方が人によって多少異なります。この点を踏まえつつ、キャリアコンサルタントに必要であると思われる力ウンセリングの代表的な理論を紹介します。

1.マッチング理論
ヴォケーショナル・ガイダンスの創始者ともいわれているF.パー ソンズの理論です。パーソンズはその有名な著書『Choosing A Vocation(職業の選択)』で、合理的な職業選択は、①自分の興味や能力や性格などの諸特性を明確に理解し、②さまざまな仕事や職業に関する的確な情報や知識を習得し、③この2つについての合理的な推論を基にマッチングを行うこと、としています。
この理論は、「人間には個人差があり、職業には職業差がある。両者をうまく合致させることは可能であり、それが職業選択である」 というもので、特性・因子理論とも呼ばれ、いわばキャリア支援活動の出発点ともいえる理論です。一般職業適性検査(GATB)などのさまざまなテストや検査、職業分類、職務分析などのツールの大部分は、この理論を基に開発されています。

一方、あたかも雄ネジと雌ネジとがピッタリと合うかのごとく適合関係(ペグの理論)を強調しすぎていること、人と職業の関係を固定的にとらえていること、成長プロセスへの考慮が足りないことなどの限界も指摘されています。

2.意思決定理論
職業選択は職業に関する意思決定の連鎖的なプロセスであるという理論です。キャリアコンサルタントは、この理論には複数のモデルがあることを知り、共通している点をりかいしましょう。
①個人の特徴や職業・学習上の必要要件よりも、意思決定していくプ口セス(選択していくプロセス)を大事にする。
②個人が仕事に対して抱く期待はさまざまであるが、これらの期待が個人のなかで相互に作用していくことの重要性を強調し、「何が達成できるか」が職業選択の鍵となると仮定する。
③個人が持っている信念や自己効力感の重要性を強調する。

という点です。A.バンデューラは特に③を強調する立場です。H.B. ジェラットは意思決定要因を重視する立場を代表する1人で、連続的意思決定モデルは有名です。また、意思決定のプロセスを重視する立場の1人であるT.J.ヒルトンは、認知的不協和を意思決定プロセスに応用したキャリア意思決定モデルを提唱しています。

一方の期待理論は、モティベーションに関する理論です。職業選択を意思決定の連続とみなして、V.ヴルームやE.ローラーのように意思決定を促す力は期待と誘意性と道具性の3つから生まれてくるとする考え方です。

3.社会的学習理論
社会的学習理論は、J.D.クルンボルツらが主張している 「人は自分の環境との相互作用のなかで、長期にわたって積み重ねられた経験をとおして自分の好みを学習する」 という考え方に代表される理論です。キャリアコンサルタントは、意思決定理論と状況・社会学的アプローチを統合したもので、職業選択は学習の結果であることを理解しましょう。
クルンボルツらはキャリア選択に影響を与える要因を4つあげています。1つめは基本的な生来の諸特質と特殊な能力(人種、性、身体的条件、知的能力など)、2つめは環境的諸条件とできごと(家族状況、 雇用条件、社会政策、地理的条件など)、3つめは学習経験(モデリングなどの連合的経験、何かを使った強化学習などの道具的経験など)、4つめは課題解決スキル(問題解決能カ、労働習慣など)です。

4.精神力理論
S.フロイトの精神分析に基づく理論です。もっとも古典的な理論とも言われる考え方で、
①人間を動かすのは意識的な自我ではなく無意識である。
②①の力は多くの場合に性的なエネルギーである。
③人間の行動は、無意識のエネルギーと意識的な超自我との力関係としてとらえることができる。
④③の力関係のパターンは幼児期の親子関係のなかで決定する。
という考え方を基本としているものです。現在は、無意識より自己を重視したり、本能より社会的存在としての人間を重視したり、多くの理論に分かれていることをキャリアコンサルタントは知っていると思います。

以下に、フロイトの精神分析に基づくアプローチの代表的なものとして、A.ローとJ. L.ホランドの理論を紹介します。

●A.ロ―の理論

精神分析をベースにパーソナリティ特性と職業分類とを関連づけて、職業やキャリア発達を説明した理論です。
それは、
①パーソナリティの個人差は、親の養育態度によってもたらされる。
②①は個人が遭遇する人的、物的環境との相互作用に依存している。
というものです。そして、親の養育態度を情緒型、拒否型、受容型に分類し、パーソナリティの個人差と職業選択とを関係づけています。この理論はすべて実証されているわけではありませんが、職業選択における家族の心理的影響や親子の欲求充足のメカニズムがキャリア発達に関係があることは否定できません。

●J. L.ホランドの理論

ホランドの理論は、職業選択やキャリア発達の要因として、個人の行動スタイルや人格類型に着目する人格類型論の流れをくむ理論で、人間は個人的特性と人的・文化的・物理的環境との相互作用の結果としてできあがるものであり、人間は社会的・環境的課題に取り組む独自の方法を身につけるというものです。そして、個人と環境をそれぞれ6つの類型に分け、その類型が同一であることによって、調和的相互作用がより安定した職業選択をもたらすとしています。
この理論の特徴は、
①個人のパーソナリティは現実的、研究的、社会的、芸術的、慣習的、企業的という6つに分類される。
②環境も個人のパーソナリティと同様の6つに分類される。
③人間は、自分の持っている能力が生かされ、役割や課題を引き受けさせてくれるような環境を求める。
④個人の行動はパーソナリティと環境との相互作用によって決定される。
というものです。

しかし、ホランドはパーソナリティにしても環境にしても1 つに分類にできるとは考えず、2つか3つの類型を組み合わせることによって個人についても環境についても理解を深めることができると主張しています。
キャリアコンサルタントは、この理論に基づいて開発された、職業興味検査(VPI: Vocational Preference Inventory)を理解すると良いと思います。

(つづく)平林良人

-基礎編・理論編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント養成講座 110 | テクノファ

今回から、エドガー・H、シャイン著「組織文化とリーダーシップ」翻訳紹介の間に、横山さんの講演録を入れさせていただきます。この講演録は4回(その後のものを合わせると12回)にわたりますが、キャリアコンサルタント協議会で2008年に収録したものです。キャリアコンサルタントの方にはぜひ聞いていただきたいものです。 横山哲夫先生講演録 その3 会社の中では非常に良い会社に恵まれていたので、その会社の中ではかなりの進展があって人型のエキスパートのような扱いを受けたりしておりましたんですけど、純然たる日本の会社ではないということから、そういう環境がそういうことも実現に力があったという風に思いたくないし、思 …

キャリアコンサルタント養成講座 25 I テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜2 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に14年もの間先生の思想に基づいたキャリコンサルタント養成講座を開催し続けさせてきました。 先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはず …

キャリアコンサルタント養成講座 79 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に16年もの間先生の思想に基づいたキャリコンサルタント養成講座を開催し続けさせていただきました。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであるという鋭い分析のもと数多くの研究成果を出 …

キャリアコンサルタント養成講座5 I テクノファ

テクノファがキャリアコンサルタント養成講座の展開を模索していた10数年前、既にキャリアコンサルタント養成講座は12機関もありました。しかし、当社の担当事務局に調べてもらうと必ずしもチャレンジできないことはない、まだ参入のチャンスはありそうだということでした。そうは言っても先行する各社さんが種々築いているノウハウは我々には窺い知れないものでしたので、社会に貢献できるのか正直戸惑いもありました。しかし、組織のマネジメントシステムの中心にいるのは人であり、その組織の多くの人は世の中の激しい変化に対応できずにいる現状をなんとかしたいとの「思い」は強いものでした。 テクノファはISOマネジメントシステム …

キャリアコンサルタント養成講座 54 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に15年もの間先生の思想に基づいた養成講座を開催し続けさせてきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがありはずである …

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031