実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 6 I テクノファ

投稿日:

キャリコンサルタントの実践のシリーズです。前回の実践の要領5ではグループカウンセリングについて、その背景、個別カウンセリングとの違いを説明しました。引き続きグループカウンセリングに関しての説明をします。

3)グループアプローチの種類
キャリアコンサルタントとして知っておくと良いことに、グループアプローチの種類があります。1946年のグループ・ダイナミックス研究所の研究がきっかけで始められた感受性訓練(ST : Sensitivity Training)が始まりとされています。その後、1950年にはNTL (National  Training  Laboratory)が設立され、本格的な研究が始まります。その他に、集団精神療法、エンカウンター・グループ、Tグループ、サイコドラマ(心理劇)、人間関係ラボ、ゲシュタルト・グループなどがあります。

いくつかのグループアプローチの中でもっとも有名なのは、C. ロジャースがクライエント中心集団療法を超えて一般人の訓練として創始したベーシック・エンカウンター・グループです。通常、エンカウンター・グループという場合はベーシック・エンカウンター・グループを指すことが多いようです。心理治療より、心理的成長を志向しています。個人の成長、コミュニケーションおよび人間関係の改善と発展をはかることを目的としています。さらに、ロジャースはクライエント・センタードという概念をパーソン・センタードという概念にまで発展させました。そのパーソン・センタード・アプローチ (PCA)をグループに適用したものが、パーソン・センタード・グループ・アプローチです。

ロジャースが「おそらく今世紀でもっとも重要な社会的発明」と言っているベーシック・エンカウンター・グループは人間性回復運動と連動し、カリフォルニアを中心に1960年代後半から盛んになりました。エンカウンターとは、他者との出会い、自己との出会いを意味しています。通常、8~12名ぐらいの参加者(メンバー)と1~2名のファシリテーターで構成されます。年齢、性別、職業、地位、役割、人種などを越え、1人ひとりが対等の個人として心を開いて率直に真実を語り合うグループです。國分康孝氏はベーシック・エンカウンター・グループを参考にしながら、比較的短時間でグループ体験ができるようにと、エクササイズを中心とした構成的グループ・エンカウンターを開発しています。

グループの形態やファシリテーターのあり様によってグループ・プロセスは異なってきますが、ロジャースによるとベーシック・エンカウンター・グループのプロセスと特徴は以下のようになります。

【ベーシック・工ンカウンター・グループの基本的プロセス】
キャリアコンサルタントは基本的なプロセスを知っておくと良いでしょう。
①ファシリテーターはグループ内に、安心して感情を表現できるような心理的に安全な雰囲気を生み出す。
②安全な雰囲気のなかで、メンバー自身および他者に対するさまざまな直接的感情が表現される。
③直接的な感情表現には、肯定的なものと否定的なものとが含まれるが、本当の気持ちを表現するなかで、メンバー間相互の信頼が生まれ、メンバーはありのままの自分を受容する方向へ動いていく。
④防衛的な固さから解放され始めると、態度や行動、対人関係のあり方などの変化を恐れなくなる。互いに他人の話をきちんと聴けるようになり、他人から学べるようになる。
⑤このようなフィードバックが展開されると、メンバーは他人のなかで自分がどのように映っているか、人間関係のなかでどんなインパクトを与えているかを学ぶことになる。
⑥自由さとコミュニケーションの改善が進むと、新しいアイディア、新しい考えが顕れ、新しい変革が可能になってくる。

【ベーシック・エンカウンター・グループの特徴】
①グループの目標
メンバーが自分のあらゆる感情を探求することができるように安全な心理的風土を提供する。メンバーが新しい経験に次第に心を開いて溶け込み、自分自身と自分の判断への自己信頼を発達させるのを援助する。メンバーが現在を生きることを促進する。メンバーが率直さ、正直さ、自発性を開発するのを援助する。メンバーが、今ここ(here and now)で他者と出会い、疎外感を克服する場所としてグループを利用することを可能にさせる。
②ファシリテーターの役割と機能
グループを方向づけることはせずに、グループのプロセスを促進する。すなわち、コミュニケーションの問題を扱う、信頼と安全の心理的風土を確立する、効果的に機能するようにグループを援助する。中心的な課題は、セッションのなかで真実であること、ケア、尊重、共感的理解を示すことである。寛容さと新しい行動を試みることが、おもな役割である。しばしばグループで起きていることについての個人的な感情と印象を表現することによって共有する。
③構造化の程度と責任の分有
ファシリテーターは、グループに構造や方向をほとんど与えない。メンバーは、自らが意味ある方向を見つける、相互に助け合うことができる、建設的な成果を生み出す、という能力を持つ、信頼できる存在である。
④グループの技法
技法よりもファシリテーターの態度が強調される。構造化された、あるいは計画された技法は、ほとんど用いられない。基本的な技法は、積極的傾聴、感情の反映、明確化、支持、メンバーのために “ともにそこにいること”である。

【前提となる基本的仮説】
キャリアコンサルタントは前提となる基本的仮説を知っておくと良いでしょう。
①人間は全体性と自己実現へと向かう傾向があり、メンバーとグループはファシリテーターの最小の援助で、方向を見出すことができる。すなわち、メンバーとグループの資質・能力に基本的な信頼が置かれている。
②技法よりもファシリテーターの特質・態度が強調される。ファシリテーターは“どうするか(a  way of doing)”よりも“どうあるか(a way of being)”が問われる。ファシリテーターの第一次的機能は、 安全で豊かな癒しの心理的雰囲気を創りだすことである。ファシリテーターはメンバーに対して、真実性(自己一致)、無条件の肯定的関心、正確な共感を体験していて、メンバーがこれらの条件を知覚すればするほど、パーソナリティの変化と成長が生じる。
(つづく)A.K

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント養成講座3 I テクノファ

キャリアコンサルタント(通称キャリコン)の資格を取ったけれども活躍する場所がない、という話を聞きます。 厚生労働省は令和5年度末までにキャリコン10万人計画を達成するとしています。これは、安倍内閣の産業競争力会議が、平成25年末、労働力の流動化を目指し、キャリアコンサルタントの積極活用を打ち出したからです。これを受けた厚生労働省は平成27年に職業能力開発促進法を改正して、民間資格であるキャリアコンサルタントに対して、向こう5年の間に所定の登録手続きを取れば「国家資格キャリアコンサルタント」という名称独占資格を与えるという制度を始めました。一方で、厚生労働省は既に平成20年(2級)、23年(1級 …

キャリアコンサルタント実践の要領 29 | テクノファ

今回は、活躍しているキャリアコンサルタントからの近況や情報などを発信いたします。 真の意味での「親離れ 子離れ」 「親離れ、子離れ」について語るとき、どちらかといえば「子の親離れ」のほうが注目されることが多いようだ。 そこでは親の側としての立場にある自分についてなど無意識的に棚上げされている場合が多く、「もしかして、この子の足を引っ張ってるのは、親である私なのかしら?」などとは全く思わないようである。口では「早くこの子に自立してほしい・・」と洩らすものの、じつは逆に妨害していることが多いものだ。 自立とは「経済的な自立」や「精神的自立(自分の意思を以って行動を選べるようになった)」といった意味 …

キャリアコンサルタント実践の要領 38 | テクノファ

今回もキャリアコンサルタントとしての活躍している方からの近況や情報などをお伝えします。 「フィードバックの効果」 私はキャリアコンサルタントとして様々な講座で「自分のことを話してみる」グループワークを実施しています。 一番の機会は、就職活動中の方々対象の「就活セミナー」です。私は就職活動で結果を出すためのポイントは「自己理解の質」にあると思っていますし、採用面接やグループディスカッションでも、きちんと自分のことを言葉にしていく場面があります。 最近では、経営者や管理職、総務人事関係の方々向けのキャリア開発支援のための研修でも「自己理解」と「自分のことを話す」ワークを体験していただくことが多く、 …

キャリアコンサルタント実践の要領 130 | テクノファ

このコーナーは、活躍している「キャリアコンサルタント」からの近況やキャリアコンサルタントからの近況や情報などを発信いたします。今回はS.Sさんからの発信です。 よく耳にする話だが、なぜか歳を取るほど時間の流れが速く感じられるようになるという。僕は、この10月に誕生日を迎えて59歳となった。「ああ、もう50代だよ~まいったねえ」・・と言って笑っていたのがつい最近のことのように思えるのだが、あっと言う間に10年が過ぎ、いわゆる「アラ還」にさしかかろうとしている。小中学生相手の仕事をしていると、子どもたちが感じている時間と僕が実感している時間が同じではないことに気づかされる。 僕にとって一日の勤務と …

キャリアコンサルタント実践の要領 128 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 □ 生活に困った人への支 …

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031