実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 6 I テクノファ

投稿日:

キャリコンサルタントの実践のシリーズです。前回の実践の要領5ではグループカウンセリングについて、その背景、個別カウンセリングとの違いを説明しました。引き続きグループカウンセリングに関しての説明をします。

3)グループアプローチの種類
キャリアコンサルタントとして知っておくと良いことに、グループアプローチの種類があります。1946年のグループ・ダイナミックス研究所の研究がきっかけで始められた感受性訓練(ST : Sensitivity Training)が始まりとされています。その後、1950年にはNTL (National  Training  Laboratory)が設立され、本格的な研究が始まります。その他に、集団精神療法、エンカウンター・グループ、Tグループ、サイコドラマ(心理劇)、人間関係ラボ、ゲシュタルト・グループなどがあります。

いくつかのグループアプローチの中でもっとも有名なのは、C. ロジャースがクライエント中心集団療法を超えて一般人の訓練として創始したベーシック・エンカウンター・グループです。通常、エンカウンター・グループという場合はベーシック・エンカウンター・グループを指すことが多いようです。心理治療より、心理的成長を志向しています。個人の成長、コミュニケーションおよび人間関係の改善と発展をはかることを目的としています。さらに、ロジャースはクライエント・センタードという概念をパーソン・センタードという概念にまで発展させました。そのパーソン・センタード・アプローチ (PCA)をグループに適用したものが、パーソン・センタード・グループ・アプローチです。

ロジャースが「おそらく今世紀でもっとも重要な社会的発明」と言っているベーシック・エンカウンター・グループは人間性回復運動と連動し、カリフォルニアを中心に1960年代後半から盛んになりました。エンカウンターとは、他者との出会い、自己との出会いを意味しています。通常、8~12名ぐらいの参加者(メンバー)と1~2名のファシリテーターで構成されます。年齢、性別、職業、地位、役割、人種などを越え、1人ひとりが対等の個人として心を開いて率直に真実を語り合うグループです。國分康孝氏はベーシック・エンカウンター・グループを参考にしながら、比較的短時間でグループ体験ができるようにと、エクササイズを中心とした構成的グループ・エンカウンターを開発しています。

グループの形態やファシリテーターのあり様によってグループ・プロセスは異なってきますが、ロジャースによるとベーシック・エンカウンター・グループのプロセスと特徴は以下のようになります。

【ベーシック・工ンカウンター・グループの基本的プロセス】
キャリアコンサルタントは基本的なプロセスを知っておくと良いでしょう。
①ファシリテーターはグループ内に、安心して感情を表現できるような心理的に安全な雰囲気を生み出す。
②安全な雰囲気のなかで、メンバー自身および他者に対するさまざまな直接的感情が表現される。
③直接的な感情表現には、肯定的なものと否定的なものとが含まれるが、本当の気持ちを表現するなかで、メンバー間相互の信頼が生まれ、メンバーはありのままの自分を受容する方向へ動いていく。
④防衛的な固さから解放され始めると、態度や行動、対人関係のあり方などの変化を恐れなくなる。互いに他人の話をきちんと聴けるようになり、他人から学べるようになる。
⑤このようなフィードバックが展開されると、メンバーは他人のなかで自分がどのように映っているか、人間関係のなかでどんなインパクトを与えているかを学ぶことになる。
⑥自由さとコミュニケーションの改善が進むと、新しいアイディア、新しい考えが顕れ、新しい変革が可能になってくる。

【ベーシック・エンカウンター・グループの特徴】
①グループの目標
メンバーが自分のあらゆる感情を探求することができるように安全な心理的風土を提供する。メンバーが新しい経験に次第に心を開いて溶け込み、自分自身と自分の判断への自己信頼を発達させるのを援助する。メンバーが現在を生きることを促進する。メンバーが率直さ、正直さ、自発性を開発するのを援助する。メンバーが、今ここ(here and now)で他者と出会い、疎外感を克服する場所としてグループを利用することを可能にさせる。
②ファシリテーターの役割と機能
グループを方向づけることはせずに、グループのプロセスを促進する。すなわち、コミュニケーションの問題を扱う、信頼と安全の心理的風土を確立する、効果的に機能するようにグループを援助する。中心的な課題は、セッションのなかで真実であること、ケア、尊重、共感的理解を示すことである。寛容さと新しい行動を試みることが、おもな役割である。しばしばグループで起きていることについての個人的な感情と印象を表現することによって共有する。
③構造化の程度と責任の分有
ファシリテーターは、グループに構造や方向をほとんど与えない。メンバーは、自らが意味ある方向を見つける、相互に助け合うことができる、建設的な成果を生み出す、という能力を持つ、信頼できる存在である。
④グループの技法
技法よりもファシリテーターの態度が強調される。構造化された、あるいは計画された技法は、ほとんど用いられない。基本的な技法は、積極的傾聴、感情の反映、明確化、支持、メンバーのために “ともにそこにいること”である。

【前提となる基本的仮説】
キャリアコンサルタントは前提となる基本的仮説を知っておくと良いでしょう。
①人間は全体性と自己実現へと向かう傾向があり、メンバーとグループはファシリテーターの最小の援助で、方向を見出すことができる。すなわち、メンバーとグループの資質・能力に基本的な信頼が置かれている。
②技法よりもファシリテーターの特質・態度が強調される。ファシリテーターは“どうするか(a  way of doing)”よりも“どうあるか(a way of being)”が問われる。ファシリテーターの第一次的機能は、 安全で豊かな癒しの心理的雰囲気を創りだすことである。ファシリテーターはメンバーに対して、真実性(自己一致)、無条件の肯定的関心、正確な共感を体験していて、メンバーがこれらの条件を知覚すればするほど、パーソナリティの変化と成長が生じる。
(つづく)A.K

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリヤコンサルタント実践の要領 173 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 (7)再生医療の実用化の …

キャリコンサルタント実践の要領 65 | テクノファ

このコーナーは、テクノファキャリアコンサルタント養成講座を卒業され、現在日本全国各地で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報などを発信しています。今回はS.Sさんからの発信です。 「生涯発達から捉える”人生の午後”」 一昨年前、フェイスブック上で高校時代の同級生と再会した。彼は、大学を卒業した後に某一流企業に就職が決まり、これまで誰もが羨む順風満帆な人生を送ってきた。 しかし、5年前に重い病に侵され入院して以来、彼にとって人生そのものであった仕事に就けない体となってしまった。さらに、そこに追い打ちをかけるように、一流企業の社員としての彼を選んだ妻が再起不 …

キャリアコンサルタント実践の要領 112 | テクノファ 

キャリアコンサルティングの社会的意義 キャリアコンサルティングを学ぶ前提 キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解 …

キャリアコンサルタント実践の要領 176 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 (5)在宅医療の推進 多 …

キャリコンサルタント実践の要領 64 | テクノファ

前回に続きキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、スーパービジョンのモデル実施及びアンケート・実施報告書の分析の部分の、アンケート結果を用いたスーパービジョン事例報告から記述します。 ④アンケート結果を用いたスーパービジョン事例報告 スーパービジョンに関する理解を深めるために、スーパービジョンに関係する三者 (相談者とキャリアコンサルタントとスーパーバイザー)のアンケート・報告書の結果を用い、 継続的な対応が行われた事例を一件報告する。 事例作成に際し、まずキャリアコンサルティングが2回行われたケースを抽出し、キャリアコンサルティングの …

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031