実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 9 I テクノファ

投稿日:2020年11月11日 更新日:

キャリアコンサルタントAさんは、子供の不登校をきっかけに自分の居場所を作りにと、周辺地域から県内、全国組織へとキャリアコンサルティング情報交換の場を広げました。

Aさんは、校門の前で立ち止まっている自分の子供を見ては、学校に居心地の悪さを感じているのだろうと暫くの間注意深く観察した後子供と話し合う、そんな経験を何回も重ねてきました。

キャリアコンサルタントAさんは中小企業に勤めている、不登校の小学生と4歳半の子供をもつ女性です。下の子供は公立保育園に預けているので、6時までには迎えに行かなければなりません。しかし、働き方改革で週休2日制が導入され、彼女の職場ではその分、平日の勤務時間が20分延長されてしまいました。

「 事務服を着替えている暇もないので、冬はそのまま上にオーバーを着て、今はボタンのないトレーナーなんかに着替えて、とにかく急ぐのです。」この中小企業に勤める女性たちのグループが、職場の既婚女性にアンケートを実施したところ、 働くお母さんにとっては「たかが20分」では済まされない問題であることが明らかになりました。「20分の延長でバス1本の違いが出てしまい、結局帰宅が1時間遅くなる」「タ食もお風呂も時間が無くなり、子供に対して怒ることが多くなった」「なんのための週休2日なのか。勤務時間を延長するのは暗に退職を迫られているような気がする」「既婚女性はどんどん働きにくくなっていくようだ」 。キャリアコンサルタントAさんは自由回答欄を見て、そんな意見がびっしりと書かれていてびっくりしました。

「1日の労働密度が濃くなり、土曜日には疲れはてている」という声は、男性職員からも出てきました。「週休2日制になっても、それがゆとりにつながっていない。また、年間でみるとわずかの労働時間短縮になっていたとしても、女性が働き続けにくいような状況になるようでは、本末転倒としかいいようがない」と言う意見が多くあります。

Aさんは、上の子供が小さかったころは、朝、子どもの世話もあまりできずに家を飛び出し、職場につけば仕事の連続で、昼食さえ満足にできない日が多く、家に帰れば家事をこなして、ただ予定の連続の中に一日が終っていったような気がすると述懐します。

そんな中でキャリアコンサルタントの資格を取りながら育ててきた子どもが、小学校2年になると不登校ということになってしまいました。子供をせかせては「早く」、「しっかりして」ばかり言い、本来そこに子どもがいるだけで楽しく幸せな思いになるはずが、そんな思いを感じることが無く今日に至ってしまったと言います。

キャリアコンサルタントになって、子どもは子どもで、宿題や試験に追われ、自然の中を友達とかけまわって遊んだり、冒険を楽しんだりする余裕もなく、学校の管理にあえいでいる状況が見えてきたと話します。その子どもの教育費のために多くの主婦はパートに出かけて、親子の会話はいよいよ少なくなり、一人で孤食をする子どもが増えているといいます。主婦がパートに出る理由として、教育費、住宅ローン、老後のためがいつもトップにあげられます。地域社会でも、近所の人たちと、よい人間関係や、生活環境を作り出すようなゆとりを持つ人は稀になり、老人の相手をする人もなく、入院した家族のために乳呑児をつれて病院通いをする若い母親の姿をみても、手をさしのべる人は、めったにいません。キャリアコンサルタントになって、それは人間が意地悪になったり、欲ばりになったからではないかと思ったりもします。

クライアントの相談に応じる際に、キャリアコンサルタントがまず行わなければならないことは,ラポール形成だと言われます。Aさんは、キャリアコンサルタントとして未熟な頃は、こちらが緊張して前のめりの態度故に、クライアントとの距離を縮めることができず、主訴を勝手に思ったり、依存させてしまうという傾聴に当たらない対応を取っていたと、今になってよく分かると言います。キャリアコンサルタントの現場では、他人では想像し得ない経過を言葉にしていく作業を続けていくことで、クライアントがそうせざるを得なかった理由が物語として自然と受け止められる、そんな時間が訪れる時があります。キャリアコンサルタントになる前に、Aさんもつまずいた自分、うまくいかなかった自分、低評価され落ち込んでお腹が痛くなったあの時、周囲に相談出来る人もいなく、どうしたらよいか分からなかったことをクライアントに話します。こんな話をするとクライアントも自分がダメだったから、自分が出来なかったから自分が悪いと語る人もいます。あるいは、自分を理解してくれない、評価してくれない周囲が悪いと話し続ける人もいます。
(つづく)T.N

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

性感染症対策について | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。 5 性感染症対策について 性器クラミジア感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジローマ、梅毒、淋菌感染症(以下「性感染症」といいます。)は、性的接触を介して誰もが感染する可能性があり、生殖年齢にある男女を中心とした大きな健康問題です。特に梅毒 …

D.マグレガーの人間観について

キャリアコンサルティングの社会的意義 キャリアコンサルティングを学ぶ前提 キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解 …

キャリアコンサルタント実践の要領 58 | テクノファ

キャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、スーパービジョンのモデル実施及びアンケート・実施報告書の分析の部分の、分析結果から記述します。 (3)分析結果 ここでは、スーパービジョンのモデル実施に係る相談者・スーパーバイジー(キャリアコンサルタント)・スーパーバイザーのアンケート、スーパーバイザーの実施報告書の分析結果を示すが、本事業のモデル実施が次の状況下において行われていることに留意する必要がある。 ・スーパーバイザーとスーパーバイジーの関係性は、約8割がモデル実施のスーパービジョンにおいて初めて構築されたものであること。 ・スーパービ …

キャリアコンサルタント実践の要領 50 | テクノファ

Aさんの「キャリコンサルタント養成講座」受講奮闘記の最終回をお伝えします。 Aさんは中小企業に勤めている小学生と4歳半の子供をもつ女性ですが、ある事をきっかけに「キャリコンサルタント」という資格を知りました。厚生労働省の国家資格であること、企業の中で人間関係の相談に乗ってあげられる力を付けられることなどを知り、どこかの「キャリコンサルタント養成講座」を受けたいとNetで多くの「キャリコンサルタント養成講座」を調べました。 その結果テクノファの「キャリコンサルタント養成講座」が自分に合うのではないかと思い、3か月にわたる12日間「キャリコンサルタント養成講座」講座を受講することに決めました。決め …

キャリアコンサルタント実践の要領 75 | テクノファ

このコーナーは、テクノファキャリアコンサルタント養成講座を卒業され、現在日本全国各地で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報などを発信しています。今回はS.Sさんからの発信です。 先日、ある記事を見つけた。 「これでいいのか、現代社会」と題された記事の内容は、JR山手線で起きた人身事故において、多数の野次馬がホームに押し寄せ、スマホを片手にシャッターを切っていたという異様な光景に対するものだった。しかも、笑顔で撮影している者も多数いたという。 これが事故なのか、または自殺による飛び込みなのかは定かではないが、いずれにしても仮にも人の命がかかっている現場にもかかわらず、まるで他人 …