実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 12 I テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルタントの知識の実践

前回までは、キャリアコンサルタント基礎編・理論編としてカウンセリングの基本を説明してきましたが、今回はジャンルを変え、キャリアコンサルタント実践編・応用編としてアサーション、グループワークなどカウンセリングの基礎的スキルに関して説明をします。

■アサーション
キャリアコンサルティングの相談において、キャリアコンサルタントは的確なフイードバックができることに加えて、適切な助言や提言ができることも求められる場合があります。そのためには、積極的傾聴のスキルに加えてアサーションも必要となります。

アサーションとは、アサーティブの動詞ですが、いわゆる日本語の自己主張とは違います。「自分のことを大切にしながら同時に相手のことも大切にして、自分の気持ち、意見、信念などをその場に合った適切な方法で正直に、率直に表現する」ことです。相談場面においては、相手が伝えようとすることを正確に受信することができ、自分が伝えたいことを正確に伝えることができることを求められます。積極的傾聴が相手のメッセージを的確に受信することであるとするなら、アサーションは自分のメッセージを的確に発信することです。

しかも、アサーションは単なるスキルではありません。自分の「在りよう」が問われます。つまり、アサーティブな言動ができるためには、自分自身に対してアサーティブであることが前提になるからです。そのためには、アサーションの理論を学び、実技の訓練を受けることが求められます。理論を学ばず、正式な訓練も受けず、単なる経験だけではキャリアコンサルタントとして適切に相談を実施することはできません。

■グループワーク
 キャリアコンサルタントが効果的に活動するためには、先に説明したグループアプローチを活用する意義、有効性、進め方の留意点等について理解し、グループ運営ができることが求められます。
なぜグループアプローチの知識とスキルが求められるのでしょうか。すでに説明したように、進路指導、職業選択などにおけるキャリアコンサルタントの活動は、1対1の個別面接だけでは限界があります。また、学校におけるキャリア教育が十分に行われていない日本では、キャリアコンサルタントは社会人に対してもキャリア教育を実施する必要があります。いくつかの企業において実施されているキャリア研修あるいはキャリア開発のためのワークショップなどは、その実践例でもあります。

しかしながら、企業におけるキャリア教育が個人主導ではなく会社主導である場合(本人のためではなく会社のためである場合)には、歪んだキャリア自覚を形成することになり、結果的に組織にとっても個人にとっても悪影響を及ぼすことになります。本来のキャリア研修やキャリア開発のためのワークショップは、キャリア教育として位置づけられて実施されなければなりません。そうすることによって、個人と組織の新たな共生、すなわちWIN:WINの関係構築が実現することをキャリアコンサルタントは知っていなければなりません。

そのためには、キャリア開発・形成の持つ意味を正しく理解しているキャリアコンサルタントがグループアプローチを学び、研修やワークショップが効果的なグループワークとなるように運営・実施できることが望まれます。キャリアコンサルタントがグループアプローチについての基礎的な知識とスキルが求められる所以はここにあります。
グループアプローチのねらいと実践について説明します。
①グループアプローチのねらい
グループアプローチのねらいは、単に情報を交換したり情報を共有することだけではなく、メンバー同士が話し合いを通して理解しあい、助けあい、成長しあうことにあります。したがって、グループは学びの場でもあり、気づきの場でもあります。

②グループアプローチの実践方法
カウンセリングを受けていない人が実際にはカウンセリングを理解できないのと同じように、グループアプローチもまた実際にグルー プ体験をしなければ理解することはできません。
グループが持っているダイナミックスを理論として理解しても、実際の場面で起こっていることを的確に把握し、的確に対応できなければ役に立ちません。カウンセラーを目指す人が、何十回、何百回という面接訓練を受けるのと同じように、グループアプローチを学ぶためには何度もグループに参加しなければなりません。その際には、キャリアコンサルタントは同じ種類のグループではなく、さまざまな種類のグループに参加することをお薦めします。1日だけのグループ体験をするプログラムから、ベーシック・エンカウンター・グループ、リーダーレス・グループ、 構成的グループ・エンカウンター、あるいはラボラトリー・トレーニングなど、さまざまなグループに参加することにより、メンバーの違い、場の違い、あるいはファシリテーターやトレーナーの違いからくるダイナミックスを経験することができます。場合によってはメンバーが同じでも違うプロセスが生まれることもあります。

③ファシリテーターとして関わるときの注意点
ちなみに、グループに対してファシリテーターとして関わる際に、キャリアコンサルタントは次にあげたような点に留意しなければなりません。

・その場に臨む心構え
①主体的にその場に存在していること
②自分自身を「そのグループによって利用される柔軟性のある資源である」とみなしていること
③参加者1人ひとりの可能性を信じることができる(参加者を信頼し、尊重する)こと
④柔軟性と決断する勇気があること
⑤必要に応じて自己開示ができること
⑥自分の発言・行動に責任を持つこと
⑦参加者に対し公平に接すること

・対応するときの態度
⑧理解したことを伝達するよう努力すること
⑨メンバーのさまざまな表明に応答する場合、知的な内容と情動的な態度との両者を受容すること
⑩深い感情を示す表現に敏感であり、発言者の見地からそれらを理解すること
⑪メンバーの相互作用が情動を帯びたものとなるとき、中立的に理解する役割を維持するようにすること
⑫グループのプロセスへの介入を理解し、必要に応じて実行できること
⑬必要と思われる状況では、対決を恐れず毅然とした態度で行動すること
⑭自分の進め方にこだわらず、状況に柔軟に対応すること

このように、グループアプローチのねらいを理解し実践してグループの持つ力を活用することができることも標準レベルのキャリアコンサルタントと熟練レベルのキャリアコンサルタントの違いということができるでしょう。
(つづく)A.K

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 94 | テクノファ

これまで説明してきた、多様で柔軟な働き方を推進する制度・施策、サポート環境の整備に伴い、人々の働き方、生活はいままでにも増して多様化し、キャリアコンサルタントの活動の場が広がると同時に、多様化する課題に対する実践力等の資質向上が求められています。 厚生労働省では、令和3年6月に「働く環境の変化に対応できるキャリアコンサルタントに関する報告書」を公表し、キャリアコンサルティングの普及促進とそれを支えるキャリアコンサルタントの実践力等の資質向上などについて提言を行っています。その内容を構成労働省資料から説明します。 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_19202. …

キャリアコンサルタント実践の要領 58 | テクノファ

キャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、スーパービジョンのモデル実施及びアンケート・実施報告書の分析の部分の、分析結果から記述します。 (3)分析結果 ここでは、スーパービジョンのモデル実施に係る相談者・スーパーバイジー(キャリアコンサルタント)・スーパーバイザーのアンケート、スーパーバイザーの実施報告書の分析結果を示すが、本事業のモデル実施が次の状況下において行われていることに留意する必要がある。 ・スーパーバイザーとスーパーバイジーの関係性は、約8割がモデル実施のスーパービジョンにおいて初めて構築されたものであること。 ・スーパービ …

キャリアコンサルタント実践の要領 149 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 6.労働時間法制の見直し …

キャリアコンサルタント実践の要領 109 | テクノファ

キャリアコンサルティングの社会的意義 キャリアコンサルティングを学ぶ前提 キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉の概念は、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解 …

キャリアコンサルタント実践の要領 6 I テクノファ

キャリコンサルタントの実践のシリーズです。前回の実践の要領5ではグループカウンセリングについて、その背景、個別カウンセリングとの違いを説明しました。引き続きグループカウンセリングに関しての説明をします。 3)グループアプローチの種類 キャリアコンサルタントとして知っておくと良いことに、グループアプローチの種類があります。1946年のグループ・ダイナミックス研究所の研究がきっかけで始められた感受性訓練(ST : Sensitivity Training)が始まりとされています。その後、1950年にはNTL (National  Training  Laboratory)が設立され、本格的な研究が …

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031