実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 16 I テクノファ

投稿日:2020年12月2日 更新日:

Aさんの「キャリコンサルタント養成講座」受講奮闘記をお伝えしています。

Aさんは中小企業に勤めている小学生と4歳半の子供をもつ女性ですが、ある事をきっかけに「キャリアコンサルタント」という資格を知りました。厚生労働省の国家資格であること、企業の中で人間関係の相談に乗ってあげる力を付けられることなどを知り、どこかの「キャリコンサルタント養成講座」を受けたいとNetで多くの「キャリコンサルタント養成講座」を調べました。

その結果テクノファの「キャリコンサルタント養成講座」が自分に合うのではないかと思い、3か月にわたる12日間「キャリコンサルタント養成講座」講座を受講することに決めました。決めた理由は16年の「キャリコンサルタント養成講座」の歴史と「組織と個人の共生」というところにありました。

前回に続き初日の主任講師の講義をお伝えします。

【初日の講義】

少々講座の内容からは脱線しますが、厚生労働省ではキャリアコンサルタント10万人養成計画というものを作り、その達成に向けて動き出しています。

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000052927.pdf

平成25年度末で約4万5千人の登録キャリアコンサルタントの方(2級、1級技能士含む)がいますが、それを10年間で倍以上にしようという計画です。まだまだ日本においてキャリアコンサルティングが根付いているとは言えません。それを変えていこうとして厚生労働省では、例えば企業内人材育成推進助成金というような制度も活用しながらキャリアコンサルティングを日本に広げていこうとしています。

話を講座の内容に戻します。言葉の定義等をまず話したいと思います。始めに取り上げるものは、多くの情報の中からものごとの本質を理解すること、共通する特徴を抽象化すること、つまり「概念化」についてです。そして抽象を概念に変える概念化能力の大切さについて講座を進めます。

この概念化能力は専門用語でいえば、「コンセプチュアルスキル」になります。人材開発分野においては求められるスキルは大きく次の3つに大別されます。

・コンセプチュアルスキル
・ヒューマンスキル
・テクニカルスキル になります。

このようにしてAさんは、概念化能力と「キャリア」という言葉の接点を考えることになりました。キャリアとは何?という問いかけによってAさんは講座の本質に一気に入り込んでいきました。

最初にアメリカのD.E.スーパーという学者のライフ・キャリア・レインボーについて学んでいただきます。キャリアとは仕事にかかわるもの、と捉える方が多いと思いますが、スーパーはライフという言葉を加えて、「人生を構成する一連の出来事」を意識させるためにライフ・キャリア・レインボーという考え方を提唱しました。

Aさんは日頃聞いたことのない横文字を耳にしながら必死に講師の話を理解しようとします。

そして講座は「キャリアコンサルティング」と「キャリアカウンセリング」の違いの説明に進みます。資格制度上はキャリアコンサルタントはキャリアコンサルティングを行うのですが、アメリカから導入され過去30年にわたって日本で展開されてきたのは、キャリアカウンセラーによるキャリアカウンセリングであることを理解するよう講師が説明します。

さて、この両者には違いがあるのでしょうか。もしあるのであればどのような違いがあるのでしょうか。

非常に似ている言葉ですし、同じだよ、と言われる方もいらっしゃるのですが、実はキャリア支援という観点で考えた際にその両者にはかなりの違いがあります。テクノファの講座で目指しているものは、キャリアコンサルタントの資格をまずは取得していただき、その上で、キャリアカウンセリングができるような人材になっていただきたい、というのがテクノファの「キャリアコンサルタント養成講座」の目的です。

さて、そのキャリアカウンセリングができるようになキャリアコンサルタントになる、ということで重要になってくるのは何といっても「内的キャリア」なのです。

いきなり専門用語になってしまい申し訳ありませんが、「内的キャリア」とは何か。その理解は対比される言葉である「外的キャリア」をまずご理解いただくことから入ることが良いと思います。

「外的キャリア」とは、仕事における地位とか肩書、収入などのいわゆる世間一般、つまり外部から見られるその人の仕事の状況です。外側から見たキャリアということです。一方で「内的キャリア」とは、その人自身の心の中にあるやりたいことを中心としたQuality of Lifeを意識したもの、つまり内側から見たキャリアのことです。

内的キャリアの形成においては、やりたいこと(興味・関心)、やるべきこと(使命・価値観)、できること(能力・才能)の3つの統合が大事になります。
講座の中では、短時間ですが、帳票を使ったワークをします。なかなか一人では難しいかもしれないのですが、グループワークとしてやれば、思った以上の成果を皆さんに与える楽しいワークです。一度やり方を会得いただければあとは一人でもできるワークです。繰り返し、定期的にやると効果が期待できるはずです。

そして、内的キャリアを踏まえた上で、カウンセリング・プロセス理論、G.イーガンの援助プロセスについて学んでいただきます。そこでは3つのステージに分けて、①現在のシナリオ、②好ましいシナリオ、③新しいシナリオの実行という考え方を紹介していきます。

そのほかに未来志向アプローチやクランボルツの理論、ジェラッドの理論などの入り口部分の紹介をしていきます。ただし、これらの理論はさっと学んだからと言って十分な理解に達するものではありません。このあと講座が進んでいくことによって深く理解をしていくものになります。
ジェラッドの理論では、未来を創造的に作り出すことが大切です。「キャリアカウンセリングは未来志向カウンセリングである」ことをテーマに、A ; そうなるだろう未来、B ; そうなるかもしれない未来、C;そうなってほしい未来、という三要素の関連を含めてこの先学んでいくことになります。

次に統合的生涯設計(ILP:Integrative Life Planning)のハンセンの理論を紹介していきます。ここでのポイントは何を統合するのか、それは決して仕事だけではない、ということです。人生を統合していくとQOL(Quality of Life)が上がるのか。講座の中では6つの人生課題を提示します。そしてハンセンによるキャリアカウンセラーへの7つの教訓を紹介します。一言でいうと、Change Agent たれ、ということであり、キャリアカウンセラーの職業的意義、価値が非常に高い視点で語られています。

次はサビカスのライフデザイン理論です。これはクライエントの人生を語ることで、その意味を理解し、ストーリーの中で人生を把握することを行っていくものです。
色々な理論が出てきますが、キャリアコンサルタント、キャリアカウンセラーにとってやはりこれらの理論を学んでおくことは将来のためには必須です。ここは頑張って勉強するところです。

そして今日の講座の最後は、キャリアカウンセリングに求められることを以下の6つの視点で整理、包括です。

  • 社会に対する理解
  • 自己理解
  • 自己変革
  • 目標設定と戦略的思考
  • 行動化・スキル・知識・能力の獲得
  • 家族や関係する人たちへの対応

この日を含む12日間のコースでこれらのことを学びそして対応できるようになっていただきます。
(つづく)T.A

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

海外の労働施策(スウェーデンその4)|キャリコン応用編37テクノファ

「キャリアコンサルタント養成講座」 テクノファ30周年記念キャンペーン価格 214,400円 キャリアコンサルタントが知っていると有益な情報をお伝えします。 ■スウェーデンの労働施策(その4) 前回の続きより紹介する。 3 労働条件対策 (1)制度概要 労働条件の決定や紛争解決については労使間で行うことを基本としており、労使交渉・共同決定や労働協約がその中核に位置付けられている。労働時間や解雇等労働契約に関しては法制化もされているが、多くの条項について労働協約において適用除外とすることが可能となっている。1995年のEU加盟以後は、関係法令においてEU指令よりも不利な内容の合意は無効とする旨規 …

海外の労働施策(スウェーデンその2)|キャリコン応用編35テクノファ

「キャリアコンサルタント養成講座」 テクノファ30周年記念キャンペーン価格 214,400円 キャリアコンサルタントが知っていると有益な情報をお伝えします。 ■スウェーデンの労働施策(その2) 前回の続きから紹介する。 ハ 労働移動支援 在職中の労働者が次の就職先を探すための相談や職業紹介等の支援を事業者及び労働者に対して提供する雇用保障協議会(Trygghetsrådet)が、労使協約に基づいて設置されている(事業主は労働者の給与の一定割合を同協議会に対して拠出)。人員削減や健康上の理由により離職が予定されている労働者や有期雇用の労働者は、離職前から次の就職先を探すための相談や紹介を受けるこ …

キャリアコンサルタント実践の要領 32 | テクノファ

今回はキャリアコンサルタントとして活躍している方の近況や情報などをお話しいたします。 自在に生きられるための条件としての「孤独」 「老人の孤独死」「人とのつながり」「イジメ」「仲間づくり」「オリター制度」など、このところテレビを視聴する時間が極端に減ってしまったが、たまに番組を観ていると、上記の言葉がいかに多く飛び交っているかがよく分かる。特に3月から4月へと年度が替わる時期は、出会いと別れに相まって人間関係に大きな変化が訪れる。「新しい友だち作り」は、小・中学校でのクラス替えだけではなく、高校・大学の新入生はもちろん、就職が決まった新入社員、「公園デビュー」を間近に控えた母親、部署替えや転属 …

海外の社会保障施策(イギリスその1)|キャリコン応用編49テクノファ

「キャリアコンサルタント養成講座」 テクノファ30周年記念キャンペーン価格 214,400円 キャリアコンサルタントが知っていると有益な情報をお伝えします。 ■英国の社会保障施策(その1) 今回より英国の社会保障施策についてみていきたい。 英国は、2016年6月の国民投票の結果を受け、2020年1月末にEUを離脱した。この間、社会保障に関して大きな制度改革は実施されていない。年金に関しては、2017年7月に政府報告書で、支給開始年齢の67歳から68歳への引上げ時期を7年前倒しすることが提言された。同報告書に続く2度目のレビューが行われており、2023年5月までに結果を公表する。介護に関しては、 …

海外の労働施策(スウェーデンその6)|キャリコン応用編39テクノファ

「キャリアコンサルタント養成講座」 テクノファ30周年記念キャンペーン価格 214,400円 キャリアコンサルタントが知っていると有益な情報をお伝えします。 ■スウェーデンの労働施策(その6) スウェーデンの労働施策における最近の動向について紹介する。労働施策は今回が最終回となる。 4 労使関係施策 (1)労使団体 労働者団体、使用者団体は、①産業・企業横断的な全国組織、②産業・職業別の全国組織、③企業・事業所別の支部の3層構造となっている。賃金や労働時間などの労働条件に関する交渉・労働協約締結は①の支援の下、②③のレベルで行われている。①のレベルでの交渉・労働協約締結は労使協調や共同決定等に …