実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 17 I テクノファ

投稿日:

このシリーズではテクノファのキャリアコンサルタント養成講座を卒業された方のキャリアコンサルティング実践についてお伝えします。今回お伝えするのはキャリアカウンセラーとして活躍している「キャリアコンサルタント」のM.Iさんです。

初めまして。
キャリアコンサルタントのM.Iです。

私が住んでいるところは、砂蒸し温泉と一年で一番初めに開催される「いぶすき菜の花マラソン大会」が名物の観光地です。私は菜の花マラソンでは毎年大会ホームページの運営ボランティアとして参加しています。
先日の大会でも雨の中、スタートやゴールの様子を写真撮影し、ランナーの応援もしました。撮影しながらゴールで声をかけながら、自分で決めた目標を目指して、ひたすらに走り続ける姿に人の素晴らしさ、強さを感じ感動しました。

私は現在、地元の大学でキャリア科目の授業を担当し、学生の就職活動や進路決定においてどのように考え、どう自己決定していくかについての支援をしています。
学生たちの就職は依然厳しい状況が続いており、学生たちの将来に対する不安も大きくなっています。
一方で自分の進路を決定していく上で、自分の「働く意味」や「どう生きていくのか」といった視点を持てず、労働条件や企業規模など、外的なものに偏っていることが、キャリアに関わるものとして気になっています。
他に、キャリア開発支援の一環として、厚生労働省の事業である『キャリア健診』や企業における従業員のキャリア・カウンセリングや研修なども担当させていただいています。
いずれの場面でも内的キャリアに焦点をあて、「人々が働くことを通じて自分らしい生き方を実現できる」ように努力しているところです。
このメルマガを通じてキャリア開発の現場での出来事や、キャリアコンサルタントとして日々私が感じていることをお伝えできればと思います。どうぞよろしくお願いします。

ここでは小澤先生の講演「不確実な社会を生き抜くキャリア開発」―地球環境が大きく変わっている現代で、私たち一人一人が生きていくこととは?―についてお話ししたいと思います。

人口の爆発的な増加、食糧問題、環境汚染、経済競争の激化、民族紛争等々、日本では少子高齢化社会が進み、2050年には人口1億人を割ると見られています。今私たちを取り巻く環境は、今まで経験のない、新たな問題を抱えています。少子高齢化が進み、人生50年だったものが人生80年になると、仕事をしている期間は50年にもなります。働き方も、正社員が当たり前だった昔から、1990年代中盤以降、企業はリストラや新卒社員の採用抑制により、人員のスリム化を進めてきています。
その一方で、派遣社員やパート、アルバイト、嘱託社員などの非正規雇用者が社員の減少を補うように増加してきて、今日ではさまざまな雇用形態の人が同じオフィス内にいることは珍しくなくなっています。また、生活保護の水準以下の収入しか得られないワーキングプアの問題も深刻な問題になりつつあります。

いまや先人の教えによるだけでは解決できないことや歴史から学ぶだけでは到底足りないことが、広がり始めています。未来が予測できない「不確実な時代」だからこそ、「個を確立する」ということが重要になってきています。和を尊ぶ日本人にとっては、個を確立することは難しいことでもあります。
それは、生き方であり、生きる意味であり、哲学であったり、内的キャリアの自覚であったりします。それらが自分にとって明確になることで、自分自身が成長できたり、心身の健康を取り戻したり、ストレスへの耐性が増してくるのです。

そこで、自分自身が何を目指しているのか、自分自身がどうなりたいのか、「キャリア開発」というものが重要になってくるのです。キャリアコンサルタントの皆さんも頑張ってください。
(つづく)M.I

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 149 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 6.労働時間法制の見直し …

キャリコンサルタント実践の要領 79 | テクノファ

前回に続き、キャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、組織視点を組み込んだキャリアコンサルティングの役割り拡大に対応するスーパービジョン補章を説明します。 (3)キャリアコンサルタント登録制度等検討会2018年度報告書:継続的な学びの促進とスーパービジョンの整備 2017年度報告書を受け、2018年度報告書は、これらの能力要件の拡大を踏まえ、キャリアコンサルタント資格の取得後の継続的な学びの機会として、資格取得後の継続学習、そしてスーパービジョンの重要性を提起している。従来キャリアコンサルタントに求められていた、個別面談スキル、倫理、法令 …

キャリアコンサルタント実践の要領 14 I テクノファ

キャリアコンサルタントの知識の実践 前回に引き続いて相談場面の設定について説明します。次に相談場面の設定について説明します。 相談を始めるにあたって、物理的、精神的両方の意味で場作りを進める必要があります。 ここでは、部屋づくりから始まって、相談の目標について具体的な合意を得るまでを紹介します。 ■物理的環境の整備 物理的環境の整備は、キャリアコンサルタントの職業倫理とも関連していることです。相談業務を行う場合、それが1対1でもグループであっても、面接をする場は安全で来談者が安心して相談ができる場所を用意しなければなりません。個室が理想的です。外が見える窓がある場合には、カーテンかブラインドで …

キャリアコンサルタントの活動領域2 I テクノファ

キャリアコンサルタントの活動領域―需給調整機関領域 2.需給調整機関領域(就職支援領域―職業相談/紹介サービス) この領域の公共機関として、ハローワーク、ジョブカフェ、ヤングジョブスポット等があります。 ハローワークでのキャリアコンサルタントの主な仕事は求職者に対する予約制の個別相談支援です。公的機関であるハローワークは、多様な求職者に対応することが求められる等、官民で求められる役割や対象者の層などは異なるところがありますが、総じて、需給調整機関領域においては、 期待されている役割が明確であり、周囲に同僚等がいる場合が多いことから、学習すべきことが明確であり、かつ自主的な勉強会等も行いやすい等 …

キャリアコンサルタント実践の要領 53 | テクノファ

平成28年にスタートしたキャリアコンサルタント国家試験制度は今年令和3年には約5万人の人が資格保有者となり、キャリアコンサルタント国家資格制度は10万人保有者登録に向けて順調に進んでいると評価できると思います。一方で、数が増えると質が落ちるというすべての世界に共通の現象がキャリアコンサルタント国家資格制度にも忍び寄っているのではないかと危惧します。 前回に続きキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、既存のスーパーバイザー養成等の実態把握の、スーパーバイザー養成の考え方、養成方法の部分から記述します。 1.モデル実施 (1)モデル実施協力 …

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031