実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 19 I テクノファ

投稿日:2020年12月10日 更新日:

テクノファのキャリアコンサルタント養成講座を卒業し、キャリアカウンセリングの実践で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報、及び実践の様子などをお伝えします。今回はM.Iさんです。

私が活動しているNPO法人キャリア形成支援センターでは2ヶ月に一回勉強会を開催しています。会員の皆さんのご希望もあり今回のテーマは「ロジャーズ」について再確認することになりました。

キャリアコンサルタントが本格的にロジャーズについて学ぶとしたら膨大な時間になるのですが、今回は2時間という限られた時間であるため、ロジャーズの足跡をたどりながら、その理論や哲学の変遷を確認していこうということにしました。

以前キャリアコンサルタント仲間たちとはロジャーズに関する読書会を通して学んだこともあり、一定程度は理解していると思っていましたが、今回改めて読み直しまとめ直していくうちに、思い出したことや新たに気づいたことも多く、まだまだ学習が必要だと痛感しました。

一方で、しっくりこなかったことや、カウンセリング勉強会などで参加者の方からの質問で伝えきれなかったことに対しても自分なりに考え直すきっかけにもなり、私自身にとって貴重な体験となりました。

キャリアコンサルタントには、「自身の自己理解」を深めることと、「絶えざる自己研鑽」が求められているということが言われているのですが、本当に大切だと実感する出来事でもありました。

私にとってはロジャーズに触れるたびに自分と対話する機会にもなり、これからもさらに学んでいきたいと思っています。そして、引き続き各地の仲間たちとも一緒に学んでいけたらと考えています。

ロジャースが「おそらく今世紀でもっとも重要な社会的発明」と言っているベーシック・エンカウンター・グループは、人間性回復運動と連動し、カリフォルニアを中心に1960年代後半から盛んになりました。エンカウンターとは、他者との出会い、自己との出会いを意味しています。通常、8~12名ぐらいの参加者(メンバー)と1~2名のファシリテーターで構成されます。年齢、性別、職業、地位、役割、人種などを越え、1人ひとりが対等の個人として心を開いて率直に真実を語り合うグループです。國分康孝氏はベーシック・エンカウンター・グループを参考にしながら、比較的短時間でグループ体験ができるようにと、エクササイズを中心とした構成的グループ・エンカウンターを開発しています。

グループの形態やファシリテーターのあり様によってグループ・プロセスは異なってきますが、ロジャースによるとベーシック・エンカウンター・グループのプロセスと特徴は以下のようになります。

ベーシック・工ンカウンター・グループの基本的プロセス
①ファシリテーターはグループ内に、安心して感情を表現できるような心理的に安全な雰囲気を生み出す。
②安全な雰囲気のなかで、メンバー自身および他者に対するさまざまな直接的感情が表現される。
③直接的な感情表現には、肯定的なものと否定的なものとが含まれるが、本当の気持ちを表現するなかで、メンバー間相互の信頼が生まれ、メンバーはありのままの自分を受容する方向へ動いていく。
④防衛的な固さから解放され始めると、態度や行動、対人関係のあり方などの変化を恐れなくなる。互いに他人の話をきちんと聴けるようになり、他人から学べるようになる。
⑤このようなフィードバックが展開されると、メンバーは他人のなかで自分がどのように映っているか、人間関係のなかでどんなインパクトを与えているかを学ぶことになる。
⑥自由さとコミュニケーションの改善が進むと、新しいアイディア、新しい考えが顕れ、新しい変革が可能になってくる。

ベーシック・エンカウンター・グループの特徴 は次のようになります。
①グループの目標
メンバーが自分のあらゆる感情を探求することができるように安全な心理的風土を提供する。メンバーが新しい経験に次第に心を開いて溶け込み、自分自身と自分の判断への自己信頼を発達させるのを援助する。メンバーが現在を生きることを促進する。メンバーが率直さ、正直さ、自発性を開発するのを援助する。メンバーが、今ここ(here and now)で他者と出会い、疎外感を克服する場所としてグループを利用することを可能にさせる。

②ファシリテーターの役割と機能
グループを方向づけることはせずに、グループのプロセスを促進する。すなわち、コミュニケーションの問題を扱う、信頼と安全の心理的風土を確立する、効果的に機能するようにグループを援助する。中心的な課題は、セッションのなかで真実であること、ケア、尊重、共感的理解を示すことである。寛容さと新しい行動を試みることが、おもな役割である。しばしばグループで起きていることについての個人的な感情と印象を表現することによって共有する。

③構造化の程度と責任の分有
ファシリテーターは、グループに構造や方向をほとんど与えない。メンバーは、自らが意味ある方向を見つける、相互に助け合うことができる、建設的な成果を生み出す、という能力を持つ、信頼できる存在である。

④グループの技法
技法よりもファシリテーターの態度が強調される。構造化された、あるいは計画された技法は、ほとんど用いられない。基本的な技法は、積極的傾聴、感情の反映、明確化、支持、メンバーのために “ともにそこにいること”である。

前提となる基本的仮説
①人間は全体性と自己実現へと向かう傾向があり、メンバーとグループはファシリテーターの最小の援助で、方向を見出すことができる。すなわち、メンバーとグループの資質・能力に基本的な信頼が置かれている。
②技法よりもファシリテーターの特質・態度が強調される。ファシリテーターは“どうするか(a  way of doing)”よりも“どうあるか(a way of being)”が問われる。ファシリテーターの第一次的機能は、 安全で豊かな癒しの心理的雰囲気を創りだすことである。ファシリテーターはメンバーに対して、真実性(自己一致)、無条件の肯定的関心、正確な共感を体験していて、メンバーがこれらの条件を知覚すればするほど、パーソナリティの変化と成長が生じる。

(つづく)K.I編集

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

イギリスの労働力人口|キャリコン応用編52テクノファ

「キャリアコンサルタント養成講座」 テクノファ30周年記念キャンペーン価格 214,400円 キャリアコンサルタントが知っていると有益な情報をお伝えします。 ■英国における「コロナ禍以降の非労働力人口の増加と人手不足」 英国では、コロナ禍以降、非労働力人口の増加、特に50歳から64歳の非労働力人口の増加が目立っている。また、トラック運転手の不足により物流に大きな支障が生じていることが報じられるなど、人手不足が深刻な問題となっている。ここでは英国の状況について概観したい。 1 非労働力人口の状況 英国の労働力人口は2019年まで増加傾向にあり、新型コロナウイルスの感染拡大が本格化する前の2019 …

児童育成人材|キャリコン実践の要領241テクノファ

キャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。 ■児童育成人材 子どもを育てながら働きたいという希望を実現するため、2025(令和7)年の保育所の利用児童数のピークに対応し、新たに約2.5万人の保育人材が必要である。 25~44歳の女性就業率は年々上昇し、それに伴い保育の利用申込者数も増加しており、保育所の利用児童数のピークは2025年となる見込みである。可能な限り早期に待機児童の解消を目指し、子どもを育てながら働きたいという希望を実現できるよう、病児や障害児、医療的ケア児、外国籍等の子どもの受入体制整備も含めて引き続き必要な保育の受け皿の整備に取り組む必要がある。2020(令和2 …

キャリコンサルタント実践の要領 66 | テクノファ

このコーナーは、テクノファキャリアコンサルタント養成講座を卒業され、現在日本全国各地で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報などを発信しています。今回はM.Iさんからの発信です。 企業からの相談案件に【評価】を巡るものが増加傾向にあります。前回のメルマガに引き続き【評価】について考えてみます。前回は【時間軸】を通して評価の目的を見てみました。 今回はそれぞれの欲求と評価との関係を見てみようと思います。 欲求については「マズローの欲求5段階説」が広く知られています。 人の欲求は下位のものから「生理的欲求」→「安心・安全欲求」→「社会的欲求」→「承認欲求」→「自己実現欲求」と5つの …

キャリアコンサルタント実践の要領 102 | テクノファ

キャリアコンサルティングの社会的意義 キャリアコンサルティングを学ぶ前提 キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解 …

うつ病を自覚したクライエント I テクノファ

仕事や人間関係に行き詰まり、自分がうつ病であることを自覚しないままキャリアコンサルティングの面談に訪れる人が多くなっています。厚生労働省のサイトによると、うつ病など気分[感情]障害(躁うつ病を含む)患者は、平成14年は71.1万人、平成29年は127.6万人と16年で倍近くまで増加しています。 この数値の伸びに比例するようにうつ病の症状のある人との面談の機会が増えてきたということでしょう。 今回はうつ病を発症した人との面談事例を紹介します。相談者は30代後半の女性Aさんです。Aさんとは以前にも面談したことがあります。当時の面談内容は次のようなものでした。 Aさんは、新卒で地元の中堅企業に勤め、 …