基礎編・理論編

キャリアコンサルティングとキャリアカウンセリング  9 | テクノファ

投稿日:2020年12月22日 更新日:

キャリアコンサルティング(以下、CC)におけるスーパービジョンは、古くは2006年3月中央職業能力開発協会の「CC実施のために必要な能力体系等の見直しに係る調査研究」において示されたCC能力体系四大項目のうちのⅣ「CCの包括的な推進・効果的実施に係る能力」の一つ「自己研鑽・スーパービジョン(以下、SV)」として取り上げられています。ここでのSVは次のように記されています。「SVの意義、目的、方法等を十分に理解し、スーパーバイザーから定期的に実践的助言・指導(SV)を受けることの必要性を認識していること。また、SVを受けるために必要な逐語録等の相談記録を整理することができること。」
最近では、2018年3月に公開されたキャリアコンサルタント登録制度等に関する検討会による「キャリアコンサルタントの能力要件の見直し等に関する報告書」で「キャリアコンサルタントの継続的な学び・能力レベルアップには、更新講習職務経験 や事例指導(SVを含む)の充実が当然必要であるが、、、」との記述がみられます。また、同報告書の「キャリアコンサルタントの能力要件の見直し概要」では、国家資格キャリアコンサルタント指導レベルとキャリアコンサルタント技能検定1級の能力要件として「一つ以上の専門領域を持ち、それ以外の領域においても一定 程度以上の支援が可能、かつ、SV機能及び領域間のコーディネイト機能を併せ持つレベル」が記されています。
以上の記述から、キャリアコンサルティングにおけるSVは「スーパーバイザーから定期的に実践的助言・指導(SV)を受けることであり、キャリアコンサルタントの継続的な学び・能力レベルアップに必要。そして、国家資格キャリアコンサルタント指導レベルと技能検定1級キャリアコンサルタントはSVを行えなければならない」とまとめられます。
しかしながら、これだけの記述では、1.「SVとは具体的にどんなことなのか。」2.「SVを受けるにはどうすればよいのか。」そして、3.「SVが行えるとはどのようなことなのか。」について分らないのではないでしょうか。そこで、今回から、これらの3つの面からSVについて、現在進行形で筆者が学んでいることや体験しつつあることも交えてレポートします。
1.SVとは具体的にどんなことなのか
キャリアコンサルタントを対象とするSVについては公式な定義が示されていません。しかしながら、以前この連載で取り上げたカーカフのヘルピングの紹介で記した『カウンセリングは心理療法めいた援助技法ではなく、健常者を対象とする援助的人間関係(helping human relationship)』に照らし、カウンセラーを対象とするSVはキャリアコンサルタントへも適用可能という前提で、SVとは具体的にどんなことなのかについて、カウンセリングSVにおける(1)定義、(2)目的、(3) スーパーバイザーの役割、機能 の面から記したいと思います。
これから記す内容は、既に15年経過していますが、私がSVに取り組むきっかけになり、今もSVの原点にしている2005年11月に行われた日本産業カウンセリング学会研修会「ケース・スーパーヴィジョン」における平木典子先生のレクチャーを記録した私ノートをもとにしてあります。講義の私ノートですので文責は筆者にあります。なお、平木先生は2017年「増補改訂心理臨床スーパーヴィジョン」金剛出版を出されていますのでご一読ください。また、SVの表記にはスーパービジョンとスーパーヴィジョンの二つがありますが、このレポートではスーパービジョンを用いています。
(1)定義
SVとは、一般的に下記のことを意味しているとまとめられます。
・個人を対象として行われるカウンセリング訓練の一つ
・監督訓練、監督教育
・臨床実践を通して行われる具体的、直接的、個別的訓練

実施形態という観点から整理すると、SVは個人―個人(スーパーバイザー(以下、SVor)―スーパーバイジー(SVee))の場合もあれば、集団―個人の場合もあります。SVの形態がどちらであってもSVor―SVeeの関係は、指導・評価的関係であり、人と人との関係でもあることが必要とされています。
指導・評価的関係とは、SVorが「実践がどこまでできるか」「どこが欠落しているか」「標準にあっているのか」あるいは「どこをより磨かないといけないのか」という観点からSVeeに対して評価的介入ができることである。また、人と人の関係とは、SVor―SVeeとは同等な関係であることを意味しています。
また、SV実施のためには、ケースの記録や記憶、ライブ、陪席、あるいは、共同面接(cowork)等によってSVeeのカウンセリングプロセスがSVorに見える必要があります。そして、一定の基準に照らしてSVeeがカウンセリングできるということが明確になるまで継続できることが重要といわれています。
以上のことを踏まえてSVを再定義すると「専門的能力向上、実践の質の維持、そして、実践者の責任の遂行を図るなどの一定の目標をもったカウンセラー養成のための実践教育」ということができます。
そして、SVは単なる教育訓練やコンサルテーション、あるいはカウンセリングとは明確に区分されるものです。このため、SVorは、カウンセラー育成過程において前述の役割を果たすための重要な位置付にあるところから米国ではGATE Keeperと呼ばれています。
キャリアコンサルタント 1級技能士 上脇 貴

-基礎編・理論編

執筆者:

関連記事

道徳主義と実用主義 | テクノファ

横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであるとキャリアコンサルタント養成講座の中で強調されていました。そして数多くの著書を世の中に送り出しています。 今回はその中からキャリアコンサルタントが知っていると良いと思われる「組織文化とリーダーシップ」を紹介します。 本記事はエトガー・H・シャインの著作「組織文化とリーダーシップ」を横山先生が翻訳されたものです。横山先生はシャイン博士が2006年来日した時の立役者(JCC:日本キャリア・カウンセリング研究会が招待した、彼と娘さんが来日した)で、東京、大阪 …

キャリアコンサルタント養成講座 87 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリアコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に16年もの間先生の思想に基づいたキャリアコンサルタント養成講座を開催し続けさせていただきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであるという鋭い分析のもと数多くの研究成 …

キャリアコンサルタント養成講座 40 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 13 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリアコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に14年もの間先生の思想に基づいたキャリアコンサルタント養成講座を開催し続けさせてきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現の …

キャリアコンサルタント熟練レベルを目指して 2 I  テクノファ

熟練キャリアコンサルタントを目指すにあたって、近道はありません。実践経験を積みながら、日々研鑽を重ねることが何より重要です。 ■「自ら成長したい」という強い思いが不可欠 熟練キャリアコンサルタントになるために、近道や特効薬はありません。継続した学習と実践を積むしかありません。そのうえで、ケースにおける失敗経験を反省し、自身の力量を自覚するとともに、成功経験をその後の活動に効果的に反映させるべく、活動に対する先輩や指導者からのフィードバックを求め、自分の資質の向上に努めることなどで、はじめて熟練キャリアコンサルタントに近づいていきます。つまり、熟練キャリアコンサルタントを目指すには、受け身の姿勢 …

重要課題は家族と仕事をつなぐ | テクノファ

私は横山先生と2004年に初めてお目にかかりました。当時テクノファはISOマネジメントシステムの研修機関として、JAB(一般公益法人日本適合性認定機関)の認定を日本で最初に受けた第三者審査員養成講座を開設しておりました。当時、ISOマネジメントシステム規格には心が入っていないと感じていた私は、その時に横山先生にキャリアコンサルタント養成講座立ち上げのご指導をお願いしました。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであるとキャリアコンサルタント養成講座の中で強調されていました。そして数多くの著書を …