基礎編・理論編

キャリアコンサルタント養成講座 2I テクノファ

投稿日:2020年2月5日 更新日:

スポンサーリンク

皆様こんにちは

私は、第28期テクノファ・キャリアコンサルタント養成講座を卒業し、現在経営コンサルタント兼企業領域キャリアコンサルタントをしております。

それでは、つれづれなるままに、「私の思うキャリアコンサルタント」についてお伝えいたします。

 

私は、経営コンサルをする中で、従業員は企業にとっては「財産」であり、「人材」ではなく「人財」という認識を持っております。人財を働きやすい環境の中で大きく育てることは、企業の成長にも寄与するはずとの考えから、「経営のみならず人に関わることにも関与し、従業員が生きがいを感じつつ楽しく仕事に向き合えるようなお手伝いができれば良いなぁ」と思っておりました。そんな時、「キャリアコンサルタント」と言う単語が飛び込んできました。「よし!これだ!」国家資格云々と言うより、人のキャリアに関連する諸知識を身に着けることができるというインセンティブが私の心を大きく動かすと同時に、思い立ったが吉日と早々行動を起こしました。

ネットサーフィンの末、テクノファ・キャリアコンサルタント養成講座に出会いました。養成講座を実施する様々な機関がある中で、テクノファのカリキュラムは、国家資格取得を目的とすることは当然のことですが、それ以前に、ひとり一人のキャリアの成長にとって真に必要な知識構築が得られる内容となっており、また、それぞれを担当する講師の方々が、第一線でご活躍されている超一流の方達ばかり、何とも勿体ないほどのホスピタリティなのかと感激したことが思い出されます。

 

養成講座で、キャリア開発、自己理解・職業理解、キャリアカウンセリング理論等々を学ぶ中、私が今まで生きてきた世界とは全く違う単語が飛び交い、新しい世界が開けていくことに心が躍りました。そうか私は「自分自身の働く意味はここにあったのか」「生きている上での拘りはこれなのか」「なりたい自分はこの姿か」などと、自分自身を見つめる機会ともなり、講義が進んでいくに従い、私自身が変わっていくことを発見し、自信も生まれ嬉しい驚きを感じるようになりました。

これを読んでくださっている皆さんは、養成講座のキャリア理論の中で、「クランボルツの計画された偶然」を学ぶことと思います。スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授らが提唱したキャリア理論ですが、個人のキャリアの8割は偶発的なことによって決定される。その偶然を計画的に設計し、自分のキャリアを良いものにしていこうというポジティブな考え方の理論です。偶然を活用してチャンスをつかむ、そのチャンスを見つけるために積極的に行動することが更には幸運を作り出していくものとしています。

常に学び、挑戦し、好奇心を持ち続け、自分の変化や成長のために偶然に起こるであろうチャンスのために自らの体制を準備していくことが大切なのだと教えてもらいました。

 

私は、前職では長い間組織の一員として仕事をし、その中での数多くの財産となる経験をし、セカンドライフを歩みたいと思った際に背中を押してくださった方が出現して起業、独り歩きを始めてからも人々の支援やチャンスに恵まれ、そして、テクノファ・キャリアコンサルタント養成講座と出会い、そこから生まれた新たな私のキャリアデザインと新たな人々との関わり。これは、テクノファ・キャリアコンサルタント養成講座の出会いがあったから、このような認識の醸成と納得感による更なるチャレンジへの模索に向けた勇気につながったものだと思います。「計画された偶然(planned Happenstance Theory)」が常に傍らにあり、私の人生そのものがこの8割の計画された偶然により形成され、そしてこれからもそうであることを実感していると言っても過言ではありません。

とはいえ、キャリアコンサルタントの資格を取得してからの人生はまだ数年しかたっていません。キャリアコンサルタントの国家資格を取得したその日から、直ぐに一人前とは思いません。そこからがスタートなのだと私は強く感じています。人を支援するなんていう思いはもってのほかであり、クライアントさんを通じて、私も成長させていただくのだと私は思っています。

私が、組織の中で仕事と向き合ってきたことで得た財産を基盤として、更に、キャリアコンサルタントとして成長のために、多くのスキルと経験を積み重ねていかなくてはいけないと痛感しています。今は、自分の向かう方向も見え、そのためには何が必要であり課題となっているか、それらを補完するために何を学ぶべきかが分かってきたところです。これからも多くの学びにより、キャリアコンサルタントとして「高みを目指す」のではなく、「深化を目指す」ことを心掛けていきたいと思います。

 

講座の中で講師の方から、何度も「自己研鑽が必要」と言われていましたが、今、キャリアコンサルタントとして自律し改めて、「本当にそうだ!」と納得し、積極的に学ぶ姿勢で前に進んでいます。このように私の意識改革の機会をくださったテクノファに心から感謝をしています。

いつか自信を持って、「あなたを支援します」と大それたことを言える日が来ればよいのですが、当分は「共に成長です。」でも、この方が私らしいかなとも思います。

 

さて、あなたはどのようなキャリアコンサルタントを目指すのでしょうか。楽しみですね。

 

テクノファでは、「テクノファ・キャリアコンサルタント実践研究会」という養成講座卒業生が組織する研究会があり、学びの場を提供しています。卒業したら終わりではなく、一緒に継続的に学んでいきましょう。いえ、是非、あなたと一緒に学んでいきたいです。

それでは、お会いできますことを楽しみにいたしております!

(鈴木恵枝)

 

 

-基礎編・理論編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント養成講座 92 | テクノファ   

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に16年もの間先生の思想に基づいたキャリコンサルタント養成講座を開催し続けさせていただきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のため …

キャリアコンサルタント養成講座 34 |   テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜11 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に14年もの間先生の思想に基づいたキャリコンサルタント養成講座を開催し続けさせてきました。 先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORK …

キャリアコンサルタント養成講座 57 | テクノファ 

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 キャリアコンサルタントに参考になる話として、横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがありはずであるという鋭い分析のもと数多くの研究成果を出されてきております。 先生には多くの著者がありますが、今回は「硬直人事を打破するために-人事管理自由化論」の中で、管理なき人事へ(人間の自由化)を掲載させていただ …

キャリアコンサルタント養成講座 78 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に16年もの間先生の思想に基づいたキャリコンサルタント養成講座を開催し続けさせていただきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のため …

キャリアコンサルタント養成講座 45 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜15 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に横山哲夫先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に14年もの間横山哲夫先生の思想に基づいた養成講座を開催し続けさせてきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWO …

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031