実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 30 | テクノファ

投稿日:2021年1月18日 更新日:

今回もキャリアコンサルタントとして活躍している方の近況や情報などを発信いたします。

「褒めて育てる・・」に関する誤った認識について

褒めること」が、いかに人の自信を失わせ、ヤル気を削いでしまうかについて書いてみたい。このことについては意外に思われる方が多いだろう。というのは、書店に行けば「ほめる子育て」とか、「ほめ方」について書かれている本が多く、そのどれもが「褒めることは良いことである」といった前提に立っているからだ。

人は多くの場合、「結果」を褒める。よくできたね」、「頑張れたね」、「偉いね」・・といった具合に。むろん、出来ていない!と過度な叱責を受けたり、達成できていない不足の部分を貶されるような ” 減点法 ” 的に関わるよりも、どちらかといえば” 加点法 ” 的な意味で「褒められる」ほうが幾分マシではある。それゆえ、社会的な通念として「まだ幼い子どもに対しては、できるだけ褒めて育てるのが望ましい」とされている。

高校受験にしても、「数学がこの点数では、希望する高校には到底受からんぞ!」などと脅されるよりも、「他の科目は出来ているのだから、あとは数学の点数さえ取れれば合格できるぞ!もう受かったも同然だな!」とでも言われたほうがヤル気も出るだろう。

同じ状況ではあっても、人はどのような言われ方をされるかによって、受け取る認識が大きく異なるものである。たとえば、よく遣われる「いい子だね」という言葉がけについて考えてみよう。このような言葉がけにおいては、「私にとって都合が・・」という前提が無言のまま省略されていることを知っているだろうか。

「あいつ、いいヤツだ」→友人としてつきあってる自分にとって都合が・・
「あの子、いい生徒よ」→教師である俺にとって都合が・・
「この子は、とてもいい娘(息子)なんです」→親である私にとって都合が・・
「あの人って、とてもいい人なんだよ」→周囲のみんなに対して、に気を遣ってくれるから・・
という意味である。

これらは所詮、「条件つきの承認」でしかない。そのどれもが「関わる側に在る自分の都合による勝手な評価」でしかなく、無理をして「いい人」を演じている本人としては、周囲に気を遣うことによって疲弊し切っているかもしれない。つまり、褒めるという行為は、あくまでも「こちら側の主観に拠る評価」であり、その基準もまたひじょうに曖昧で、気分や状況によって左右されるような ” いい加減なもの” なものなのである。

少なくとも、気を遣うにしろ、頑張ったにしろ、そのことを実感しているのは紛れもない本人であり、本人しか知りえないはずである。ならば、そのことを誰かによって判定される類のものではないと言えるだろう。たとえば、ある子がテストで100点を取ったとする。ハナマルのついた答案用紙を親に見せたときに、「おお、100点か!よく頑張ったな!」と言われたとしよう。

キャリアコンサルタントの方はこのコンテキストは、何かがおかしいことに気づかないだろうか?この「今回、おまえは頑張れた」という評価は、100点を取れたという結果によって初めて成立することなのだろうか?そうではないはずだ。頑張ったからこそ100点が取れたのである。

もし、いつもと同じように頑張ったとしても、たまたま95点しか取ることができなかったとしたら、頑張ったことは認められないのだろうか?取り組んだ本人としては懸命に努力し、これ以上ないくらい頑張ったつもりであっても、結果が出なかったというだけでその苦労が報われることもなく、「頑張った甲斐がなかった・・」と感じてしまうのは当然である。

おそらく、次回以降は取り組む気力も失せてしまうと思われる。しかも、それだけには留まらない。「結果が全て」と思い込んでしまうと、100点を取れそうにない(うまくやれそうにない)ことが予想される場面では、やるだけ無駄だという想いから最初からチャレンジしないで棄権しようとするような” オールORナッシング ” (ゼロか100か・・)的な萎縮した性質が身についてしまうだろう。

このように、「成果主義的な評価」、つまり結果を褒めることは、時にモチベーションの低下を招く危険があるのだ。もし、どうしても評価する必要があるならば、「結果を褒める」のではなく、「そこに至るまでのプロセスを認めること」が重要である。たとえば、子育ての場面で言えば、「お手伝いができて、えらい子だねえ。」などと褒めるのではなく、その代わりに、「お手伝いしてくれてありがとう。助かったよ。」と、自発的に動いた子どもの行動力を認め、尊重し、こちら側としての感謝の気持ちを伝えるほうがよほど価値がある。年齢は関係ない。大人とて湧く想いは同じである。

成果主義において、なんとか結果を出せた者にとっては、「不利な立場にならずに済んで安心した」だけで終わってしまうだろうし、逆に良い結果を出せなかった者にとっては、これまで努力してきたことの全てが無駄であり、頑張り抜いたことも無意味だったように思えて落胆してしまうことになる。このような関わり方は、人材育成の過程ではけっして好ましいとは思えないし、実際的に機能するとは考えにくい。明確な目標を持つことや、それを達成するために真剣になることは大切だが、育てるという観点で捉えるならば、「褒める」から「認める」へと、その対応を変える必要がある。

キャリアコンサルタントとして知っておきたいのは、プロセスがあって結果があることである。重要なのはプロセスである。結果は、プロセスの後に付いてくるものではないだろうか。さらに言えば、たとえ望んだ結果が得られなくとも、ワークモチベーションを低下させないために、「いつも、あなたの頑張りを観ているよ」という上司からの無言のメッセージが確実に伝わっている必要がある。

これについては、親子関係も同じである。「あなたのことは常に気にかけているよ。頑張っている姿をいつも観ているよ」という、親側の姿勢にこそ価値がある。” 自分が大切に扱われている “ という子自身の実感が「存在の肯定」を生み、いずれ「自己肯定」へと変化する。そして、何かに取り組んでみようとするための動機づけになるのである。もちろん いずれは、他者から承認されることによって行動できるのではなく、自己承認と自己決断に従って行動を選べる段階へと成長していくことが理想ではある。

しかし、そこに至るためには前発達段階として「他者から承認されること」もまた、必要条件のひとつなのである。
(つづく)K.I

 

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 200 | テクノファ

テクノファは、あなた自身が輝いて働く(生きる)ためのトレーニング・講座をご提供しています。何よりも、自分の人生を自分で計画し切り開いていく、そのための自分自身が、何になりたいのか? そもそも自分は何者なのか? どうやったらなりたいものになれるのか。一つ一つを明確にすることで、地面が揺らいだときにも、急に会社の方針が変わったとしても、しっかりと地面をつかむことができ、自分の働き方をつかむことができるのです。常に成長し変化している人の成長を支援することがキャリア開発支援です。 キャリアのカウンセリング・コンサルティング・ガイダンスや、キャリア教育、人材育成など、人の成長にかかわっている方々や、部下 …

キャリアコンサルタント実践の要領 179 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 3 看護職員の資質向上 …

キャリコンサルタント実践の要領 67 | テクノファ 

キャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、現段階でのスーパービジョンの基盤整理についての部分を、報告書から記述します。 ここではすでに記述した内容を踏まえた現段階でのスーパービジョンの基盤整理 (スーパービジョンの標準化に向けた考え方)を示すが、中心は既存のスーパーバイザー養成機関等が採用しているカウンセリングをベースとしたアプローチである。 しかし、今後はセルフ・キャリアドック等をはじめとする企業組織領域におけるスーパービジョンも重要性を増してくることから、これに焦点を当てた考え方は補章で示すこととする。 1.スーパービジョンの必要性 …

キャリアコンサルタント実践の要領 34 | テクノファ

今回はキャリアコンサルタント学校領域での活動の一つであるキャリア教育について、国立教育政策研究所の資料を参考にしながらキャリアコンサルタントの実践の要領を勉強します。 ■ 従来の進路指導とキャリア教育は違うのか 旧文部省は、進路指導の概念として「卒業後の進路選択も含めて、どのような人間になりたいか、どのような生き方が望ましいか、という長期的な人間形成をめざす教育活動」と説明しています。 一方、キャリア教育は一人ひとりがふさわしいキャリアを形成し、自立していけるよう、必要な意欲や態度や能力等を育てることを目指しています。つまり、キャリア教育は、一人ひとりの社会的・職業的自立に向けて必要な能力等を …

キャリアコンサルタント実践の要領 147 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 2.■ 不妊に悩む夫婦へ …