国家試験

キャリアコンサルタント国家試験合格 34 | テクノファ

投稿日:2021年2月4日 更新日:

前回に続きキャリアコンサルタントに向けて2級キャリアコンサルティング技能検定の概要について、受検資格や、その手続きについて説明します。

■実技・学科いずれかの受検も可
キャリアコンサルタントを目指す方は学科試験、実技試験どちらか一方の受検は可能ですが、学科試験、 実技試験にそれぞれ合格したときのみ2級キャリアコンサルティング技能士と称することができます。
実技試験は論述試験と面接試験両方受検し、いずれとも合格点(60点)に達しなければなりません。合格点(60点)にどちらかが達したとしても、もう一方が未達の場合は、次回もう一度、両方を受検しなければなりません。
検定試験は、年度内2回(春と秋)行われる予定になっており、翌年度計画は、毎年3月末までに検定HPの「受検案内」に発表されます。

■2級キャリアコンサルティング技能検定の試験科目とその範囲

試験区分 出題形式 問題数 合格基準 試験時間 受検手数料
学科試験

 

筆記試験(四肢択一のマークシート方式による解答) 50問 100分 100点満点で70点以上の得点 8,900円(非課税)
実技試験

 

論述 記述式による解答 1ケース 60分 100点満点で60点以上の得点 29,900円 (非課税)
面接 ①ロールプレイ
(受検者がキャリアコンサルタント役となり、相談を行う。ケース内容および試験実施の概要については、受検票に記載。)②口頭試問
(自らの相談について試験官からの質問に答える)
1ケース 30分(ロールプレイ20分、口頭試問10分) 100点満点で60点以上の得点

※評価区分ごとに満点の60%以上の得点(所要点)が必要。

※学科試験と実技(論述)試験は同日、同会場で行います。
【出典】:「2級キャリアコンサルティング技能検定受検案内」

■試験会場は7つの主要都市が主体
学科試験と実技試験が行われる場合は、学科試験と実技(論述のみ)試験は、同日、同会場で行われます。
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の主要都市を主体に回によって決まった地区で実施されています。

■2級キャリアコンサルティング技能検定の試験科目とその範囲
2級キャリアコンサルティング検定試験の合格に必要な技能と、これに関する知識は次のとおり。(2020年度からの出題範囲)

試験科目 その範囲
学科試験

キャリアコンサルタントの社会的意義

1 社会及び経済の動向並びにキャリア形成支援の必要性の理解

キャリアコンサルタントの役割の理解

Ⅱ キャリアコンサルティングを行うために必要な知識 1 キャリアに関する理論

2 カウンセリングに関する理論

3 職業能力開発(リカレント教育を含む)の知識

4 企業におけるキャリア形成支援の知識

5 労働市場の知識

6 労働政策及び労働関係法令並びに社会保障制度の知識

7 学校教育制度及びキャリア教育の知識

8 メンタルヘルスの知識

9 中高年齢期を展望するライフステージ及び発達課題の知識

10 人生の転機の知識

11 個人の多様な特性の知識

Ⅲ キャリアコンサルティングを行うために必要な技能 1 基本的な技能

2 相談過程において必要な技能

キャリアコンサルタントの倫理と行動 1 キャリア形成及びキャリアコンサルティングに関する教育並びに普及活動

2 環境への働きかけの認識及び実践

3 ネットワークの認識及び実践

4 自己研鑽及びキャリアコンサルティングに関する指導を受ける必要性の認識

キャリアコンサルタントとしての倫理と姿勢

実技試験

キャリアコンサルティング作業

Ⅰ キャリアコンサルティングを行うために必要な技能

1 基本的技能

2 相談過程において必要な技能

【出典】「キャリアコンサルティング協議会ホームページ受験概要」

■合否通知は試験終了後2カ月ころ
合否通知は、検定試験がすべて終わった後、およそ2カ月後に受検申請書に記載された送付先住所へ郵送されます。また、同時に検定のホームページにも受検番号で掲載されます。

■試験が免除されるケースとは
学科試験あるいは実技試験のどちらか一部合格者は、次回受検の際に、合格した試験が免除されます。一部合格による次回試験免除の適用を受ける場合は、受検申請の際に「一部合格番号」が必要となりますので、合格通知を保管しておいてください。
なお、一部免除の適用期間は、合格した学科試験もしくは実技試験の試験日の翌々年度末(3月末日)までに行われる検定試験までとなっています。

■出題範囲に関わる「法令基準日」とは
試験問題の出題は、試験年度の4月1日時点ですでに施行(法令の効力発効)されている法令等に基づいています。また、試験範囲に含まれている時事的問題など、キャリアコンサルタントに関連するものとして知っておくべき知識・情報については、基準日に関わらず出題される可能性があるので、注意が必要です。

■受検申請手続きについて
受検申請には、Web申請と郵送申請の2種類の申請方法が用意されています。また受検申請には「個人申し込み」と 「団体申し込み」の2つがあり、団体申し込みは、法人格を有する団体で、2人以上で申し込みをする場合に限られます。
団体申し込みの場合は郵送申請を利用します。申請書類等はキャリアコンサルティング技能検定検定センターHPで確認してください。
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家資格合格2 I テクノファ

厚生労働省は2016年(平成28年)、今まで民間資格であったキャリアコンサルタントを国家資格に位置付けました。職業能力開発促進法を改正して職業選択や能力開発に関する相談・助言を行う専門家を「キャリアコンサルタント」として規定することで、キャリアコンサルタントの質を担保することとなりました。厚労省は、「働き方改革」などの政策を推進する中で、キャリアコンサルタント4つの活動領域、すなわち企業、学校、就業、地域領域におけるキャリアコンサルティングの体制整備の必要性をうたい、2024年までに10万人のキャリアコンサルタントの育成を目標としました。 キャリアコンサルタント国家資格制度の特徴は以下の3点で …

労働力率の推移|キャリコン国家試験合格14テクノファ

キャリアコンサルタント国家試験の対策を行ううえで、知っておくべき情報をお伝えします。 ■労働力率の推移 (2021年の労働力率は前年差0.1%ポイント増の62.1%となり、女性は全ての年齢階級で、男性は「15~24歳」及び60歳以上の年齢層で上昇) 労働力率の推移についてみていく。労働力率とは、労働力人口が15歳以上人口に占める割合を示した指標で、人々の労働参加の状況を表す。男女別・年齢階級別の労働力率の推移をみると、2013年以降、女性や60歳以上の年齢層を中心に労働参加が進んできたことが分かる。労働力率は、2019年までは、女性の全ての年齢階級において、男性の「15~24歳」と60歳以上の …

春季労使交渉の動き|キャリコン国家試験合格24テクノファ

キャリアコンサルタント国家試験の対策を行ううえで、知っておくべき情報をお伝えします。 ■春季労使交渉 (春季労働交渉の動向) ここでは、2021年の春季労使交渉の動きについて振り返った上で、2022年の春季労使交渉の動きについて、労働者側、使用者側の双方からみていく。まず、2021年春季労使交渉の動きを振り返る。 2021年春季労使交渉では、労働者側の動きとして、日本労働組合総連合(以下「連合」という。)は、「2021春季生活闘争方針」において、「賃上げ要求」については、「2021闘争においても、『底上げ』『底支え』『格差是正』の取り組みの考え方を堅持する中で、引き続き、月例賃金の絶対額の引上 …

中高年男性の自殺予防|キャリコン国家試験合格233テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、メンタルヘルス、自殺・過労死、ハラスメント等に関する知識、資料の説明をしていますが、今回は前回に続き国の自殺対策についての関連法律、指針、パンフレット等について説明します。 以前の回で、働く人やその家族、職場のメンタルヘルス対策に取り組む事業者に向けて、メンタルヘルスケアに関するさまざまな情報や相談窓口を提供している、働く人のメンタルヘルス・ポータルサイトとして「こころの耳」を説明しました。 「こころの耳」にはパンフレット・リーフレット/マニュアル・報告書等のサイト https://kokoro.mh …

キャリアコンサルタント国家資格合格 I テクノファ

厚生労働省はキャリア開発・形成を支援するキャリアコンサルティングという専門的な活動を担う人材を、登録制の名称独占資格のキャリアコンサルタントとして、標準・熟練・指導の3つのレベルに分けて能力要件を定めています。 3つのレベルで、それぞれ求められる機能は違っていますが、キャリアコンサルティングを行う人は、そのレベルを問わず、自分自身のキャリア開発・形成に真正面から取り組み、悩み、考えるキャリアコンサルティング・マインドを持つことが求められています。 一定の職業経験があり、キャリアコンサルティングに関する基礎的な知識を持っている人事部門の人や、都道府県の職業能力開発協会、民間の教育研修機関などが実 …