国家試験

キャリコンサルタント国家試験合格 35 | テクノファ

投稿日:2021年2月5日 更新日:

前回、前々回と2回にわたってキャリコンサルタントを目指す方に2級コンサルティング国家試験の情報をお伝えしてきました。
今回はそもそも技能検定とはどのような制度であるかについてお話しします。

■技能検定のあらましと試験実施団体
技能検定とは、労働者の持っている技能の程度を検定して、これを公証する国家検定制度です。働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発法に基づいて実施されます。「キャリアコンサルティング」職種については、2008年2月27日付けの政令改正に続き、同年2月29日付けの省令改正によって、技能検定試験の対象職種となりました。これを受けて、特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会がキャリアコンサルティング職種の指定試験機関として平成20年9月に厚生労働大臣から指定を受けて試験を実施しています。

■合格すると「技能士」の称号が与えられる
学科試験と実技試験(論述試験・面接試験)が行われます。それぞれ合否判定を行い、学科試験と実技試験の両方に合格すると試験等級 (1級と2級)に応じて合格証書が発行され、「キャリアコンサルティング技能士」の称号が付与されます。学科試験あるいは実技試験、いずれかの合格者には、一部合格証書が発行されます。この一部合格者については、合格した試験日の翌々年度末までに行われる試験に限り、一部合格証書が有効となる(試験免除制度)仕組みになっています。したがって再度受検する場合は、不合格となった試験(学科試験もしくは実技試験)のみを受ければよいことになります。これは、2級、1級の両方に共通します。

■試験の合否判定基準とは
学科試験は1級、2級それぞれ満点の70%以上の得点があれば合格となります。実技試験については、論述試験と面接試験両方について、それぞれ満点の60%以上の得点があれば合格です。ただし、面接試験について、全体で60%以上の得点があっても、そのうちの評価項目のいずれかひとつでも60%未満がつくと不合格になります。

■ACNとは
キャリコンサルタントの集まりであるACNには国家試験に関するいろいろな情報があります。
2016年4月から「キャリコンサルタント」は国家資格となり、かつ名称独占になり、キャリアコンサルティング技能士は登録することで「キャリコンサルタント」を名乗ることができることを先に説明しましたが、キャリコンサルタントの活動をサポートする一般財団法人ACCNが設立されていますので、ACCNの概要について、一般財団法人ACCN のホームページより抜粋して下記します。

ACCNは、多くのキャリコンサルタントの活動をいろいろな面からサポートすることを通して、志を持った全てのキャリアコンサルタントとともに社会の課題に向き合っていく団体です。

・法人の目的
当法人は、キャリコンサルタントの品位と資質を高め、実践の場を拡大することによってキャリコンサルタントの社会的価値をより確かなものとし、人々が学びあう社会の実現に寄与することを目的とする。

・事業内容
上記の目的に資するために次の事業を行う
試行と実践 / 資質向上 / 普及啓発 / 倫理啓発 / 調査研究 / 相互扶助
*技能検定試験対策、キャリコンサルタント試験対策に関わる事業は行わないものとする

・入会条件
-個人会員
キャリコンサルタントであること。
-法人会員(正会員)
養成講習(キャリコンサルタント試験の受験要件を満たす講習として厚生労働大臣が認定した講習)を実施している団
体、更新講習(キャリコンサルタントの登録の更新を受けるための講習として厚生労働大臣が指定した講習)を実施し
ている団体及びキャリアコンサルティング関連の学会等で本会の目的及び事業に賛同して入会した団体
-法人会員(協賛会員)
法人会員(正会員)の区分に該当しない団体で、本会の目的及び事業に賛同して入会した団体

・入会すると受けられるサービスほか
-会員の活動をサポートするサービスACTIVITY SUPPORT(アクティビティサポート)
ACCNテーブル活動
支部活動への参加
-全会員対象のサービス「Value Support(バリューサポート)」
会員限定継続学習支援サービス
会員限定動画
キャリコンサルタント専用団体保険への加入
各種情報配信
講座・書籍の割引

(つづく)Y.H

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家資格合格3 I テクノファ

2016年にキャリアコンサルタント資格は国家資格になりましたが、キャリアコンサルタントの資格には3種類があり、国家試験も3種類の試験があることをお話ししてきました。 名称独占資格キャリアコンサルタントの方は、令和2年現在53,172名が登録されていますが、キャリアコンサルタント技能士の方は1桁少ない登録数になっています。 キャリアコンサルタント技能士資格を得るためにはキャリアコンサルタント技能検定試験に合格しなければなりません。現在技能士検定試験は、機械加工、建築大工やファイナンシャル・プランニングなど全部で130の職種(令和2年)で行われていますが、試験に合格すると合格証書が交付されて技能士 …

キャリコンサルタント国家試験合格 46 | テクノファ

今回もキャリアコンサルタント国家試験合格45の続きとして、 キャリアコンサルタント国家試験を受けた経験をN.A氏に語っていただきます。 【合格後の回想】 合格したはいいが、ロールプレイでどうしても、「もやもやしたもの」が残る。自分の中で整理がつかない部分として、もしクライエントがある時期専業主婦であったとしても再就職を考えるにおいては、ハローワークへ行くことや人材派遣会社への登録をするという行動をとることすらしていないことはないのではないか、という思いである。このあたりがやはり自分の「めがね」で見て相手を決めつけてしまう、という矯正すべき部分と言えるのではないか。そのように考えると、外資系とい …

労働者の募集等に共通して用いるための職業分類

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は厚生労働省が運営する職業情報提供サイト(日本版O-NET)からキャリアコンサルタントが知っておくと良い知識について説明します。今回は厚生労働省編職業分類について説明します。 ハローワークインターネットサービスのサイト https://www.hellowork.mhlw.go.jp/info/mhlw_job_exposition.html より説明します。 厚生労働省編職業分類は、職務の類似性、及び公共職業安定機関における求人・求職の取扱件数などに基づいて、それぞれの職業に対し …

過労死等の発生の実態解明を進める | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、メンタルヘルス、自殺・過労死、ハラスメント等に関する知識、資料について説明していますが、今回は前回に続き令和3年版過労死等防止対策白書について説明します。 国会への年次報告を義務付ける過労死等防止対策推進法及び過労死等の防止のための対策に関する大綱には、国が取り組む重点対策として、過労死等の調査研究を行うことが明記されていますが、令和3年版過労死等防止対策白書では「過労死等をめぐる調査・分析結果」の章の中で調査研究の結果報告を行っています。 今回は、白書の「過労死等をめぐる調査・分析結果」の章中の項目 …

採用選考時に配慮すべき事項 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は労働者の雇用、労働契約に関連する知識、資料などについて、前回の採用・選考時の労働者を雇用する時のルールの続きから説明します。 (3)採用選考時に配慮すべき事項 次のaやbのような適性と能力に関係がない事項を応募用紙等に記載させたり面接で尋ねて把握することや、cを実施することは、就職差別につながるおそれがあります。 a. 本人に責任のない事項の把握 ・本籍・出生地に関すること(「戸籍謄(抄)本や本籍が記載された「住民票(写し)」を提出させることはこれに該当します) ・家族に関するこ …