基礎編・理論編

キャリアコンサルタント養成講座 37 | テクノファ

投稿日:

テクノファで行っているキャリアコンサルタント養成講座は、民間教育訓練機関におけるサービスの質の向上のガイドラインである「ISO29990(非公式教育・訓練のための学習サービス- サービス事業者向け基本的要求事項)」のベースであるISO9001に沿って行われています。厚労省はISO29990を踏まえ、民間教育訓練機関が職業訓練サービス(キャリアコンサルタント養成講座)の質の向上を図るために取り組むべき事項を具体的に提示したガイドラインを発表しています。

以下、厚労省「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン(以下ガイドライン)」を紹介していきます。
(つづき)

3章 職業訓練サービス
本章では、職業訓練サービス(キャリアコンサルタント養成講座)の質の向上を目指すための具体的な取り組みをついて示します。
3.1 職業訓練のニーズ等の明確化
3.1.1 ニーズ等の把握
【指針】
民間教育訓練機関は、質の良い職業訓練サービスを設計又は開発して提供するに当たり、職業訓練サービスに関する以下のニーズ等の把握等を行う。

  • 経済及び雇用失業情勢、産業構造等の社会動向の把握
  • 事業所等のニーズの把握
  • 受講予定者等のニーズの把握
  • 多様なニーズ等の把握
  • 「ニーズ等の把握」に関する管理

【指針の補足説明】
(1) 経済及び雇用失業情勢、産業構造等の社会動向の把握
新聞、雑誌及びインターネットあるいは関係行政機関との連携等を通じて、景気動向、市場動向、技術動向、資格等の動向、法改正の状況等や雇用失業情勢(失業率、有効求人倍率、求人件数、就職率、待遇や処遇等)等の社会動向に関する情報を把握します。

(参考とする情報の例)
① 国及び都道府県の雇用対策、各種統計情報及び調査報告書等
② ハローワーク等の統計情報、求人及び求職情報
③民間研究機関等の業況レポート、産業別情報    等

(2) 事業所等のニーズの把握
地域の業界団体(経営者協会、商工会議所等)や事業所等の人事担当者又は実務担当者(研修担当者も含む)等に対するヒアリングやアンケート調査により、ニーズを把握します。
また、職業訓練サービスを受託し又は職業訓練サービスの一部を委託する場合は、当該職業訓練サービスの関係者と協議し、具体的な目的、要望、最終目標及び要件を明確にします。

(事業所等のニーズの例)
① 採用又は雇用継続を希望する(採用又は雇用の継続の可能性の高い)人材像、就業するに当たり必要とされる基礎能力及び専門能力、人材の過不足感、採用動向及び計画等
② 受講者が就業するに当たり、業界団体や事業所等が要望する職業訓練の最終目標、開発又は養成したい職業能力、職場での職業能力の活用方法等
③ 個別の事業所や地域の業界団体等における在職者に対する研修計画、研修により養成したい職業能力、想定される受講者数等

(3) 受講予定者等のニーズの把握
職業訓練の受講効果を高めるために、想定される受講予定者等に対し、以下の 例を参考にして、可能な範囲でのヒアリングやアンケート調査を行うことにより、受講予定者等のニーズを把握します。
(求職者のニーズの例)
職業訓練により習得したい職業能力、取得を希望する資格等、希望する職種、就業形態、就業地域及び賃金等
(在職者のニーズの例)
現状の課題、受講目的、習得したい職業能力、取得を希望する資格等、習得した職業能力の活用場面等。

また、必要に応じ、キャリアコンサルタント支援(※)を通じて、受講予定者等が保有する既得の資格等や成績証明書等を書面にて確認するとともに、受講者の職歴、職業能力開発に係る経歴等が記載された書面(以下「ジョブ・カード」という。)を交付します。
ただし、情報の入手に関しては、個人情報の取り扱いに留意し、正当な承諾を 得て入手することが必要です。
※「キャリアコンサルタント支援」とは、「個人がその適性や職業経験等に応じて自ら職業生活設計を行い、これに即した職業選択や職業訓練等の職業能力開発を効果的に行うことができるよう、個別の希望に応じて実施される相談、その他の支援」のことです。

(4) 多様なニーズ等の把握
職業訓練サービスの設計又は開発に当たり、その職業訓練サービス(キャリアコンサルタント養成講座)ごとに受講者に最低限必要とされる特定の知識、技能及び技術等が備わっていることを前提とする場合があります。
このため、受講者ごとの多様な特性(国籍、言語や文化の違い、読み書き能力、障がい者、母子家庭等)を考慮して、職業訓練サービスの目的や受講者を受け入れる訓練環境を設計又は開発するために、あらかじめ関係するニーズ等の把握を行います。
また、設計又は開発した職業訓練サービスごとの多様な特性への対応状況等は、職業訓練サービスの利用者に対して、分かりやすくかつ適切に情報提供ができる よう整理しておきます。

(5) ニーズの把握に関する管理
ニーズ等を継続的に把握する仕組み等を、以下の例を参考にして明確にします。
(仕組みの例)
① 仕組みを文書化し、組織内で共有化する。
② 把握したニーズ等の情報は、職業訓練サービスの提供に係る分析のために活用する。
③ ニーズ等の情報は、一定期間さかのぼって参照できるよう整理して保管する。
④ 把握したニーズ等は、設計又は開発しようとする職業訓練サービス(キャリアコンサルタント養成講座)に活用又は反映する。

【公的職業訓練等受託等に向けた質保証の取組例】
公的職業訓練の実施に際しては、早期の再就職を促す観点から、人材ニーズに対応した職業訓練のカリキュラムを開発又は策定するためのニーズ把握を行うこと。
※ 公的職業訓練については、それぞれ定める基準があり、それに沿った取り組みが必要となるため、質を保証するための最低レベルの要件を共通事項として記載しているが、公的職業訓練の受託等に際しては、各基準(都道府県が設定する公共職業訓練(委託訓練)の入札要件(入札説明書又は仕様書)、認定職業訓練(求職者支援訓練の認定基準))に定められた要件に合致するものとすることが必要である(以下、当該要件において同様である)。

〔照会先〕
・公共職業訓練(委託訓練)都道府県職業能力開発主管課
・求職者支援訓練(求職者支援法に基づく認定職業訓練)独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構   都道府県職業訓練支援センター
(つづく)平林

-基礎編・理論編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント養成講座 51 | テクノファ

テクノファで行っているキャリアコンサルタント養成講座は、民間教育訓練機関におけるサービスの質の向上のガイドラインである「ISO29990(非公式教育・訓練のための学習サービス- サービス事業者向け基本的要求事項)」のベースとなっているISO9001に沿って行われています。厚労省はISO29990を踏まえ、民間教育訓練機関が職業訓練サービス(キャリアコンサルタント養成講座)の質の向上を図るために取り組むべき事項を具体的に提示したガイドラインを発表しています。 以下、厚労省「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン(以下ガイドライン)」を紹介していきます。 (つづき) 4.4 記録及び …

キャリアコンサルタント養成講座 50 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜17 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に14年もの間先生の思想に基づいた養成講座を開催し続けさせてきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがありはずで …

キャリアコンサルタント国家資格5 I テクノファ

厚生労働省のキャリアコンサルティング実施のために必要な能力要件の説明をしています。前回は、「Ⅳ キャリアコンサルタントの倫理と行動、3.ネットワークの認識及び実践、(2) 専門機関への紹介及び専門家への照会」まで説明しました。 今回は、「Ⅳ キャリアコンサルタントの倫理と行動、4.自己研鑽及びキャリアコンサルティングに関する指導を受ける必要性の認識、(1)自己研鑽」から能力要件の最後まで(5.キャリアコンサルタントとしての倫理と姿勢、(4) キャリアコンサルタントとしての姿勢)説明を続けます。 4.自己研鑽及びキャリアコンサルティングに関する指導を受ける必要性の認識 (1) 自己研鑽 ・キャリ …

キャリアコンサルティングとキャリアカウンセリング 9-2 I テクノファ

キャリアコンサルタントとスーパービジョン 前回に引き続き、キャリアコンサルタント(キャリアカウンセラー)が受けるスーパービジョンについてお話を続けます。 SVはスーパービジョン、SVorはスーパーバイザー、SVeeスーパーバイジー(スーパービジョンを受ける人、キャリアコンサルタント)の略です。 (2)目的 SVの目的は、次に記す①~④に評価介入し、SVeeをキャリアコンサルタントとして養成し成長を支援することにあります。 コミュニケーション マネジメント カウンセリングのうちかなりの部分が、カウンセラーとクライエントとの関係ができることによって成立しているといわれるほど、カウンセリングでは、キ …

キャリコンサルタント養成講座 99 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであるとキャリコンサルタント養成講座の中で強調されていました。そして数多くの著書を世の中に送り出しています。 今回はその中からキャリコンサルタントが知っていると良いと思われる「組織文化とリーダーシップ」を紹介します。 本記事はエトガー・H・シャインの著作「組織文化とリーダーシップ」を横山先生が翻訳されたものです。横山先生はシャインが2006,7年頃(記憶があいまいですみません)来日した時の立役者(JCC:日本キャリア・カウンセリング …

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031