実践に強いキャリアコンサルタントになるなら
株式会社テクノファ
厚生労働大臣認定キャリアコンサルタント養成講座実施機関

キャリアコンサルティング実践研究会

こんな悩み、ありませんか?

「キャリアコンサルタントの資格をとったものの、実務経験がない。どうしたら仕事につけるのだろう?」
「大学支援をしたいけれど、実務経験が必要と言われる。何をしたらいいのだろう?」
「企業分野で活躍したいけれど、現場のノウハウを教えてくれるところは あるのだろうか?」
「理論より実践というものの、何をしたらいいのか・・・」

講師は、各分野(企業・教育・公的支援・人材業界)でキャリアコンサルタントの実務経験を20年以上つんだ、実践者によるノウハウ満載の公開セミナーを開催しています。

キャリアコンサルタントとして活動していくためには、キャリコンとしてのドメイン(自分の売り)を決めて、伝えていくことが重要です。
その上で、活躍したいフィールド(企業・教育・公的支援・人材)を決め、働き方(フリーでやるか、企業に所属するか)を決めて、戦略を作ります。

ここでは、いわゆるブランディングをしながら、ライフキャリアプランをたて、各自の「ミッション・ステイトメント(信念・モットー)」を元に具体的な構想図をたて、キャリアプランに落とす作業をしていきます。
このセミナーを受講すると、ご自身の強みやビジョンにあわせて、進みたい分野とそのために何が必要かが明確になり、一歩踏み出すことができます。

開催概要

テーマ

第6回キャリアコンサルティング実践研究会
「実践報告会」

日時

開催日:2019年1月26日(土)

時間:13時00分開講、16時00分終了予定
※人数によって変更有り

定員

20名

参加費用

無料

交流会
希望者。会費:3,000円〜4000円程度。

参加条件

  • 標準レベルキャリア・コンサルタントの方
  • キャリア・コンサルティング技能士の方
  • 現在大学や企業、人材会社、公的支援機関でキャリア・コンサルティングあるいはキャリアカウンセリングを実施されている方、または過去に経験があり今後も実践したいと考えている方
  • 国家資格キャリアコンサルタント資格取得を検討中の方
  • 企業人事・労務担当者

会場

テクノファ川崎研修センター(※実際の研修環境が見学できます!)
住所:川崎市川崎区砂子1-10-2 ソシオ砂子ビル(5階または9階研修室)

会場へのアクセスマップはこちら

連絡先

株式会社テクノファ
電話 : 044-246-0910(代)
Eメール : counselor@technofer.co.jp
(担当:伊良波)

過去のキャリアコンサルティング実践研究会

第5回キャリア・コンサルティング実践研究会
「キャリアコンサルタントのキャリアデザインについて」

こんな悩み、ありませんか?

「キャリアコンサルタントの資格をとったものの、実務経験がない。どうしたら仕事につけるのだろう?」
「大学支援をしたいけれど、実務経験が必要と言われる。何をしたらいいのだろう?」
「企業分野で活躍したいけれど、現場のノウハウを教えてくれるところは あるのだろうか?」
「理論より実践というものの、何をしたらいいのか・・・」

講師は、各分野(企業・教育・公的支援・人材業界)でキャリアコンサルタントの実務経験を20年以上つんだ、実践者によるノウハウ満載の公開セミナーを開催しています。

キャリアコンサルタントとして活動していくためには、キャリコンとしてのドメイン(自分の売り)を決めて、伝えていくことが重要です。
その上で、活躍したいフィールド(企業・教育・公的支援・人材)を決め、働き方(フリーでやるか、企業に所属するか)を決めて、戦略を作ります。

ここでは、いわゆるブランディングをしながら、ライフキャリアプランをたて、各自の「ミッション・ステイトメント(信念・モットー)」を元に具体的な構想図をたて、キャリアプランに落とす作業をしていきます。
このセミナーを受講すると、ご自身の強みやビジョンにあわせて、進みたい分野とそのために何が必要かが明確になり、一歩踏み出すことができます。

担当講師
須田 万里子
一般社団法人キャリアコンサルティング振興協会代表理事

短大卒業後、メーカーや外資系を経て、大手派遣会社に勤務。派遣法前の急成長の中、人材会社で第1号コーディネーターとしてキャリア支援にかかわる。その後独立。大学や公的支援機関で、解決志向を取り入れたキャリアコンサルティングと就職支援セミナーを年間200回以上登壇。
社会人5000人、学生900人のキャリア開発支援と25年間の採用経験を活かして、人と企業のベストマッチングを目指す。
人材会社、教育機関、公的支援機関でのキャリアコンサルティング経験を棚卸して、キャリアコンサルタントのための実践的なセミナーを開催している。

第4回キャリア・コンサルティング実践研究会
「LGBT(性的マイノリティ)の就労支援について考える」

前回9月は「修復的司法に学ぶ、対話のファシリテータースキルとは」と いうことでと題して、NPO法人対話の会理事長で弁護士の山田由紀子さんに登場していただきました。

11月8日(日)には、「LGBT(性的マイノリティ)の就労支援について考える」というテーマで、テクノファキャリア・カウンセラー養成コースの卒業者である藥師 実芳さんをお招きして行います。

LGBT(同性愛者や性同一性障害者等の性的マイノリティ)は国内の7.6%を占めると言われています。(2015年度電通総研ダイバーシティラボ調べ)
日本の全就業者数約6322万人で考えると480万人以上が、大学の新卒就活生約43万人で考えると3万人以上が、LGBTであると考えられます。

しかし現状では、「履歴書等、男女欄どっちに丸をつけていいかわからず、就活のスタート地点にすら立てない」「職場に理解がないのでは…と思うため、カミングアウトすることが不安」「就職面接でカミングアウトしたら帰れと言われた」など、トランスジェンダーの約69%、同性愛者や両性愛者の約40%が求職時にセクシュアリティ(性の在り方)に由来した困難を感じるといいます(Nijiiro Diversity, Center for Gender Studies at ICU 2015調査より)。

そんなLGBTに寄り添える支援者であるために、今日からできることをともに考えます。

担当講師
薬師 実芳
特定非営利活動法人ReBit 代表理事

平成元年に女性として生まれ、18歳から男性として生きる。2009年に前進となる学生団体を立ち上げ、2014年3月に特定非営利活動法人ReBitを設立し代表理事に就任。
行政/学校/企業/支援機関等でLGBTに関する研修を200回以上実施(内閣府、東京都教育委員会等)。キャリアカウンセラーとして約300人のLGBTの支援を行う。
新宿区自殺総合対策若者支援対策専門部会委員、世田谷区第二次男女共同参画プラン検討委員に就任。

2015年度より、山形大学非常勤講師に就任。青少年版国民栄誉賞と言われる「人間力大賞」を受賞。
参照:第29回人間力大賞

テクノファで受けられる講座一覧