実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領  37 | テクノファ

投稿日:2021年2月8日 更新日:

今回は、キャリアコンサルタントととして活躍している方の近況や情報などを発信いたします。今回はS.Sさんからです。

最近、巷では「アドラー心理学」に注目が集まっているらしい。書店に行けば入口近くの棚に平積みしてあるほどである。
キャリアコンサルタントとして、「アドラー」といえばフロイトと共に研究を行なった心理学者の一人として知られているが、行き詰まりの様相を呈している教育界の危機的現状や個人レベルにおける「生きにくさ」からすれば、何らかのヒントを求めて、いま改めて取り上げてみようという気になったのかもしれない。
(注:ここで言う教育界とは単に学校や家庭に限定せず、社会や企業一般においても同様である。)

アドラー心理学の理論的な特徴としては、以下の項目を挙げることができる。
1.人間を分割できない総合的な存在として把握し、理性と感情・意識と無意識などの対立よりも全体論として扱う(全体論)
2.人間の行動を原因~結果でなく、動機の奥にある無意識的な目的を理解しようとする(目的論)
3.客観的な事実よりも、事実や出来事に対する個人が持つ主観的認知構造を重視する(認知論)
4.精神的な内界よりも、個々の対人関係における構図を理解しようとする(対人関係論)などである。

これらは、家族心理学・交流分析・システム論・ホリスティック教育(医学)といった具合に、どれを取っても様々なアプローチで語られている視点である。
アドラーは既に以前からこれらについて触れていたにもかかわらず、それらが統合的に整理されていなかったために分かりにくかったことや時代的な流れもあって、これまで注目されずにきてしまったのだろう。

ということで、今回はキャリアコンサルタントに向けて特に2.と3.を中心に深めてみたい。
僕は仕事柄、問題を起こす子どもたちの言動の奥にある「背景」について、深いアセスメントが要求されることが多い。
というのは、背景についてアセスメントを怠り、とにかく問題解決に向けた手立てを検討しても、無駄な結果に終わることが多いからである。

つまり、見立てに誤りがあれば、むろん手立ても間違えてしまうからである。とかく子どもが何らかの問題を犯した際に、親や教師が「なぜそんなことしたの!」と問い詰める光景を目にするが、彼らはそれを聞いてどうしようと言うのだろう。

なぜそれを知りたいかについて果たして自覚はあるだろうか。
もしかしたら、この聞き取り調査的な尋問は、とにかく自分が納得して落ち着きたいからなのかもしれないし、単なる興味に起因しているだけかもしれない。

だが、特に相手が子どもである場合、それが何らかの目論見や魂胆を持つ確信犯でもないかぎり、言動の多くは溢れる感情を処理しきれずに混乱し、反応的に為されたものがほとんどである。

およそ人とは自分の感情について自覚が浅いものだが、ましてや幼い子どもなど、自分の行為や吐いた言葉の奥にうごめく情動が意識化されているはずもなく、湧き上がった感情をもっとも簡単な「怒り」に変換し、それが行動に反映されているに過ぎないのである。

むろん意識化ができていないことを言語化することなど、そもそも無理な話である。
感情には何らかの目的があるとアドラーは言う。それは自覚できていないものの、何らかの出来事をきっかけとして、悲しみや絶望、または落胆や妬み、悔しさ、怖れ、など様々な想いが湧いているに違いない。

そして、反応は一律ではなく、それぞれが持つ固有の性質によって異なるものであり、本人にとっての背景(生育歴や生得的な気質)が反応の源泉となっているのである。
「背景」という言葉に馴染みがない方も多いだろうが、これは「理由」というほど明確に意識化されているわけではなく、「事情」という現実的状況に限ったことでもなく、「原因」というほど単純ではないもの・・といった掴みどころのない漠然としたものである。

だが、本人の言動に大きな影響を与えている根本的なものであることは確かなのだ。つまり、「背景を観る」というのは、様々な想いや個人的な気質、生育歴において刷り込まれ、それに囚われてしまった傾向(エゴグラムで見つけることができます。)、または、その出来事をどのように認識し、どう捉えているかなど、その人にとっての「世界観」を相手の側から理解しようとする姿勢を意味するのである。

むろん、そこに必要なのは、あえて意識的に相手に関心を持つことが重要であるのは言うまでもない。先述したように、聴き手側の心に湧く興味に拠るものであってはならないのである。

人は、自分について知らないことが多く、きわめて無自覚なまま反応的に行動しているものだ。

それゆえ、しでかしてしまった行為の理由など問うだけ無駄であるし、動機について尋ねてみても、自分が不利にならないようにと無為意識に合理化し、責任を回避するための言い訳を思いつくための「きっかけ」を提供するだけである。
人は、無意識な言動にまで責任を持てるのだろうか?といった疑問もあるが、少なくとも自覚のない反省など全く以て意味がない。

さらに言えば、聴き手側が相手を観察するにしても、自分というフィルターを通して観てしまいがちという問題もある。
過去に似たような経験を持つケースに出会ったカウンセラーが、「あなたの気持ちは痛いほど解ります。」などと、軽はずみな言葉を発してしまうのは、相手の世界観に関心を持たず自分の中で勝手に起こった「連想」と区別がつかないからである。
それは単に自分が体験的に知ってる「似ている事象」を思い出したに過ぎない。個別の肉体を持ち、違った環境で育ち、これまでに出会った人も違えば、食べてきたものも異なる。自分とは違う相手のことを尊重するならば「分かります」などと言えるはずがない。

このように、人が人を理解するというのは、とてつもなく大変なことなのである。そもそも、自己理解を怠り、自分の特性や傾向すら知らないまま相手のことを理解しようとすること自体が無理なのだ。
それゆえ、相手を知るには「自分にとっての普通や常識」は一時的にでも脇に置くことが必要なわけだが、自分について何も知らなければ、脇に置くことさえできないだろう。

傾聴にとって最も邪魔になるものは「連想に基づく思いこみや決めつけ」なのである。対人援助に関わる者は、自分の生育歴を丁寧に振り返り、過去のエピソードから自分の特性や傾向を知り、認知のクセを理解していなければならない。
もし、あなたがカウンセリングを学びたい、または相手の話が聴けるようになりたいと思うのであれば、先ずは自分の姿を客観的に知ることから始めなくてはならない。

しかし、これについては自分だけの努力ではなかなか難しいものだ。教育分析やスーパービジョン、カウンセリングは、自己理解のために用意されているとも言える
(つづく)K.I編集

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

在宅医療の推進|テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 (5)在宅医療の推進 多 …

革新的な医療技術の実用化|キャリコン実践の要領13テクノファ

キャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。 ■医薬・医療に関する基盤整備 政府の成長戦略の柱の1つである医薬品・医療機器産業を含む健康・医療関連分野において、革新的な医療技術の実用化を加速するため、2014(平成26)年5月に、「健康・医療戦略推進法」(平成26年法律第48号)及び「独立行政法人日本医療研究開発機構法」(平成26年法律第49号。現在の法律名は「国立研究開発法人日本医療研究開発機構法」。)が成立した。また、各省の医療分野の研究開発関連事業を集約し、一体的に実施するため、同年6月に内閣総理大臣を本部長とし、全閣僚で構成する「健康・医療戦略推進本部」が設置された。 2 …

医療安全の確保|キャリコン実践の要領18テクノファ

キャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。 ■医療安全の確保 ①医療安全支援センターにおける医療安全の確保 2003(平成15)年より、患者・家族等の苦情・相談などへの迅速な対応や、医療機関への情報提供を行う体制を構築するため、都道府県、保健所設置市等における医療安全支援センター(以下「センター」という。)の設置を推進しており、現在全ての都道府県で417か所(2022(令和4)年1月31日現在)設置されている。センターの業務の質の向上のため、職員を対象とする研修や、相談事例を収集、分析するなどの取組みを支援している。 ②医療機関における安全確保の体制整備 一方、医療事故を未然に …

過労死防止の啓発|キャリコン実践の要領56テクノファ

キャリアコンサルタントが知っていると有益となる情報をお伝えします。 ■過労死防止対策の啓発 (国民に向けた周知・啓発の実施) (1)「過労死等防止啓発月間」の実施 過労死等防止対策推進法第5条では、「国民の間に広く過労死等を防止することの重要性について自覚を促し、これに対する関心と理解を深めるため、過労死等防止啓発月間を設ける」として、11月を「過労死等防止啓発月間」と定め、国及び地方公共団体は、過労死等防止啓発月間の趣旨にふさわしい事業が実施されるよう努めることとされている。令和3(2021)年度は、本月間を中心に、国主催による「過労死等防止対策推進シンポジウム」を47都道府県48か所で開催 …

がん対策の推進|キャリコン実践の要領26テクノファ

キャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。 ■がん対策の計画的推進 (1)がん対策推進基本計画の策定 がんは、我が国において1981(昭和56)年より死因の第1位であり、2021(令和3)年には、年間約38万人が亡くなり、生涯のうち約2人に1人ががんにかかると推計されている。また、人口の高齢化とともに、がんの罹患者や死亡者の数は今後も増加していくものと見込まれている。このため、政府においては、1984(昭和59)年度から「対がん10カ年総合戦略」、1994(平成6)年度から「がん克服新10か年戦略」、そして、2004(平成16)年度から「第3次対がん10か年総合戦略」を策定し、 …